関連記事

  • 閑話休題

    八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その3)

    土曜ブログ 閑話休題                   2014年5月31(土)八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その3) 八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界、11巻の噺の概要と感想のつづき。(7)浜本浩作 めだか この噺は、小説家、浜本浩作の新作芝居噺です。祖父と孫の二人。高知からの帰り道、孫が麦藁帽子を買ってくれとせがみました。祖父は、2円しか持っていない中、40銭の大金をはたいて...

    2014年5月31日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    経常黒字縮小が映し出す日本経済の課題

    金曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月30日(金)経常黒字縮小が映し出す日本経済の課題 2013年度の経常収支の黒字は、1985年以降で最小となりました。しかし、この黒字が大きいほど良いわけではなく、赤字だから駄目だと決めつけることも出来ません。 要は、その内容を良く見て、課題や問題点を的確にとらえ、長期的な視点に立った対策を、とることが重要なのです。 2014年...

    2014年5月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    年金「75歳から」受給

    木曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月29日(木)年金「75歳から」受給 2014年5月12日(月)の日本経済新聞の朝刊には、以下のように書いています。 「田村憲久厚生労働省は11日、公的年金の受け取り開始年齢について、個人の判断で75歳まで延ばせるよう検討することを明らかにした。」 いよいよ、『年金受給、75歳』が出ました。今回の厚生労働相の発言は、『個人の判断...

    2014年5月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本企業は高収益に安心せず競争力を磨け

    水曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月28日(水)日本企業は高収益に安心せず競争力を磨け 2014年5月11日(日)の日本経済新聞の社説は、以下のように書いています。 「上場企業の収益が拡大している。」「2014年3月期は本業の利益に金利の受け払いを加えた経常利益の合計額が、13年3月期に比べ約40%増えた。15年3月期は前期比2%程度の増益と、リーマン・ショック...

    2014年5月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    残業代 中小も5割増し

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月27日(火)残業代 中小も5割増し 2014年5月10日(土)の日本経済新聞の朝刊には、以下の記事が出ていました。 「政府は中小企業の残業代を引き上げる検討に入った。2016年4月をめどに、月60時間を超える残業には通常の50%増しの賃金を支払うよう企業に義務付ける。現在の25%増しから大企業と同じ水準に引き上げて、なるべく長...

    2014年5月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本は輸出の拡大をあきらめるな(その2)

    月曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月26日(月)日本は輸出の拡大をあきらめるな(その2) 2014年5月6日(火)の日本経済新聞の社説は、さらに、以下のように書いていました。 「もう一つの課題はブランド力の強化だ。自動車は今でも日本の輸出の牽引役だが、日独間の12年の貿易実績をみると、自動車が中心の「輸送用機械」の日本からドイツへの輸出が33億ドルだったのに対し...

    2014年5月26日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その2)

    日曜ブログ 閑話休題                  2014年5月25日(日)八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その2) 八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界、11巻の噺の概要と感想を述べておきます。(1)三遊亭圓朝作 菊模様皿山奇談 楼門の場 この菊模様皿山奇談 楼門の場は、正蔵の得意の芝居噺の一つのようです。1950年(昭和25年)八代目林家正蔵の襲名披露の時、この噺を高座にかけています...

    2014年5月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その1)

    土曜ブログ 閑話休題                  2014年5月24日(土)八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その1) 現在、落語の神様と言われている三遊亭圓朝の長講噺を、現代に伝えた重要人物である、八代目林家正蔵(最晩年「彦六」)の正本芝居噺の公演を記録した映像を見る機会を得ました。 これは、1970年(昭和45年)2月から12月までの約1年間の偶数月に、各2席づつ、岩波ホールで行なわれ...

    2014年5月24日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本は輸出の拡大をあきらめるな(その1)

    金曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月23日(金)日本は輸出の拡大をあきらめるな(その1) 2014年5月6日(火)の日本経済新聞の社説は、以下のように書いていました。 「日本は輸出の拡大をあきらめるべきではない。人口減で日本の内需の大幅な伸びが期待しにくい中で、付加価値の高い産業で比較優位を確保し、日本でつくって海外に売れる優れた技術や商品を数多くそろえる。それ...

    2014年5月23日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    訪問診療の医師が消えた

    木曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月22日(木)訪問診療の医師が消えた 2014年5月2日(金)の日本経済新聞の朝刊には、以下の記事が掲載さていました。 「厚生労働省が決めた4月の診療報酬改定が思わぬ波紋を広げている。医師が高齢者施設で多くの患者を一度に診察し、高い訪問診療をとる事例が頻発したため、同じ建物への訪問診療料を大幅に減らした。その余波で訪問診療から撤...

    2014年5月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    起業促進へ税優遇拡大

    水曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月21日(水)起業促進へ税優遇拡大 2014年5月3日(土)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いていました。 「政府は6月にまとめる成長戦略で、ベンチャー起業への投資を促すための税制優遇の拡大を盛り込む検討に入った。経済成長に不可欠な起業の新陳代謝を促す狙い。併せて、補助金で企業家に一定の年収を保障する制度も創設し、優れたア...

    2014年5月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    植物工場育ち盛り(その2)

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月20日(火)植物工場育ち盛り(その2) この植物工場による、特定の成分を多く含む機能性野菜や、無農薬野菜作りも注目されています。記事には、以下のように書いています。 「成果物販売のドール(東京・千代田)は今夏、仙台市の工場でリコピン酸の豊富なトマトの生産を始める。村上農園(広島市)も、細胞老化を抑える効果があるとされる成分を含...

    2014年5月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    植物工場育ち盛り(その1)

    月曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月19日(月)植物工場育ち盛り(その1) 2014年4月19日(土)の日本経済新聞の夕刊は、以下のように書いていました。 「野菜や果物を生育環境を自動制御した、施設内で栽培する植物工場の取り組みが、広がってきた。天候に関係なく栽培できるため、生産量や価格が安定している点が強みだ。安全性の高い無農薬野菜もつくりやすい。途上国などに...

    2014年5月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 ゴールデンウイーク特別興業 権太楼噺 爆笑十夜

    日曜ブログ 閑話休題                 2014年5月18日(日)落語 ゴールデンウイーク特別興業 権太楼噺 爆笑十夜 5月6日、上野鈴本演芸場に、権太楼噺、爆笑十夜を見に行きました。鈴本演芸場の5月の上席は、爆笑王、柳家権太楼さんが、10日間、日替わりで10話話してくれました。権太楼ファンには、たまらない10日間でした。(1)初日、一人酒盛(2)青菜(3)猫の災難(4)不動坊(5)...

    2014年5月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 研精会 皐月公演

    土曜ブログ 閑話休題                2014年5月17日(土)落語 研精会 皐月公演 2014年5月2日(金)、日本演芸若手研精会、第393回、皐月公演を聞きにいきました。この日は、研精会の創設者、稲葉守治追善の特別公演で、昼夜2回開催されました。私は、夜公演は、都合がつかず聞けませんでしたので、昼公演だけ聞きました。 昨秋、真打に昇進し、この3月で研精会を卒業した、金原亭龍馬の真...

    2014年5月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    公益法人に課税強化論

    金曜ブログ 日本の未来を考える             2014年5月16日(金)公益法人に課税強化論 2014年4月30日(水)の日本経済新聞の朝刊に、重要な記事が載っていました。「公益法人への課税強化」です。 4月30日~5月1日のブログに書いたように、徹底的な対策をとらなければ、50年後には、国の債務は8000兆円にまで膨らむと、政府は発表していました。 これを防ぐには、歳出の大幅な削減を図...

    2014年5月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    働くロボット 中小お助け

    木曜ブログ 日本の未来を考える             2014年5月15日(木)働くロボット 中小お助け 2014年4月28日(月)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「大手だけでなく、中小の製造現場でも産業用ロボットの導入機運が高まりつつある。先行事例を探ると、自動化によるコスト削減のほか、小ロット生産や最先端技術の活用でも成果を上げている。景況感の改善で人手不足も顕著になるな...

    2014年5月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    かみ合わぬ需給 医療 介護で働く人

    水曜ブログ 日本の未来を考える             2014年5月14日(水)かみ合わぬ需給 医療 介護で働く人 2014年4月28日(月)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「約15年後の2030年、医療や介護の現場で働く人は今より250万人増え、1千万人規模になる。政府が2月に発表した推計は、医療・福祉関連業界が国内最大級の雇傭主になると見立てた。本当だろうか。」(中略) ...

    2014年5月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    訪日外国人客 地方へ

    火曜ブログ 日本の未来を考える             2014年5月13日(火)訪日外国人客 地方へ 2014年4月24日(木)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように述べています。 「日本を訪れる外国人の行き先が多様化している。日本政府観光局(JNTO)が23日発表した2013年度の訪日客は前年度比26%増の1098万人と過去最高を更新したが、訪問先は北海道や福岡などの地方都市にも広がり、東京一極...

    2014年5月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その3)

    月曜ブログ 閑話休題                  2014年5月12日(月)落語 権太楼ざんまい(その3)疝気の虫 第2席目は「疝気の虫」でした。「さあ、もう一席、お付き合い願います。でも、私の精力は、もう、ほとんど、終わっています」と、権太楼師匠は、こう話し始めました。 あるお医者さんが、眠気をもようしました。すると、天井の鴨居から、見たことのない虫がおりてきました。火箸で、首根っこを...

    2014年5月12日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その2)

    日曜ブログ 閑話休題                 2014年5月11日(日)落語 権太楼ざんまい(その2) 3杯目の酒を飲んだ頃から、屑屋は、一見、強気に豹変するのですが、この日、充分注意して聞いていましたら、屑屋は、酒乱で強い口をきいているのではないのです。 酒を飲んで、屑屋が最初に言ったのは、次の言葉でした。 「良い酒ですね。よく、これだけのものを持ってきましたね」そして、次のように、続け...

    2014年5月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その1)

    土曜ブログ 閑話休題                 2014年5月10日(土)落語 権太楼ざんまい(その1) 2014年4月29日(火)、柳家権太楼の「権太楼ざんまい」を聞きにいきました。場所は、人形町の日本橋社会教育会館でした。 この日の演目は、以下の通りでした。古今亭きょう介  たらちね柳家 さん光   浮世床(本)柳家 権太楼   らくだ柳家 権太楼   疝気の虫 今週の「閑話休題」では、...

    2014年5月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    法人税 10%下げれば

    金曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月9日(金)法人税 10%下げれば 2014年4月23日(水)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように述べています。 「『法人税が10%下がれば、国内総生産(GDP)が、少なくとも7兆円増える』経済産業省は、大企業へのアンケートから、法人減税の効果を、こう試算した。企業が設備投資などを海外から国内に戻す効果を見込む。23日に自民党が...

    2014年5月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協は、組織の発想を根本から変えよ

    木曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月8日(木)農協は、組織の発想を根本から変えよ 2014年4月18日(金)の日本経済新聞の社説は、以下のように述べています。 「政府は農業組合法を抜本改正する方針だ。1974年に制定された農協法とそれに基づく農協制度は、幾度かの改革にもかかわらず市場の変化に追いついていない。安倍政権が農業を成長産業と位置付け、様々な政策を見直す...

    2014年5月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    多国籍団地の模索 20年を追う(その2)

    水曜ブログ 日本の未来を考える               2014年5月7日(水)本日は、5月2日のブログの続きを、掲載します。おまたせしました。多国籍団地の模索 20年を追う(その2) ここでは、外国人の息子達が立派に育ち、今、地域を支えています。でも、どこでも、このように育つとは限りません。この若者達が、ここまで育ったのは、「いちょう団地」の日本人の住民の、暖かい支援があったからです。 「...

    2014年5月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人口50年後に1億人維持(その2)

    火曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月6日(火)人口50年後に1億人維持(その2) 新聞の記事では、具体的な目標値を、以下のように書いています。 「提言は日本の経済と課題に『人口急減と超高齢化』を挙げ、50年後に人口1億人を維持することを目標に掲げる。1人の女性が生涯に産む子供の数を示す合計特殊出生率は12年で1.41。60年に同2.07以上に引き上げ、人口1億5...

    2014年5月6日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    人口50年後に1億人維持(その1)

    月曜ブログ 日本の未来を考える               2014年5月5日(月)人口50年後に1億人維持(その1) 2014年5月4日(日)の日本経済新聞の朝刊に、私にとって、きわめて重要な記事が出ていました。 私が、これまで、ブログに書いてきた危機感は、日本にも、日本政府にも、長期的視点に立った危機感がないことでした。2012年4月に、椎野塾を開塾したとき、テーマとしたのは「50年後の日本...

    2014年5月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂宮治独演会「挑戦 新・宮治本舗」(その2)

    日曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月4日(日)落語 桂宮治独演会「挑戦 新・宮治本舗」(その2)花見の仇討ち 第2席目は、花見の仇討ちです。花見の季節になり、今年の花見も、何か趣向をこらしてやろうと、重兵衛たちは相談していました。最初は「首を吊る真似をしようか」などと言っていましたが、結局、仇討ちの芝居をしようということになります。 重兵衛兄弟が、二人の巡礼に扮...

    2014年5月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂宮治独演会「挑戦 新・宮治本舗」(その1)

    土曜ブログ 日本の未来を考える              2014年5月3日(土)落語 桂宮治独演会「挑戦 新・宮治本舗」(その1) 2014年4月22日(火)、桂宮治独演会を、国立演芸場へ見に行きました。32歳で落語の世界に飛び込み、二つ目になった、その年、NHK新人演芸大賞を受賞し、2年目の今年、もう、国立演芸場を満席にする集客力がありました。宮治は、天才肌の若者です。 この日の演目は、以下の...

    2014年5月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    多国籍団地の模索 20年を追う(その1)

    金曜ブログ 日本の未来を考える               2014年5月2日(金)多国籍団地の模索 20年を追う(その1) 2014年4月25日NHKテレビ「特集首都圏」では、「横浜・多国籍団地の今、模索の20年を追う」と題する番組を、放映していました。これから、外国人が増えていく、日本社会を考える時、大変、参考になる、示唆に富んだ番組でした。 これは横浜にある「いちょう団地」の話です。この団...

    2014年5月2日

    椎野 潤

  • 50年後の日本

    2060年度 債務残高 8000兆円余(その2)

    木曜ブログ 50年後の日本                 2014年5月1日(水)2060年度 債務残高 8000兆円余(その2) 今、法人税の減税について、「日本の輸出企業の競争力強化と、海外企業の日本国内への誘導のため、企業減税を急ぐべし」とする、経済産業省ならびに経団連と、「それでは、税収が減り、財政が悪化する」と主張している財務省が対立しています。 今回の発表を、この対立という、狭...

    2014年5月1日

    椎野 潤