関連記事

  • 日本の未来を考える

    雇用改革 場当たり限界

    金曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年2月28日(金)雇用改革 場当たり限界 2014年2月14日(金)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 雇用改革の「めざす方向は明白だ。多様な働き方が可能な社会。女性、高齢者を含め働く人の事情は様々。企業も社員の一生を面倒みる約束をする余裕はなくなりつつある。問題を『狭き門の正社員と不安定な非正規社員』の二元論に...

    2014年2月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    円安下 縮む経常黒字

    木曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年2月27日(木)円安下 縮む経常黒字 2014年2月11日(火)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「輸出入や配当を通じた海外とのお金の出入りを表す経常収支の黒字が縮んでいる。製造業の海外移転を背景に、円安でも輸出に弾みがつかず、原子力発電所の停止に伴う燃料費の増加で輸入は膨らみやすい。所得収支の黒字は伸びるも...

    2014年2月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農水産物輸出 3年ふり増加

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年2月26日(水)農水産物輸出 3年ふり増加 政府は20年までに、農水産物・食品の輸出額を、一兆円に倍増する目標を掲げていますが、統計データによると、現実の農水産物の輸出が、増加しているようです。 2014年2月8日(土)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「2013年の農林水産物・食品の輸出額が3年ぶりに増加に...

    2014年2月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    高齢者 働く人の一割に(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年2月25日(火)高齢者 働く人の一割に(その2) 高齢者に、今後、更に活躍してもらわねばならない職場に、介護の現場があります。2014年2月28日(火)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「介護業界も高齢者に目を向ける。介護サービス中堅のケア21は4月、65歳の定年制をなくす。同業他社を定年で離れた人も受け入れる考え...

    2014年2月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    高齢者 働く人の一割に(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年2月24日(月)高齢者 働く人の一割に(その1) この2週間ほど、日本の「地域」の未来を考えるということで、私が「50年後の日本の未来国家の顔の一側面」であると考えている、「地域自立型自然共生国家」と、それに直接関係深い「林業と木材」と「地産地消による地域自立」について、ブログを書いてきました。 これは、同じようなことに関心を...

    2014年2月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 鹿芝居

    日曜ブログ「閑話休題」              2014年2月23日(日)落語 鹿芝居 2月14日(金)、国立演芸場に、落語協会の鹿芝居を見にいってきました。 噺家(はな「しか」)が集まって芝居をすることから、鹿芝居(しかしばい)といいます。歌舞伎とは異なり、噺家らしく笑いや楽しい遊びに満ちています。 金原亭馬生、林家正雀両師匠を、中心とした楽しいお芝居でした。 まず、リレー落語、...

    2014年2月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 週間朝日に二つ目登場

    土曜ブログ「閑話休題」              2014年2月22日(土)落語 週間朝日に二つ目登場 週間朝日の2月28日号に、若手落語家(二つ目)5人が紹介されました。春風亭ぴっかり、立川志の春、桂 宮治、三笑亭夢吉、鈴々舎馬るこ、の5人です。大手週刊誌に、若手二つ目が、このように紹介されるのは、極めて異例なことです。 それだけ、彼等が、今、輝いているからだと思いますが、頑張っている大...

    2014年2月22日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    日本の林業はよみがえる(その5) 林業先進国オーストリアと比べてみる

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月21日(金)日本の林業はよみがえる(その5)林業先進国オーストリアと比べてみる 「外材は安い」というときに、「なぜ、日本の木材は高いのか」と問うと、「日本の山は急峻で、ヨーロッパの山は平坦で、材を出すコストが安い」とか「日本は人件費が高い」とか言っています。 本当にそうなのでしょうか。ヨーロッパの中の主要木材輸出国、オース...

    2014年2月21日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    日本の林業はよみがえる(その4) 日本の林業超長期戦略の欠落

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月20日(木)日本の林業はよみがえる(その4)日本の林業超長期戦略の欠落 日本の林業に関する国家戦略は、この超長期戦略からみると、最悪のことをしてしまいました。戦後の復興で、木材需要が増大すると、山の木を、どんどん伐りました。需要が大きかったので、価格は、どんどん上がりました。伐れば伐るほど儲かるということで、伐りやすいとこ...

    2014年2月20日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    日本の林業はよみがえる(その3) 超長期戦略が必要な林業(2)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月19日(水)日本の林業はよみがえる(その3)超長期戦略が必要な林業(2) この間伐材を、この林地から加工地に運ぶには、単に、伐る・運ぶだけでなく、積み込むことが必要になります。また、積み込むには機械が必要になり、運ぶには運搬車両と道路が必要になります。 この計画は、製造業では「工場計画」にあたるものです。どこに機械をおき、...

    2014年2月19日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    日本の林業はよみがえる(その2) 超長期戦略が必要な林業(1)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月18日(火)日本の林業はよみがえる(その2)超長期戦略が必要な林業(1) 私は、1998年から2006年まで、早稲田大学ビジネススクールにおりました。私自身は、サプライチェーン・マネジメントを担当しておりましたが、周囲に、経営戦略の専門家が大勢おりました。 この経営戦略の視点からみますと、林業は、超長期経営戦略が必要なので...

    2014年2月18日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    日本の林業はよみがえる(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月17日(月)日本の林業はよみがえる(その1) 私は、2006年11月、この「森から木材産業をへて、住宅産業に至るサプライチェーンの構築を目指して、その課題を探り、これを具体的に構築している人達を訪ねて、本を書きました。 「山と森と住まい」~林家と共生する家づくり~(参考文献①)、「建設維新選書、山と森と住まい(全11巻)(...

    2014年2月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 第390回如月講演

    日曜ブログ「閑話休題」              2014年2月16日(日)落語 日本演芸若手研精会 第390回如月講演 2月10日(月)、日本演芸若手研精会 如月講演を聞きにいきました。場所は、水天宮前の日本橋劇場です。 この日の演目は、以下の通りです。(1)金原亭龍馬   ざるや(2)入船亭遊一   転失気(3)桂 宮治    大工調べ(4)柳亭市楽    四段目(5)入船亭小辰   ...

    2014年2月16日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その6) 補助金は人を無気力にする

    土曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月15日(土)地域自立型自然共生国家モデル(その6)補助金は人を無気力にする ここまでに、日本の森林組合が、補助金に大いに依存している実情をお話しましたが、しかし、この補助金は、基本的に、重大な問題を抱えているのです。 明治時代に、内村鑑三の書いた「代表的な日本人」の中に、江戸時代の小田原藩において、荒廃した村落に自ら赴き、...

    2014年2月15日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その5) 相場師と経営者の相違

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月14日(金)地域自立型自然共生国家モデル(その5)相場師と経営者の相違 木を植えれば、草刈りとか枝打ちとか、手入れが欠かせず、木は、まだ、売れる状態には至らず、経営としては採算がとれない時代が続きます。  そこで、「林業は採算かあわないものだから、国のお金でやるもの」という観念が、わが国では定着しました。 そこで「工業生産...

    2014年2月14日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その4) 戦後の日本の林業の実態

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月13日(木)地域自立型自然共生国家モデル(その4)戦後の日本の林業の実態 地域自立型自然共生国家における、「地域自立型」とは、どんなことでしょうか。 それは、地元にある富、山とか森、川とか海、里山とか田畑にある富を再発掘して、金銭化し、地域から流出している金銭(例えば、産油国に支払っている石油代)を、できるだけ少なくして、...

    2014年2月13日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その3) 神奈川プロジェクトモデル

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月12日(水)地域自立型自然共生国家モデル(その3)神奈川プロジェクトモデル 私は、ここまでに、50年後の日本のモデルを「都市国家東京」と「地域自立型自然共生国家」の二つに分けました。 でも、そんなに、ぴったり、二つに分けられるのでしょうか。実は、分けられません。 東京のような超大都市の周辺にも、近隣の山林と共生する自立型地...

    2014年2月12日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その2) もう一つの顔 地域自立型自然共生国家

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年2月11日(火)地域自立型自然共生国家モデル(その2)もう一つの顔 地域自立型自然共生国家 人口減少が続く中で、東京の人口があまり減らないということは、人口流入が続くということです。 人口減少社会の中で、東京への人口流入が続けば、各地の人口は、さらに減少することになります。それでは、各地の集落は、消滅してしまうのでしょうか。昔...

    2014年2月11日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域自立型自然共生国家モデル(その1) 50年後の未来の創造

    月曜ブログ「日本の未来を考える」        2014年2月10日(月)地域自立型自然共生国家モデル(その1)50年後の未来の創造日本と日本国家の美質と欠点 私は、新しい本を出版しました。「日本の転換点で考える」~日本人の歴史を見直して今何をなすべきか~(参考資料①)です。 これは、2012年4月から、椎野塾で考えてきた「50年先の日本の未来を考える」研究の初年度の研究...

    2014年2月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 芝居噺「水門前の場」林家正雀

    日曜ブログ「閑話休題」              2014年2月9日(日)落語 芝居噺「水門前の場」林家正雀 2月6日(木)、東京文化財研究所で、林家正雀師匠による、正本芝居噺の実演記録の記録作成があり、私は、正雀師匠から、ご招待いただき、観賞にいきました。 場所は、同研究所の実演記録室です。東京文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構に属する研究所で、昭和5年に、帝国美術院に設置された...

    2014年2月9日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    神奈川プロジェクト 第2回講演会

    土曜ブログ「神奈川プロジェクト」            2014年2月8日(土)神奈川プロジェクト 第2回講演会 「日本の伝統的な美に新しい感性を加えた、美しい住宅を国産材で建てて、日本国土に美しい風景を遺そう」と活動している「国木会」と、「環境(森林)破壊と言う負の遺産を子孫に遺してはならない」として活動している「緑のダム北相模」が合同して進めている「神奈川プロジェクト」の第2回講演会が...

    2014年2月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    外資系ホテル 開業ラッシュ

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年2月7日(金)外資系ホテル 開業ラッシュ 日本経済新聞の2月7日(金)の夕刊には、以下の記事が出ていました。 「外資系高級ホテルの新規開業が相次ぐ。米マリオット・インターナショナルは2014年、京都市などで4軒の開業を計画。シンガポールを本拠とする高級リゾートホテルのアマンリゾーツグループも今年以降、日本で複数のホテルを展開...

    2014年2月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    理解できぬ養殖漁業の「減反」

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年2月6日(木)理解できぬ養殖漁業の「減反」 日本経済新聞の2月6日(木)の社説は、以下のように書いていました。 「政府は漁協や専門家などによる会議を開き、養殖業者の採算割れを防ぐために主要魚種であるブリとカンパチの今年の生産量を、2020年より1割少ない計14万トンとする目標を示した。養殖業の業界団体は今後、この目標に基づい...

    2014年2月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    科学技術立国 子供たちに夢を与える

    水曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年2月5日(水)科学技術立国 子供たちに夢を与える 日本経済新聞の2月4日(火)の社説は、以下のように書いていました。 「天然資源の乏しい日本にとって、経済成長や豊かな生活水準を維持するには科学技術が欠かせない。安倍政権は成長戦略の柱のひとつに『科学技術イノベーション立国』を据え、世界で活躍できるグローバル人材の育成をかかげた...

    2014年2月5日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その17) 林業のサプライチェーン(その1)

    火曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年2月4日(火) 地域の未来を考える(その17)林業のサプライチェーン(その1) 東京大学の酒井秀夫先生から、立派な本をいただきました。実践経営を拓く「林業生産技術ゼミナール」~伐出・路網からサプライチェーンまで~です。 私は、これまで、製造業で使われてきたサプライチェーンマネジメントの考え方と方法を、建設業に適用してきました...

    2014年2月4日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その16) 目的は儲けることか

    月曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年2月3日(月) 地域の未来を考える(その16)目的は儲けることか この図書には、島根県のやまあいの八頭町での興味深い議論が書かれています。 人々が「われわれは、儲けるためにやっているのか」「楽しむためにやっているのか」を、長時間かけて議論しました。その結果「楽しみのためにやっているのだ」という結論に達しました。この結論は、画...

    2014年2月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語「落語小僧」(1)

    日曜ブログ「閑話休題」               2014年2月2日(日) 落語「落語小僧」(1) 落語の楽しい番組が始まりました。BSフジの「落語小僧」です。2月1日(土)の第一回では、柳亭市馬師匠と一緒に、中学生と高校生の二人の少年が、共演しました。 最初に登場したのは、山梨県出身の中学3年生、「てらうえあトカゲ」です。いま、林家彦いち師匠の指導を受けています。「何故、落語家をめざし...

    2014年2月2日

    椎野 潤

  • 後世に最大遺物を遺す

    後世に最大遺物を遺す

    土曜ブログ「後世に最大遺物を遺す」             2014年2月1日(土) 後世に最大遺物を遺す 私は、この世に、せっかく、生をうけたのだから、後世に遺物を遺していこうと思っています。また、周囲を見回してみますと、そのようなことを、利害を越えて進めておられる方も、大勢おられます。それで、同志の方と力をあわせて、このような方を支援して行きたいと考えています。 今回、「後世に最大遺物を遺す人...

    2014年2月1日

    椎野 潤