関連記事

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その8)後世への最大遺物 内村鑑三の墓碑

    月曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月31日(月)後世への最大遺物(その8)後世への最大遺物 内村鑑三の墓碑 2014年3月23日(日)、息子たちと、彼岸の墓参にいきました。わが家の墓は、東京府中市の多摩墓地にあるのですが、私が尊敬し、その言葉に従って生きようとしている、内村鑑三の墓が、この同じ墓地内にあることを、最近、知ったのです。 内村鑑三の墓は、すぐ近くまで行...

    2014年3月31日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その7) 後世への最大遺物 駿河御譲本(2)

    日曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月30日(日)後世への最大遺物(その7)後世への最大遺物 駿河御譲本(2) 蓬左文庫と書かれた、古びた建物の中に入ると、まず、重要文化財の続日本紀や河内本源氏物語の原本が展示してありました。この古い本が、まだ、本当にしっかりしています。この時代の紙は、風化、劣化せず、耐久性があります。後世に遺る遺物としての品質を、しっかり持ってい...

    2014年3月30日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その6) 後世への最大遺物 駿河御譲本(1)

    土曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月29日(土)後世への最大遺物(その6)後世への最大遺物 駿河御譲本(1) 2014年3月19~20日に、妹達と一緒に、義母の墓参に三河へ行き、名古屋を周遊してきました。 名古屋では、徳川園に行きました。園内にある徳川美術館では、おりから、雛祭りで、歴代尾張藩主の豪華な雛人形が、展示されており、華やかで見事でした。 展示会場に、丁...

    2014年3月29日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その5) 椎野塾、3月、特別コラボ企画(5)

    金曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月28日(金)後世への最大遺物(その5)椎野塾、3月、特別コラボ企画(5) 今日のブログも、メンバーの一言の続きです。これから、やりたいこと これから、やりたいことも、沢山でました。(1)学生が、どんなことを知りたいか、今は、これがわからない。これをわからせる活動をして、異世代交流会をやりたい。(2)全てをとりまとめる、ネットワー...

    2014年3月28日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その4) 椎野塾、3月、特別コラボ企画(4)

    木曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月27日(木)後世への最大遺物(その4)椎野塾、3月、特別コラボ企画(4) このあと、全メンバーから、一言づつ、意見を述べてもらいました。私がメモした、主な意見を記しておきましょう。どう言う目的で生きるか(1)どう言う目的で生きるか。その目的に向かって、本気で、ぶつかって行きたい。(2)そのために、毎日の生活態度を変える。(3)人...

    2014年3月27日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その3) 椎野塾、3月、特別コラボ企画(3)

    水曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月26日(水)後世への最大遺物(その3)椎野塾、3月、特別コラボ企画(3)(3) このあと、グループ討論がありました。良い討論をしていたようです。この討論の途中に、私は、会場を散策してみました。まず、感じたのは、社会人がおしゃべりで、学生がただ聞いている姿です。 しかし、後に、学生に発表させると、実に良く話しを聞いていて、理解して...

    2014年3月26日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その2) 椎野塾、3月、特別コラボ企画(2)

    火曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月25日(火)後世への最大遺物(その2)椎野塾、3月、特別コラボ企画(2) 当日の参加者は、椎野塾側は、特別顧問の堀昭一さん、代表世話人の上平豊久さん、サブチームのリーダーの大隅功さん、サブリーダの武藤明さん。早稲田大学ビジネススクールの樋原信彦先生と、私の本の出版を一手にひきうけてくださっているメディアポートの岡島正夫社長も、貴...

    2014年3月25日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    後世への最大遺物(その1) 椎野塾、3月、特別コラボ企画(1)

    月曜ブログ 後世への最大遺物              2014年3月24日(月)後世への最大遺物(その1) 今日から、新しいカテゴリのブログを始めます。「後世への最大遺物」というブログです。私は、内村鑑三の言葉を心に刻んで、「後世へ自分なりの遺物」を遺して行きたいと念じていますが、その遺物の最大のものの一つが、「志」を持った「青年」です。これを後世に遺したいのです。 この「志」を持った、意欲のあ...

    2014年3月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その4) 柳家小三治独演会(3) 第2話 錦の袈裟

    日曜ブログ 閑話休題                 2014年3月23日(日)落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その4)柳家小三治独演会(3)第2話 錦の袈裟 この日の第2席目は、「錦の袈裟」でした。この「錦の袈裟」も、古典落語の一つで、原話は、安永6年(1777年)に出版された笑話本「順会話献立」の一遍である「晴れの恥」であると言われています。 この噺は、いつも、馬鹿の代表のように扱われる与...

    2014年3月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その3) 柳家小三治独演会(2) 第1話 薬缶なめ

    土曜ブログ 閑話休題                 2014年3月22日(土)落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その3)柳家小三治独演会(2)第1話 薬缶なめ この日の第1席目は、「薬缶なめ」でした。この「薬缶なめ」は、古典落語の一つで、原話は、万治2年(1659年)に出版された笑話本「百物語」の一遍である「題薬缶」であると言われています。 あらすじは、以下の通りです。 梅が見頃になりました。...

    2014年3月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    医療の途上国進出支援

    金曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月21日(金)医療の途上国進出支援 日本経済新聞の3月12日(水)の夕刊には、以下の記事が載っていました。 「政府は途上国の低所得層を対象に、保険・医療事業を展開する企業の取り組みを支援する。」 具体的には、以下の3社の活動を支援するようです。 「新日本製薬はミャンマーで漢方薬の原料生産から販売まで手がける計画。」「漢方薬は...

    2014年3月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    介護ロボ 動き滑らかに

    木曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月20日(木)介護ロボ 動き滑らかに 日本経済新聞の3月7日(金)の夕刊には、以下の記事が載っていました。 「岡山大学は、韓国のサムスン電子などと共同で、直径1.2㎜の「人工筋肉」を開発した。空気圧で伸び縮みするチューブ製で、各種医療機器やリハビリテーション用装具、人のそばで動く生活ロボットなどに、組み込んで使う。急速な高齢化を...

    2014年3月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    和牛料理、米に直営店 JA全農、英などでも展開

    水曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月19日(水)和牛料理、米に直営店 JA全農、英などでも展開 日本経済新聞の3月7日(金)の朝刊には、以下の記事が載っていました。 「JA全農は4月、米国ロサンゼルスに直営レストランを出店する。高級住宅地ビバリーヒルズに、客単価100ドル程度の創作料理店を開き、ローストビーフなど和牛を使った料理を提供する。2014年度中に英国や...

    2014年3月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    レンタル工場も続々

    火曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月18日(火)レンタル工場も続々 日本経済新聞の3月7日(金)の朝刊には、以下の記事が載っていました。 タイ、ベトナムなどで、日本の中堅以下の企業向けのレンタル工場が、増えて来ているようです。 「日本の中堅以下の企業を狙い、工業団地に『レンタル工場』も相次いで登場している。更地を販売する従来のビジネスと違い、工業団地側が建屋を建て...

    2014年3月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人工食品事業に出資

    月曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月17日(月)人工食品事業に出資 日本経済新聞の3月7日(金)の朝刊は、以下の記事を載せています。 「肉、卵などの代替品を、先端技術を使って工業的に生産する人工食品ベンチャーへの投資が広がっている。振興国の食料需要増加に着目してビル・ゲイツ氏など著名投資家が相次いで出資。環境保護や動物愛護の観点から畜産業に逆風が吹くなか、成長分野...

    2014年3月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その2) 柳家小三治独演会(1)

    日曜ブログ 閑話休題                 2014年3月16日(日)落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その2)柳家小三治独演会(1) 柳家小三治独演会は、千葉県市川行徳の行徳文化ホールで行なわれました。 この日の演目は、「薬罐なめ」と「錦の袈裟」でした。まくら 柳家小三治の「まくら」は、絶品として評判です。小三治の人柄と人生が、滲みでているからです。これまでも、いつも、感動して聞いて...

    2014年3月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その1)

    土曜ブログ 閑話休題                 2014年3月15日(土)落語 行徳名人会 柳家小三治独演会(その1) 2014年3月9日に、柳家小三治独演会を観賞に行きました。この独演会のことを、今日から4日間にわたって、ブログに書きます。柳家小三治を神のように尊崇している弟子 私は、現在「噺家インタビュー、若手たちの志と挑戦」という本を書いています。この本は、日本演芸若手研精会という、有...

    2014年3月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    被災企業回復は二極化

    金曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月14日(金)被災企業回復は二極化 日本経済新聞の3月7日(金)の朝刊は、以下の記事を掲載しています。 東日本大震災から3年がたち、被災企業の売上高の回復度合いが分かれている。(中略)設備が8割以上復旧したと答えた企業は7割あったが、その中で復旧後の売上高が震災前より増えた企業と、7割以下にとどまる企業の割合が、ほぼ同じだった。好...

    2014年3月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    所得税 抜本改革の議論(その4) 積年の課題

    木曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月13日(木)所得税 抜本改革の議論(その4)積年の課題 この所得税の抜本改革は、もう大分前から、一部の人達の間では、議論されてきた、積年の課題なのです。 戦後の経済成長などの環境変化で、家族の中の夫と妻の役割の変化などは、もう、随分前から起きており、税制を定めた当時と、事情が、大きく変わってきていました。 記事では、そこのところ...

    2014年3月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    所得税 抜本改革の議論(その3) 高収入所帯ほど恩恵大きく 制度設計に課題

    水曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月12日(水)所得税 抜本改革の議論(その3)高収入所帯ほど恩恵大きく 制度設計に課題 この少子化対策と女性の勤労意欲の向上のための所得税の抜本改革は、一方で課題も大きいようです。記事では、以下のように指摘しています。 「所帯課税を導入すると、多くの所帯で適用税率が下がり、減税になる可能性が高いが、現行税制と比べた減税額は、高収入...

    2014年3月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    所得税 抜本改革の議論(その2) 女性の働く意欲を高める

    火曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月11日(火)所得税 抜本改革の議論(その2)女性の働く意欲を高める 「所得税の抜本改革の中での女性の働く意欲を高める対策については、具体的に、以下のように書いてきます。 「女性の働く意欲を高める対策として検討するのが配偶者控除の見直しだ。専業主婦は、パートなどの年間収入が103万円以下ならば、配偶者控除が受けられ、夫の所得が38...

    2014年3月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    所得税 抜本改革の議論(その1) 少子化対策

    月曜ブログ 日本の未来を考える             2014年3月10日(月)所得税 抜本改革の議論(その1)少子化対策 ようやく、わが国の将来を決める、重要な議論が始まりました。この是正は、きわめて、重要ですが、それだけに、大きな政治エネルギーが必要になります。 これまで、歴代の内閣は、政治エネルギーのいる、この課題を避け、取り上げませんでしたが、ここでの安倍内閣の取り組みは、野心的です。な...

    2014年3月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第391回研精会 弥生公演

    日曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月9日(日)落語 第391回研精会 弥生公演 2014年3月5日(水)に、研精会、弥生公演を観に行きました。研精会では、その年度に真打に昇進した人は、年度末の3月で卒業して行きます。毎年、3月の研精会は、卒業記念公演なのです。 この日は、卒業して行く人にとっては、生涯、忘れることのできない嬉しい一日ですが、一緒に苦労してきた...

    2014年3月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    サントリー インド洋酒会社に出資

    土曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月8日(土)サントリー インド洋酒会社に出資2014年3月6日(木)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いていました。 「サントリーホールディングスがインドの酒造大手、ラディコ・カイタン(本社ニューデリー)の洋酒事業に出資する方向で交渉していることが5日、明らかになった。ラディコが設立する洋酒会社に20%超を出資する見通し...

    2014年3月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    漢方薬 自前で増やす

    金曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月7日(金)漢方薬 自前で増やす2014年3月7日(金)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いていました。 「漢方薬の原料となる生薬を国内で栽培する動きが広がってきた。龍角散を中核とする生薬団体は月内に新潟県の2市と連携し、植物工場で人工栽培に乗り出す。ツムラは北海道での栽培面積を最大で3倍強の1千万平方メートルにひろげる...

    2014年3月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業集約へ農業委改革

    木曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月6日(木)農業集約へ農業委改革 2014年3月2日(日)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いていました。 「政府は農地の売買や貸し借りの許可をする市町村の農業委員会について、農業委員を地元農家から選ぶ制度を2016年度にもやめる方向で検討する。首長に任免権を与える案などが浮上している。農業委員会に地元農家以外の声も取り...

    2014年3月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本語教育3000人派遣

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月5日(水)日本語教育3000人派遣 2014年3月1日(土)の日本経済新聞の夕刊は、以下のように書いています。 「政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟の10カ国と、文化やスポーツの交流事業を拡大する。4月に事業のまとめ役となる「アジアセンター」を立ち上げ、まず2020年までに、日本人3000人以上を各国の日本語教育機...

    2014年3月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    女性管理職、4.9%に

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月4日(火)女性管理職、4.9%に 2014年3月1日(土)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「上場企業1150社の管理職に占める女性の割合が33業種全体の平均で4.9%であることが分かった。保険、空運、金融など一部の非製造業で10%を超すが、欧米先進国と比べ登用は進んでいない。 政府は、指導的地位の女性の...

    2014年3月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    東南アジア 消費が成長主導

    月曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月3日(月)東南アジア 消費が成長主導 2014年2月23日(日)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「東南アジアで個人消費の拡大が続いている。2013年は主要5カ国合計で120兆円に達し、00年の約3.7倍、日本の4割程度の規模になった。新興国経済は減速しているが、東南アジアでは、今後も消費をけん引する中間...

    2014年3月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 夢一夜、一の輔・夢吉二人会

    日曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月2日(日)落語 夢一夜、一の輔・夢吉二人会 2月28日、夢一夜、一之輔・夢吉二人会を見にいきました。落語の本を執筆することになり、オフィスMsの加藤浩さんとお話しする機会がありました。 研精会を私財を投じて作られ、現在、働き盛りの大師匠を大勢育てられた、稲葉守治氏が、生前、この一之輔、夢吉の二人会に触れ、「これを大事にし...

    2014年3月2日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    新興企業 成長に勢い

    土曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年3月1日(土)新興企業 成長に勢い 2014年2月19日(水)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「ジャスダックや東証マザーズなどに上場する主な振興企業713社(金融などを除く)の10~12月期は、経常利益が前年同期に比べ16%増えた。四半期利益としては07年以降の7年間で最も多かった。10~12月期の比較では...

    2014年3月1日

    椎野 潤