関連記事

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」維新の先導者同士の再会(その2)

    木曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」       2014年7月31日(木)維新の先導者同士の再会(その2)  日本の木材の流通は、複雑で不合理であり、古い体質が残存しています。日本各地の山で伐採された杉の良質材は、遥か遠隔地から、奈良の原木市場に運ばれ、「吉野杉」として、高値で売られます。 各地の檜は、小牧の原木市場に運ばれ、東濃檜として、高値で売られます。当然、本当の産地は隠蔽されます。...

    2014年7月31日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 維新の先導者同士の再会(その1)

    水曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年7月30日(水)維新の先導者同士の再会(その1)  木材維新と連動する建設維新の実現を目指していた時の同士、中尾由一さんと再会しました。私が、偶然、「その後どうしてる」と電話で話したのが、きっかけでした。中尾会長http://www.sgec.jp/gaiyou/aisatu.html 中尾さんは、私が70歳で早稲田大学を定年...

    2014年7月30日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 日本の未来に危機感を持つ若者達(その3) 林業女子会との出会い

    火曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年7月29日(火)日本の未来に危機感を持つ若者達(その3) 林業女子会との出会い このあと、林業女子会との出会いがありました。林業女子会@東京http://www.d-laboweb.jp/special/sp189/index2.html 東京大学の喜多恒介君が、林業女子会の杉山沙織さん(筑波大学卒)を紹介してくれました。杉山さ...

    2014年7月29日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 日本の未来に危機感を持つ若者達(その2) 若者と椎野塾のコラボレーション

    月曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」       2014年7月28日(月)日本の未来に危機感を持つ若者達(その2) 若者と椎野塾のコラボレーション椎野塾、2014年1月 例会 2014年1月の椎野塾には、徳本新之介君(早稲田大学)と喜多恒介君(東京大学)に出席してもらいました。そして、「50年後の日本を考える~未来を考え、われわれは、今、何を考え、何をなさねばならないか~」と題する講演をし...

    2014年7月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳家権太楼一門会(その2) 権太楼噺 子別れ(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月27日(日)落語 柳家権太楼一門会(その2)権太楼噺 子別れ(その2) ここから、亀が家に帰って、母親のお勝との対話の場面になります。この場面は、他の噺家の噺では、お勝が亀を叱る場面が多いのですが、この権太楼噺では、お勝が亀に、諄々と話して聴かせる時間が長く、叱る時は、厳しい表情で、短く、極めて強い口調で叱りました。 そ...

    2014年7月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳家権太楼一門会(その1) 権太噺楼 子別れ(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月26日(土)落語 柳家権太楼一門会(その1) 2014年6月28日(土)に、第16回、柳家権太楼一門会を見にいきました。場所は、水天宮の日本橋劇場でした。 幕が開くと、二つ目以上の一門の人達が黒紋付の盛装で、並んで挨拶しました。権太楼一門も、随分、弟子が育ってきています。 この日は昼の部と夜の部がありましたが、夜の部の演...

    2014年7月26日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 日本の未来に危機感を持つ若者達(その1) ブログの発信 若者達との出会い

    金曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」       2014年7月25日(金)日本の未来に危機感を持つ若者達(その1) ブログの発信 若者達との出会いブログの発信 私は、「50年後の日本の未来」を心配して、2012年4月から、毎日、ブログを書いて来ました。それは「今、私が、心の底に持っている日本と日本人の未来への危機感」と「今、良く考えて、やっておかねばならないこと」を、ブログに書き綴り、主と...

    2014年7月25日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 日本の未来を左右する鍵 林業再生

    木曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年7月24日(木)日本の未来を左右する鍵 林業再生 今日から、また、一つ、新しいブログシリーズを開始します。「林業の再生が拓く日本の未来」です。このブログシリーズから、日本の未来を真剣に危惧している、二人の若者の支援を得て、進めていきたいと思います。 その支援者は、林業女子東京の杉山沙織さんと平井一樹君です。この若い二人の支援を受...

    2014年7月24日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その7) あなたの思い描く未来

    水曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月23日(水)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その7)あなたの思い描く未来 この番組では、最後に「あなたの思い描く未来は」という問いを、出演者に発していました。ここには、大変、印象的な言葉もありました。 「思い描く未来社会は、人とロボットが助け会う社会。ポジティブな生活の実現。」 また、石黒教授の言葉が、心に響きました...

    2014年7月23日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その6) 超高齢化社会の救世主ロボット

    火曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月22日(火)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その6)超高齢化社会の救世主ロボット 超高齢化社会で救世主となると思われるロボットも、紹介されました。足が弱ってきた人が、足に装着することによって、足の力を増強するロボットも出てきました。これは、7月7日~10日のブログで紹介した「パワーアシストロボット」です。 このような...

    2014年7月22日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その5) 「何もできないけど、だけど」

    月曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月21日(月)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その5)「何もできないけど、だけど」 「何もできないけど、だけど」と言うロボットが登場しました。このロボットは、確かに「何もできない」ロボットのように見えます。しかし、「自身は何もできない」ものが、何故、重要なのか、これは「人間および人間社会で、本当に重要なものは、一体何か...

    2014年7月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 東西落語会 正雀・文我(その4) 桂文我(2)能狂言

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月20日(日)落語 東西落語会 正雀・文我(その4)桂文我(2)能狂言 桂文我師匠の第二席目は、「能狂言」でした。この噺は、元々、上方の噺です。三代目三遊亭圓馬が、上方から東京の六代目三遊亭圓生に伝えましたが、圓生の後、高座に上げるものは、いなかったようです。従って、現在、東京では、この噺を聞くことはできません。 あらすじ...

    2014年7月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 東西落語会 正雀・文我(その3) 桂文我(1)親子茶屋

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月19日(土)落語 東西落語会 正雀・文我(その3)桂文我(1)親子茶屋 桂文我師匠の第一席目は、「親子茶屋」でした。この噺の原話は、1767年(明和4年)の笑話本「友達ばなし」の中の一遍「中の町(なかのちょう)」だと言われています。 東京では、舞台を吉原へ移して「夜桜」の演題で演じられます。東京での「夜桜」も珍しい噺です...

    2014年7月19日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その4) 偉大な同僚ロボット

    金曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月18日(金)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その4)偉大な同僚ロボット 偉大な同僚ロボットも開発され、実用化されています。この番組では、病院の薬剤師の偉大な同僚として働いている「ホスピー」が紹介されました。 「ホスピー」は、薬の「お届け係」です。薬剤師が、薬をホスピーに乗せて、行き先ボタンを押すと、確実に、素早く、目...

    2014年7月18日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その3) 人間を越えるロボット

    木曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月17日(木)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その3)人間を越えるロボット 人間の能力を越えるロボットも開発されています。データの記憶容量、膨大なデータの解析では、ロボットは、人間をはるかに越えています。 将棋の電脳戦は、このところ、ロボットが連戦連勝です。それは、ロボットが持つ「機械学習」という能力によるものです。ロ...

    2014年7月17日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その2) アンドロイドの名作「ミナミちゃん」

    水曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月16日(水)NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その2)アンドロイドの名作「ミナミちゃん」 「不気味の谷」を越えた可愛い女の子のロボット「ミナミちゃん」が、デパートの売り場で、お薦め品をおすすめする実証実験が、おこなわれました。この実験では、述べ900人と接客し、36万円を売上げました。 優秀な売上成績です。テレビに出て...

    2014年7月16日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    NHKテレビ「おどろきのロボット大集合」(その1) からくり人形

    火曜ブログ 「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年7月15日(火) 今日から、新しいブログを始めます。「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」です。近年、ロボットの開発と利用の進展は、目覚ましいものがあります。これから、これを辿って、ブログを書いて行きたいと思います。 なお、2014年7月7日~10日のブログ「パワーアシストロボット 社会を変える」にも、ロボットの最新情報を、掲載してい...

    2014年7月15日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    東京に残る伝統的な商店街 「谷中銀座」

    月曜ブログ 商店街まちづくり              2014年7月14日(月)東京に残る伝統的な商店街 「谷中銀座」 東京に、今なお残る、伝統的な商店街を見たいと思い見に行きました。 過日、上野公園の中にある、独立行政法人国立文化財機構、東京文化財研究所に、落語家、林家正雀さんの演ずる伝統芸能、「正本芝居噺」を聞きに行った時、すぐ近くにある、「谷中銀座」という商店街を見にいきました。 ここは、...

    2014年7月14日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 東西落語会 正雀・文我(その2) 林家正雀(2)旅の里扶持

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月13日(日)落語 東西落語会 正雀・文我(その2)林家正雀(2)旅の里扶持 正雀師匠の第二席目は、「旅の里扶持」でした。「里扶持」というのは、里子に出した子供の養育料のことです。 この噺は、劇作家長谷川伸作の「人情噺」で、彦六師の大師匠、三代目林家正蔵を主人公とした噺です。この噺の主人公(林家正喬、後の三代目林家正蔵)は...

    2014年7月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 東西落語会 正雀・文我(その1) 東西落語会

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月12日(土)落語 東西落語会 正雀・文我(その1)東西落語会 2014年6月22日(日)、林家正雀師匠と、上方の働き盛りの落語家、桂文我師匠の二人会を見にいきました。 正雀師匠は、古典落語を継承する東京の重鎮ですが、一方の文我師匠も、上方の昭和の名人と言われた、2代目桂枝雀の弟子で、今、働き盛りの逸物です。芸風は、本格古...

    2014年7月12日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の活性化を考える(その4) 社会起業家

    金曜ブログ 商店街まちづくり              2014年7月11日(金)商店街の活性化を考える(その4)社会起業家 話が、ここまで進んできますと、今、経営学分野で話題になっている「社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)」という視点が、重要になるでしょう。 社会起業家とは、社会変革の担い手として、社会の課題を、事業によって解決する人を言います。ここで社会起業家は、社会の問題点を認識し、...

    2014年7月11日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の活性化を考える(その3) フランチャイズの展開

    木曜ブログ 商店街まちづくり              2014年7月10日(木)商店街の活性化を考える(その3)フランチャイズの展開 昨日のブログで述べましたような、一人の起業家の小さな店が、活性ある商店街の糸口になるという視点は重要ですが、これを広く展開して行こうと思うのなら、その方策が必要でしょう。 これをビジネスとして、広く展開するとすれば、まず、フランチャイズを考えねばならないでしょう。...

    2014年7月10日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の活性化を考える(その2) 起業家が生む「生きている社会」

    水曜ブログ 商店街まちづくり                2014年7月9日(水)商店街の活性化を考える(その2)起業家が生む「生きている社会」 昨日のブログでは、一人の起業家が開いた個性豊な小さい店が、次々と起業家を誘発する姿について述べましたが、このような社会は「生きている社会」なのです。 ここで社会が生きているとは、どう言うことか、ちょっと、簡単に述べておきましょう。私は、清水 博博士の...

    2014年7月9日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    商店街の活性化を考える(その1) 東京の「地域」の商店街の活性化

    火曜ブログ 商店街まちづくり               2014年7月8日(火)商店街の活性化を考える(その1)東京の「地域」の商店街の活性化 6月25日から書き始めてきた、この「商店街のまちづくり」のブログですが、実際の商店街の活性化は、どうしたら良いのでしょうか。どんな段取りで進めるべきでしょうか。私は、まず、最初の試行としては、「東京」の「地域」の商店街の活性化から、始めてみたらどうかと考...

    2014年7月8日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    東京にも「ムラ」がある(その2)

    月曜ブログ 商店街まちづくり                2014年7月7日(月)東京にも「ムラ」がある(その2) もう一つ、同じ建設業者で、東京にも「ムラ」があると、実感したことがあります。それは、建設業の生態系「建設生態系」を調べて歩いていた時のことです。 インターネットによるマッチングサイトで、三和建設(本社、大阪)が、明電社(川越市)に、電気工事を発注したのを、見に行きました。 建築生産...

    2014年7月7日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 目白夜会~月下美人~(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月6日(日)落語 目白夜会~月下美人~(その2)ひとり酒盛り  この日のゲスト、柳家権太楼は、「ひとり酒盛り」を話しました。この人の話は、本当に面白いです。この人の手にかかると、その噺そのものが、無上に面白いものに変身するのです。笑顔を絶やさず、その笑顔が、様々な感情を表現します。この「ひとり酒盛り」も、とびきり、面白か...

    2014年7月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 目白夜会~月下美人~(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年7月5日(土)落語 目白夜会~月下美人~(その1) 2014年6月20日(金)「目白夜会~月下美人~」落語会を聴きにいきました。これは円熟の落語家、柳家小満ん師匠の定例落語会で、本当の落語通の客が集まっています。この日のゲストは、当代一の面白い噺を話す、柳家権太楼師匠でした。 会場は、目白の赤鳥庵でした。JRの目白駅から徒歩...

    2014年7月5日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    東京にも「ムラ」がある(その1)

    金曜ブログ 商店街まちづくり               2014年7月4日(金)東京にも「ムラ」がある(その1) 私はこれまでに、主として、県庁所在地から、市町村、集落、限界集落での「ムラ」のことを述べてきましたが、実は、東京にも「ムラ」があるのです。 私が、これを実感したのは、建設産業においてでした。最初に、それを感じたのは、私が勤務していた早稲田大学の地元、早稲田の地場業者でした。それは、東...

    2014年7月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 盛夏吉例 圓朝祭(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」                  2014年8月3日(日)落語 盛夏吉例 圓朝祭(その1) 2014年7月20日(日)、盛夏吉例 圓朝祭に出掛けました。これは、明治時代に、近代落語の礎を築いた、三遊亭圓朝をしのんで、毎年、開催されており、落語ファンにとっては、楽しみな夏の風物詩です。 圓朝祭は、「東横落語会」の特別講演として、1957年(昭和32年)に始まりました。...

    2014年7月3日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    新しい街づくりのコーディネーター

    木曜ブログ 商店街まちづくり               2014年7月3日(木)新しい街づくりのコーディネーター ところで、この商店街での「心のつながり」の意味は、かっての商店街のものとは、かなり違います。かっての商店街の強い心のつながりの中心は、商店主達が、百貨店に対抗するため、また、中央資本の侵入を防止するための団結でした。 しかし、かっての商店街の心のつながりは、それだけではありませんでし...

    2014年7月3日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    新しい商店街の機能

    水曜ブログ 商店街まちづくり               2014年7月2日(水)新しい商店街の機能 ここで、商店街そのものの機能は、これまでとは、かなり違ったものになります。これまでの商店は、何か「物」を「売る」ところであり、商店街とは、専門店が道路沿いに分業して並んで軒を連ね、百貨店に対抗するものとして作られたものでした。 ここで考えている「商店街」では、「物」を「売る」ことは、ほとんど、なく...

    2014年7月2日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    「地域」の入れ子構造

    火曜ブログ 商店街まちづくり               2014年7月1日(火)「地域」の入れ子構造 昨日のブログに、「人と人の接する『地域の小さな拠点』を、沢山作らねばならない」と書きましたが、ここで「地域」という言葉は、入れ子構造をなしています。 すなわち、○○県というのも「地域」ですが、○○市も「地域」です。この○○市の中にも、「地域」があります。特に、平成の大合併で成立した「地域」では、...

    2014年7月1日

    椎野 潤