関連記事

  • 50年後の日本

    2060年度 債務残高 8000兆円余(その1)

    水曜ブログ 50年後の日本                2014年4月30日(水)2060年度 債務残高 8000兆円余(その1) 私は、2012年4月に、「椎野塾」を開塾して以来、「50年後の日本を見据えて、国家戦略を描かねば駄目だ」と主張して、毎日、ブログを書いてきました。しかし、政府からは、長期の視点についての発表はなく、テレビや新聞でも、50年後のことが、話題になることはありませんでし...

    2014年4月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    地域の実情に応じた人口減少対策を(その2) 地方圏の実情と対策

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月29日(火) 地域の実情に応じた人口減少対策を(その2)地方圏の実情と対策 一方、地方圏では、私が恐れてきた「消滅地域」が、出て来そうです。これまでは、集落の最奥地の「限界部落」「消滅部落」が話題になっていましたが、いよいよ、これより大きい「地域(町、村)」、まるごと、消滅する時期が近づいています。 しかし、そこでは、太古...

    2014年4月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    地域の実情に応じた人口減少対策を(その1) 首都圏の実情と対策

    月曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月28日(月)地域の実情に応じた人口減少対策を(その1)首都圏の実情と対策 総務省が発表した、2013年10月の時点の日本人の総人口は、約22万人減少しました。特に、15~64歳の生産年齢人口が、大きく減り、65歳以上人口は、初めて全体の25%を越えました。 いよいよ、人口減少と高齢化が、具体的に鮮明になって来ました。対策を急がね...

    2014年4月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 市馬落語集

    日曜ブログ 閑話休題                 2014年4月27日(日)落語 市馬落語集 2014年4月4日(金)に、市馬落語集を、水天宮に見にいきました。柳亭市馬師匠は、私たち夫婦が、一番、好きで、良く聞きに行く噺家です。剣道の達人で、がっしりとした体格で、高座姿は堂々としており、良く通る太く丸い声で話します。 立派な体格ですが、話しは、まろやかで明るく、噺を聞いた後、心の中に、ポッと温...

    2014年4月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 復活噺 その二

    土曜ブログ 閑話休題                  2014年4月26日(土)落語 林家正雀 復活噺 その二 2014年4月2日(水)に、林家正雀 復活噺 その二を、聞きに、お江戸日本橋亭に行きました。 この落語会は、林家正雀師匠が、今まさに消えそうになっている古典落語を、発掘して口演しているもので、とても、貴重なものです。 この日の演目は、以下の通りでした。柳屋 緑太  桃太郎林家 彦六  ...

    2014年4月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人手不足 ユニクロ変心(その2) 柳井会長 一問一答

    金曜ブログ 地域の未来を考える             2014年4月25日(金)人手不足 ユニクロ変心(その2)柳井会長 一問一答  日本経済新聞の2014年4月12日(土)の朝刊に、柳井さんとの一問一答が掲載されています。 「柳井正会長兼社長との一問一答は以下の通り。 パート・アルバイトの正社員登用を打ち出した理由は。 「店長中心に会社を作ってきたが、間違いだった。店長を主役にすると上意下達...

    2014年4月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人手不足 ユニクロ変心(その1)

    木曜ブログ 地域の未来を考える             2014年4月24日(木)人手不足 ユニクロ変心(その1)販売員1万6000人を正社員に登用 日本経済新聞の2014年4月12日(土)の朝刊は、以下のように書いていました。 「2014年8月期の連結純利益が増益から一転、減益になる見通しだと発表したばかりのファーストリテイリング。11日の株式市場では売りが膨らみ、終値は8%下落した。  こう...

    2014年4月24日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    東京だけが日本ではない(その2)

    水曜ブログ 地域の未来を考える             2014年4月23日(水)東京だけが日本ではない(その2) 日本経済新聞の2014年4月13日(日)の朝刊は、以下のようにも、書いていました。 「昨年12月、ラオスのトンシン首相は香川県の企業を回った。外務省によると、ラオスに工場を持つ県内企業はゼロ。ほとんど接点がなく接遇できるのか、と危ぶむ声もあったが、かがわ産業支援財団の中山真理事長が誘...

    2014年4月23日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    東京だけが日本ではない(その1)

    火曜ブログ 地域の未来を考える             2014年4月22日(火)東京だけが日本ではない(その1) 日本経済新聞の2014年4月13日(日)の朝刊に、以下の記事が掲載されていました。 「いまや和食は世界の無形文化遺産だ。一昨年、48年ぶりに東京であった国際通貨基金(IMF)総会では著名なエコノミストの講演などよりも、日本酒の利き酒会が人気を集めた。 そうした日本の素晴らしさを世界の...

    2014年4月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協 70年ぶり抜本改革(その2)

    月曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月21日(月)農協 70年ぶり抜本改革(その2) わが国の農業団体の組織は、巨大で複雑です。日本経済新聞の4月9日の記事では、これを、以下のように説明しています。 「JA全中は各農協の経営指導や監査をするJAグループの代表格。農産物の販売をする全国農業組合連合会(JA全農)や、JAバンクで金融事業を手がける農業中央金庫(農林中金)...

    2014年4月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    新しい本の出版 「噺家インタビュー」~若手落語家たちの志と挑戦(その2)

    日曜ブログ 閑話休題                  2014年4月20日(日)新しい本の出版 「噺家インタビュー」~若手落語家たちの志と挑戦(その2) この書の「あとがき」に、以下のように書いています。 若手二つ目8人とインタビューして、まず、第一に感じたことは、日本にも、凄い若者がいるということでした。皆、凄い師匠と出会い、その人間としての魅力に激しく感動して、それに学ぼうと日々努力していま...

    2014年4月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    新しい本の出版 「噺家インタビュー」~若手落語家たちの志と挑戦(その1)

    土曜ブログ 閑話休題                  2014年4月19日(土)新しい本の出版 「噺家インタビュー」~若手落語家たちの志と挑戦(その1) 新しい本を出版しました。「噺家インタビュー」~若手落語家たちの志と挑戦~です。出版したのは、アマゾンのオンデマンド出版です。アマゾンの私の書籍の頁の「内容紹介」には、以下のようなことが書かれています。「日本演芸若手研精会」という、現代の働き盛り...

    2014年4月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協 70年ぶり抜本改革(その1)

    金曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月18日(金)農協 70年ぶり抜本改革(その1) 2014年4月9日(水)の日本経済新聞の朝刊はは、以下のように書いていました。 「政府が1974年に制定された農業協同組合法の抜本改正に乗り出す。約700の地域農協の経営に関与する全国農業組合中央界(JA全中)の指導権限廃止を検討。各農協が営利目的で活動することも認める。各農協が地...

    2014年4月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    女性 高齢者 働く機運(その2)

    木曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月17日(木)女性 高齢者 働く機運(その2) 昨日のブログの記事(2014年3月29日の日本経済新聞の朝刊)では、具体的に以下のように書いていました。「列記すると、以下です。(1)10代の後半から30代前半で働かず、学校にも通っていない『ニート』の数も59万人と、3年ぶりに減った。(2)飲食業や製造業で、若者の求人が増えた。(3...

    2014年4月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    女性 高齢者 働く機運(その1)

    水曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月16日(水)女性 高齢者 働く機運(その1) 2014年3月29日(土)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いていました。 「職を持たず職探しもしていない『非労働力人口』が減少に転じた。バブル崩壊後、人口の高齢化で一貫して増え続けていたが、2013年は前年より0.7%少ない456万人となり、1991年以来、22年ぶりにマイナス...

    2014年4月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    戦略特区の6地区

    火曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月15日(火)戦略特区の6地区 昨日、一昨日のブログで引用した、2014年3月29日(土)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「政府は28日、首相官邸で開いた国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、特区の第一弾として、「東京圏」「関西圏」、沖縄県、新潟市、兵庫県養父市、福岡市の6カ所を指定した。 特区は地域...

    2014年4月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    特区で岩盤規制突破へ 二の矢三の矢を(その2)

    月曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月14日(月)特区で岩盤規制突破へ 二の矢三の矢を(その2) このプログは、昨日のブログのつづきです。 今回、国家戦略特区が決まり、それも、改革目的別に絞りこまれて決定したことは、重大な一歩を踏み出したことなのですが、ただ、今回、この特区で行なわれるのは「規制緩和改革」です。「規制緩和」そのものでは、産業改革は起きません。 「...

    2014年4月14日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 第392回 如月公演

    日曜ブログ 後世への最大遺物             2014年4月13日(日)日本演芸若手研精会 第392回 如月公演 2014年4月8日(火)、日本演芸若手研精会 如月公演を見にいきました。この日から、金原亭龍馬が、真打になり卒業し、新たに、春風亭正太郎が入りました。 春風亭正太郎は、東京都出身、1981年生まれで、今、33歳です。2006年に春風亭正朝に入門、2009年11月に、二つ目に昇...

    2014年4月13日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    八代目正蔵戦中日記の出版

    土曜ブログ 後世への最大遺物             2014年4月12日(土)八代目正蔵戦中日記の出版 八代目林家正蔵師匠の日記が出版されました。昭和16年12月1日から、昭和20年8月31日までの、第2次世界大戦中の日記です。 これが出版できたのも、正蔵師匠の、ご長女の藤沢多加子さんが、父上の日記を、大切に保存しておられたから、出来たのでしょう。 人物の注記なども、丁寧に付けられており、出版社...

    2014年4月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    特区で岩盤規制突破へ 二の矢三の矢を(その1)

    金曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月11日(金)特区で岩盤規制突破へ 二の矢三の矢を(その1) 日本経済新聞の2014年3月29日(土)の社説は、以下のように書いていました。 「政府が地域を限って規制改革を進める国家戦略特区を指定した。安倍晋三政権の成長戦略のなかでも、規制改革は一丁目一番地だ。厚い岩盤に守られた規制を突破していくための最初の一歩にすぎない。これに...

    2014年4月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    高級いちご 翌朝に香港

    木曜ブログ 日本の未来を考える             2014年4月10日(木)高級いちご 翌朝に香港 日本経済新聞の2014年3月30日(日)の朝刊は、以下のように書いていました。 「香港郊外のフルーツ店でこの冬、イチゴ「紅ほっぺ」が飛ぶように売れた。1パック12粒入りで約2千円。高価だが売り切れると諦めきれない客から予約が相次いだ。 産地は徳島県鳴門市。午前中に出荷すれば空輸で翌朝には香港に...

    2014年4月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農水産業 技術に活路

    水曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月9日(水)農水産業 技術に活路 日本経済新聞の2014年3月27日(木)の朝刊は、以下のように書いていました。 「農業や漁業の現場で日本の独自技術を生かして海外市場を目指す動きが広がってきた。植物工場や品種改良、魚の養殖などで、新技術の開発が相次いぐ。国内市場の縮小や環太平洋経済連携協定(TPP)による市場開放圧力にさらされる...

    2014年4月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    保険料納付 65歳まで

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月8日(火)保険料納付 65歳まで  日本経済新聞の2014年3月21日(金)の朝刊は、以下のように書いていました。 「厚生労働省は公的年金制度を見直す検討に入った。全国民に共通する基礎年金(国民年金)保険料の納付期間を5年延ばし原則65歳までとする。厚生年金に入るパート労働者も増やす。人口減などの社会情勢の変化に年金制度が追い...

    2014年4月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    柳家小三治 独演会(その3)

    月曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月7日(月)柳家小三治 独演会(その3)柳家小三治 第2席、「禁酒番屋」 この独演会の第2席目は、「禁酒番屋」でした。柳家小三治師匠は、この日、二つの噺で、対照的な話芸を示してくれました。 第1席目は、実に丁寧に正確に話されました。師匠は、こう言いました。「家を出る時、『今日は調子が良くない。今日は駄目だ』と思いました。それで、...

    2014年4月7日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    柳家小三治 独演会(その2)

    日曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月6日(日)柳家小三治 独演会(その2)柳家小三治 第1席、「出来心」(つづき) 柳家小三治師匠は、この「出来心」の全編を、実に丁寧に、50分かけて、口演してくれました。この「出来心」は、今まで、多くの噺家の噺を聞いてきましたが、丁寧に話すと、こんなに長い噺になるとは思いませんでした。 また、小三治師匠は、著書の中などで、「落語...

    2014年4月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    柳家小三治 独演会(その1)

    土曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月5日(土)柳家小三治 独演会(その1) 2014年3月29日、柳家小三治、独演会を聞きにいきました。場所は、三鷹市公会堂、光のホールでした。 この日、孫弟子の柳亭こみちさんが、一緒に出演しました。柳亭こみちさんは、柳家小三治師匠の弟子の柳亭燕治師匠の弟子で、小三治師匠の孫弟子にあたります。 大師匠の小三治師匠を、深く尊崇して...

    2014年4月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    法人減税 議論 加速へ

    金曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月4日(金)法人減税 議論 加速へ 2014年3月30日(木)の日本経済新聞の朝刊には、以下の記事がのっていました。 「菅義偉官房長官が19日の経済財政諮問会議で法人実効税率引き下げのスケジュールと幅を明確にするように求めた。民間議員は同日の会議で、経済成長による増収を財源にあてるべきだとの考えを示した。」 「一方、財務省などは...

    2014年4月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ヤマト運輸 中国全土に宅配(2)

    木曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月3日(木)ヤマト運輸 中国全土に宅配(2) ところで、日本経済新聞の3月24日の、この記事で、私が注目しているのは、ロジスティクスの視点です。 この記事にもありましたが、現在、関税処理を含め輸送網が不完全なため、輸出よりも、現地生産を選ぶ企業が多く、それが、企業の海外流出の一因になっています。もし、この面倒を解決できれば、海...

    2014年4月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ヤマト運輸 中国全土に宅配(1)

    水曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月2日(水)ヤマト運輸 中国全土に宅配(1) 日本経済新聞の2014年3月24日の朝刊は、以下のように書いています。 「ヤマトホールディングスは中国最大の物流会社、中国郵政集団(チャイナポスト)と提携し、日本企業の商品を最短3日で届ける。複雑な関税手続きもヤマトが引き受けて配達の後れを防ぎ、安定したサービスを提供する。中国か...

    2014年4月2日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日豪EPAをTPP交渉打開のテコに

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年4月1日(火)日豪EPAをTPP交渉打開のテコに 日本経済新聞の2014年3月28日の社説は、以下のように書いています。 「日本とオーストリアが2国間で進めてきた経済連携協定(EPA)交渉が、最終的な局面に入った。」(中略)「4月上旬の安倍晋三首相とアボット首相による首脳会談で決着する可能性が見えてきた。」 「国内に痛みを伴う自由...

    2014年4月1日

    椎野 潤