関連記事

  • 商店街まちづくり

    若者達が「地域」に遺したいもの

    月曜ブログ 商店街まちづくり             2014年6月30日(月)若者達が「地域」に遺したいもの 今、日本の現実に、強い問題意識を持った若者が増えています。この若者達が、インターネットで結ばれて、集まって来ています。 先日、「いろり」という、学生団体を率いる若者の訪問を受けました。この「いろり」という団体は、「森と海でつながる」ことを標榜するグループで、北海道から九州まで、100団体...

    2014年6月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 その3 (その2) 阿武松

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年6月29日(日)落語 林家正雀 特集 復活噺 その3 (その2)落語 阿武松 この日の第二席目は、阿武松(おうのまつ)です。これは第6代横綱阿武松緑之助(1791-1852年)の噺で、原話は講談です。人物は、実在した人物ですが、噺の内容は創作です。 第6代横綱阿武松は、第5代横綱引退後の30年間の横綱不在の後登場した横綱であり...

    2014年6月29日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 その3 (その1) ちきり伊勢屋(その3)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年6月28日(土)落語 林家正雀 特集 復活噺 その3 (その1)ちきり伊勢屋(その3) 2014年6月12日(木)、林家正雀師匠の特集復活噺を聞きにいきました。場所は、お江戸日本橋亭でした。 この「ちきり伊勢屋」は、柳派で、長く伝えられて来た長い噺です。原典は、よくわかりません。易者に、まもなく死ぬと言われ、人命を救った功...

    2014年6月28日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の衰退(3) 商店街の活性化の糸口をさぐるプロジェクト

    金曜ブログ 商店街まちづくり             2014年6月27日(金)商店街の衰退(3) 商店街の活性化の糸口をさぐる 「地域の未来を考える」の6月5日(木)のブログで、山村等の地域における世代の棲み分けについて書きました。 ここでは、昭和一桁生まれの「地域に残り、都会に若者を送り出した世代」と「送り出されて都会に出て行った世代」が、棲み分けている実態について、述べました。 そして、昭和...

    2014年6月27日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の衰退(2) 商店街の内部からの崩壊

    木曜ブログ 商店街まちづくり              2014年6月26日(木)商店街の衰退(2) 商店街の内部からの崩壊 商店街というものは、随分、古くからあったもののように思っていましたが、比較的、歴史は新しいようです。 商店街とは、戦後、デパートの進出を阻止しようと、個人商店主が団結して、大店法の制定を働きかけ、専門店を道路に沿って水平に並べて、百貨店と対抗するものとして、各地に形成...

    2014年6月26日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の衰退(1) 商品力での敗北

    水曜ブログ 商店街まちづくり             2014年6月25日(水)商店街の衰退(1) 商品力での敗北 これまで、ブログでは「地域の未来を考える」を連載してきましたが、今日から、もう一つ、新しいブログを開設することにします。それは「商店街のまちづくり」です。 これは、私が、50年後の日本の姿として考えている「光輝く都市国家、東京」の中の「地域」の活性化であり、「自立した地域」における「...

    2014年6月25日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    国産材利用拡大 公共大型木造建築物

    火曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月24日(火)国産材利用拡大 公共大型木造建築物 国産材の利用の促進に関して、国も力を入れています。2014年6月3日の日本経済新聞の夕刊は、以下のように書いています。 「木材を使った建物が公共施設を中心に増えている。地元産の木を利用し林業の振興につなげようとの機運が地方自治体に広がっているためで、国も公共施設での国産材の利用を後押...

    2014年6月24日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    親の介護をしながら働くため帰郷する

    月曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月23日(月)親の介護をしながら働くため帰郷する このブログでは、これまで、大都市から、郷里に帰る人が、積極的に帰れるようにするには、どうしたら良いかを、考えてきましたが、NHKテレビで、参考になる映像を放映していました。 2014年5月30日(金)の「金曜eye」「働き方革命がニッポンを救う」です。 ここでは、東京の会社に勤務して...

    2014年6月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その2) 鰍澤(正本芝居噺)

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年6月22日(日)落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その2)鰍澤(正本芝居噺) この日の早稲田大学の宮伸明さんと林家正雀師匠の対談の中には、「鰍澤」についても、興味深い話がありました。「鰍澤」は、これまで、三遊亭圓朝作と言われて来ましたが、近年、これに疑義が称えられています。 最近は、これは河竹木阿弥作であるという説の...

    2014年6月22日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その1) 名人長次(素話)

    土曜ブログ「閑話休題」                2014年6月21日(土)落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その1)名人長次(素話) 6月10日(火)、東京文化財研究所で、林家正雀師匠による、正本芝居噺の実演記録の作成があり、私は、正雀師匠から、ご招待いただき、観賞にいきました。 場所は、同研究所の実演記録室です。東京文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構に属する研究所...

    2014年6月21日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域と都市をつなぐサプライチェーン

    金曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月20日(金)地域と都市をつなぐサプライチェーン この地産地消のサプライチェーンの構築は、木材の消費地が首都圏(私が、このブログで「都市国家東京」と呼んでいるところ)においても、同様に、必要です。ここで、地産地消というときの「地」には「巨大都市東京」も含まれるのです。これを解決しようとするプロジェクトも始まっています。「国木会」とい...

    2014年6月20日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    国産材による木造戸建て住宅の建設、山と家のサプライチェーン

    木曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月19日(木)国産材による木造戸建て住宅の建設、山と家のサプライチェーン 国も、建築物を国産材で作ることに関しては、その重要性を、深く認識しており、古くから、その対策を講じています。 公共発注建物は、ある程度の高さまでのものは、木造建物にする法律を定めて誘導しており、学校や幼稚園、保育園などの大型建物が、多く木構造で作られています。...

    2014年6月19日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域経済の自立と雇傭の確保

    水曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月18日(水)地域経済の自立と雇傭の確保 ここまで、人口減少による「地域の消滅」を防ぐために、後継者に地域に帰還してもらうことを、ブログに書いてきました。しかし、後継者に帰還してもらうには、地域に仕事があり、収入があることが、大前提になります。 それには、地域にある富で、眠っているものを、掘り起こす必要があります。その代表的なものが...

    2014年6月18日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    弘前市沢田集落の「ローソク祭り」

    火曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月17日(火)弘前市沢田集落の「ローソク祭り」 地域の伝統を掘り起こすには、地域の人達だけの力では、力不足です。その周辺の人達に働きかけて、巻き込んで行く必要があります。すなわち、地域から中央へ、内から外へ向けたアプローチが必要です。 このブログで参考にさせて頂いている書(「限界集落の真実」参考文献1)に出ている、弘前市沢田集落のロ...

    2014年6月17日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    帰るべき故郷は残るのか

    月曜ブログ 地域の未来を考える             2014年6月16日(月)帰るべき故郷は残るのか ところで、私には心配があります。ここまでのブログに書いてきたことは、「帰るべき故郷」はあるということが前提になっていました。それは、私が、山下祐介氏の著書「限界集落の真実」に啓蒙されて、ブログを書いてきたからです。限界集落と言われるところにこそ、「帰るべき故郷」は残っているのです。 「地域...

    2014年6月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会、水無月講演(その2)

    日曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月15日(日)日本演芸若手研精会、水無月講演(その2) 研精会のブログでは、毎回、トリの噺を書いています。この日のトリは、春風亭昇々君でした。昇々君の噺は、しばらく、聞いていませんでしたから、どの位、成長しているのか、楽しみにしていました。 昇々君は、着実に成長していました。一年前、研精会に登場した時は、既存の壁を破ろうという、強烈...

    2014年6月15日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会、水無月講演(その1)

    土曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月14日(土)日本演芸若手研精会、水無月講演(その1) 2014年6月2日(月)、日本演芸若手研精会、第394回、水無月講演を聞きに行きました。場所は、水天宮の日本橋劇場です。 この日の演目は、以下の通りでした。古今亭志ん吉   夏泥桂 宮治     青菜柳亭市楽     酒の夢春風亭正太郎   そば清春風亭昇々    お見立て 毎...

    2014年6月14日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の後継をどうするか

    金曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月13日(金)地域の後継をどうするか このブログで指摘してきたように、日本の戦後の「地域」では、「人を送り出す人」と「送り出されて行く人」の二つの階層にわかれ、地域社会を維持するための役割を、分担してきました。 この「送り出す人」は、昭和一桁の人で、今、80~89歳です。この人達の長男は、仮に、この親たちが25歳のときに生まれたとす...

    2014年6月13日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の人達自身の行動が重要 青森県鯵ヶ沢町の事例(その3)

    木曜ブログ 地域の未来を考える             2014年6月12日(木)地域の人達自身の行動が重要青森県鯵ヶ沢町の事例(その3)  昨日のブログで、3集落では、「地域」から出ていった人達に、アンケートを出したことをお話ししました。そして「いずれ帰るつもり」という人がいることを示しました。 ところで、この人達は、今、「どこにいて、どんな仕事をして、何を考えている」のでしょうか。この書(限...

    2014年6月12日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の人達自身の行動が重要 青森県鯵ヶ沢町の事例(その2)

    水曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月11日(水)地域の人達自身の行動が重要青森県鯵ヶ沢町の事例(その2)  ここで書く、地域の再生と活性化の成功例は、この鯵ヶ沢町の山間部にある小さな3つの集落の事例です。 青森県の北部日本海に注ぐ赤石川。その支流、沼ノ沢の奥にある、深谷、細ヶ平、黒森の3集落が、その舞台です。 まず、この集落は住民自身の独力で、共同バスを運行させたこ...

    2014年6月11日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の人達自身の行動が重要 青森県鯵ヶ沢町の事例(その1)

    火曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月10日(火)地域の人達自身の行動が重要青森県鯵ヶ沢町の事例(その1)  地域の再生、地域起こしには、その原点とし、そこに住む人自身の「やる気」「行動力」があります。 私たちも大学として、自治体を支援しようと地域に出かけ、補助金をもらうのを援助し、イベントを企画したりしますが、これがそこに住む人が人に頼る習慣をつけ、「誰かがやっ...

    2014年6月10日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    「未来の地域作り」の先導者

    月曜ブログ 地域の未来を考える             2014年6月9日(月)「未来の地域作り」の先導者  このお話は、日本に古くからあって、近年、急速になくなってきた「イエ」というものの復活なのかもしれません。 日本人が、長い間、その生涯を通じて遺そうとしてきた「イエ」は、核家族化によって失われてしまいました。これにより周囲から、余計な干渉を受けることがなくなり、若夫婦は自由になりま...

    2014年6月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    第39回 音曲芝居噺研究会~各人余聞・桂文治代々~(八代・九代・十代)(その2)

    日曜ブログ 閑話休題                   2014年6月8日(日)第39回 音曲芝居噺研究会~各人余聞・桂文治代々~(八代・九代・十代)(その2)浮世床 桂文治の噺は「浮世床」でした。この「浮世床」は、当時、町の若い衆の社交場だった床屋の会話を楽しく聞かせてくれる噺ですが、この桂文治の噺は、平素良く聞いている、柳家系や古今亭系の噺とは、大分、雰囲気が違う落語でした。 十一代目文治...

    2014年6月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    第39回 音曲芝居噺研究会~各人余聞・桂文治代々~(八代・九代・十代)(その1)

    土曜ブログ 閑話休題                   2014年6月7日(土)第39回 音曲芝居噺研究会~各人余聞・桂文治代々~(八代・九代・十代)(その1) 2014年5月26日(月)、池袋演芸ホールへ、林家正雀師匠と桂文治師匠の音曲芝居噺を聞きにいきました。 演目は、以下の通りでした。林家正雀  大師の杵桂 文治  浮世床対談 桂文治~林家正雀林家正雀  夜桜大師の杵 これは若き日の空海上...

    2014年6月7日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    「地域は代々遺すもの」

    金曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月6日(金)「地域は代々遺すもの」  このあたりから、このブログの本題である「地域の未来を考える」に入りましょう。 これから日本人の人生設計をどうするかです。今までは、うまく分業ができていました。丁度良い数の昭和一桁の人達が、土地と地域の文化と遺された良きものを守り、若者たちを送り出してきました。 また、送り出された若者たちは、大発...

    2014年6月6日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    「地域」の人達の世代別の棲み分け

    木曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月5日(木)「地域」の人達の世代別の棲み分け  山下祐介氏は、「限界集落の真実」の中で、地域の人達が、世代別に棲み分けてきたと、データを示して論証しています。すなわち、ここで、「キイマン」となるのは、昭和一桁の人達です。 私は、昭和11年生まれですから、昭和2桁の最初の年代です。私は、第二次世界大戦の終戦の年、小学校4年生でした。で...

    2014年6月5日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    「地域」は本当に消滅するのか

    水曜ブログ 地域の未来を考える            2014年6月4日(水)「地域」は本当に消滅するのか  2014年6月3日(木)のブログで、2040年には、523の市町村は、消滅の恐れがあると指摘した報道を、紹介しましたが、これらの自治体は、本当に消滅するのでしょうか。 私は、ここで過去に読んでいて、感銘を受けていた本を思い出しました。山下祐介著「限界集落の真実(参考文献1)」です。 山下氏...

    2014年6月4日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    極点社会~新たな人口減少クライシス~

    火曜ブログ 地域の未来を考える             2014年6月3日(火)極点社会~新たな人口減少クライシス~  2014年5月1日(木)のNHKテレビの「クローズアップ現代 極点社会~新たな人口クライシス~」でも、「地域」の人口減少の深刻な状況を伝えていました。 ここでは、具体的に、徳島県の三好市の例が放映されていました。三好では、今、若い女性が、どんどん、東京に流出しています。...

    2014年6月3日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    自治体の存続 人口減で厳しく

    月曜ブログ 地域の未来を考える             2014年6月2日(月)自治体の存続 人口減で厳しく 今日から、また、「地域の未来を考える」のブログを書きたいと思います。しかし、ここでは、未来を考える前に、まず、今日、明日の現実を見るのから始めねばならいないようです。 2014年5月9日(金)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「日本の人口が減ると、全国の地方自治体...

    2014年6月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その4)

    日曜ブログ 閑話休題                   2014年6月1日(日)八代目 林家正蔵 正本芝居噺の世界(その4) 林家正蔵 正本芝居噺を観賞して 圓朝が、当時、15日連続で話していた長編ものを、正蔵師匠は、1時間程度の噺にまとめています。そのため、噺の背景、人間関係などを、客にわかるように説明する必要があり、前半は、長い地語りになっているものが多いようです。 今、これを聞きますと...

    2014年6月1日

    椎野 潤