関連記事

  • 閑話休題

    落語 目白夜会~鳳仙花~(その3) 品川心中

    日曜ブログ 「閑話休題」               2014年8月31日(日)落語 目白夜会~鳳仙花~(その3)品川心中 小満ん師匠の第二席目は、「品川心中」でした。この噺は、いろいろなところで良く聞きますが、今まで、何度も聞いていた噺とは、なにか、大分、違う印象でした。それは、小満ん師匠が、主人公の男女の姿を、明確に描き切っており、二人の人物の心の動きが、良くわかったからでしょう。 あらすじは...

    2014年8月31日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 目白夜会~鳳仙花~(その2)

    土曜ブログ 「閑話休題」               2014年8月30日(土)落語 目白夜会~鳳仙花~(その2) 目白夜会~鳳仙花~、この日の演目は、以下の通りでした。(1)柳家小満ん    幽女買い(2)柳家 三三    蜘蛛駕籠(3)柳家小満ん    品川心中幽女買い これは珍しい噺です。私は、はじめて、聴きました。立川談志のCD等が売られていますが、最近、高座では聞いたことがありません。技...

    2014年8月30日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    こんな街なら産みたい(その2) 打開策はある

    金曜ブログ 「ウエルカム赤ちゃん」            2014年8月29日(金)こんな街なら産みたい(その2)打開策はある このような人口減少の危機において、打開策はあるようです。新聞は、その例として、以下のように書いています。 「状況打開のモデルはある。石川県川北街は若年女性人口の予測増加率が15.8%と全国一。出生率も1.62(08~12年平均)と国を上回る。人口は6295人と1980年の...

    2014年8月29日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    こんな街なら産みたい(その1)

    木曜ブログ 「ウエルカム赤ちゃん」            2014年8月28日(木)こんな街なら産みたい(その1) 少子化が続く日本、今、日本の社会は、子供を産みにくい社会になっています。なんとか、子供を産みやすい社会にしなければなりません。 2014年8月18日の日本経済新聞に、「ウエルカム赤ちゃん」「こんな街なら子供を産みたい」という、見出しを見つけました。この機会に、これを表題とするブログシ...

    2014年8月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業の企業化が必要

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」            2014年8月27日(水)農業の企業化が必要 ところで、昨日取り上げた新聞(8月17日、日経)に、JA秋田おばこのコメ輸出を担って来たコメ卸、神明ホールディングの藤尾益雄氏のインタビュー記事が出ていました。これを、拾い読みし考えさせていただきます。 「ブランド競争をどう考えますか。」――「そもそも各地で闇雲にコシヒカリをつくってきたことがお...

    2014年8月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    高品質の米の輸出 海外を攻める

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」            2014年8月26日(火)高品質の米の輸出 海外を攻める 2014年8月17日(日)の日本経済新聞に、以下の記事がありました。 「少子高齢化で需要が減り続ける国内に代わり、日本のコメのブランド力がこれから試されるのが海外市場だ。その先頭を走るのが、秋田県大仙市の秋田おばこ農業共同組合(JA秋田おばこ)。今年とれるコメで輸出を見込んでいる量は...

    2014年8月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    中小の事業継承を円滑に

    月曜ブログ 「日本の未来を考える」            2014年8月25日(月)中小の事業継承を円滑に 2014年8月15日(金)の日本経済新聞の朝刊に以下の記事がありました。 「政府は、中小・零細企業が後継者を見つけやすくなるよう後押しする。親族ではない従業員が事業を引き継ぐ例が増えているため、親族以外に対しても会社の株式を時価よりやすく譲れるよう法改正する。」 「株式を譲る際かかる贈与税の...

    2014年8月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 目白夜会~鳳仙花~(その1)

    日曜ブログ 「閑話休題」               2014年8月24日(日)落語 目白夜会~鳳仙花~(その1) 2014年8月18日(月)、目白夜会~鳳仙花~を、聴きにいきました。これは、柳家小満ん師匠が、二カ月に一回、熱心なファンを集めて開いている、小じんまりした落語会です。この会は、目白庭園、赤鳥庵で、いつも、夕方から開かれているもので、レベルの高い落語ファンが集まっています。 この日のゲ...

    2014年8月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 神楽坂二人会

    土曜ブログ 「閑話休題」               2014年8月23日(土)落語 神楽坂二人会 2014年7月6日、毎年恒例の神楽坂の夏のお祭り、神楽坂落語会を見にいきました。私は、二人会の夜席を見にいきましたが、出演者は、例年通り入船亭扇辰と柳家三三でした。 この二人は名コンビです。毎年、見ていますと、二人の成長が、良くわかります。一流の噺家は、一流になってからも、なお、成長を続けています。...

    2014年8月23日

    椎野 潤

  • 商店街まちづくり

    コンビニにおけるサービスのフランチャイズ展開、ローソンの介護サービス

    金曜ブログ 「商店街のまちづくり」           2014年8月22日(金)コンビニにおけるサービスのフランチャイズ展開、ローソンの介護サービス 2014年8月16日(土)の日本経済新聞に、以下の記事がのっていました。 「ローソンは高齢者や居宅介護者を支援するコンビニエンスストアを2015年から出店する。昼間はケアーマネージャーが常駐し生活支援を助言したり、介護に必要なサービスや施設の紹...

    2014年8月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    所有者不明の森林・農地 2050年に最大57万ヘクタール

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」           2014年8月21日(木)所有者不明の森林・農地 2050年に最大57万ヘクタール 所有者不明の森林・農地の予測の推計ができたようです。2014年8月14日の日本経済新聞に、以下の記事がありました。 「相続時に、登記手続きがされず、国や自治体が所有者を把握できなくなる森林や農地が2050年までに最大で57万ヘクタールとなることが13日...

    2014年8月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    女性配送員2万人 ヤマト 主婦採用し5割増

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」           2014年8月20日(水)女性配送員2万人 ヤマト 主婦採用し5割増 先日、佐川急便が、主婦1万人を採用すると報じられていましたが、ヤマト運輸も、同様な施策を始めるようです。 2014年8月13日の日本経済新聞に、以下の記事が出ていました。 「ヤマト運輸は配送の効率化に向け、女性配送員を今後3年で5割増やし2万人体制にする。3~4人がチー...

    2014年8月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    90億人の胃袋 満たせ (その3) 遺伝子組み換え食品に関する情報不足

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」           2014年8月19日(火)90億人の胃袋 満たせ (その3)遺伝子組み換え食品に関する情報不足 人間は食物が、毒かどうかは、食べてみないとわかりません。ですから、食べたことのないものは、本来、怖くて食べられません。すなわち、食品産業は、きわめて、保守的なのです。人々が食べた歴史のないものは、基本的に売れません。 このようなことから、バイオ...

    2014年8月19日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その3) 長期国家経営戦略

    月曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月18日(月)林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その3)長期国家経営戦略 10年間の中期経営戦略が、2024年に終了したら、その先の戦略を考えねばなりません。これをここでは、長期国家経営戦略と呼んでおきましょう。本当は、50年先位までを考えるべきなのですが、ここでは、もう10年先の2034年までで、考えておきま...

    2014年8月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その2) 新作舞踏劇 SOU ~創~

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年8月17日(日)歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その2)新作舞踏劇 SOU ~創~ 今、日本と日本人を凄いと思い、それが形成されてきた歴史を整理し、その美質を大切に守りつつ、これからの激動の世界の中で、日本人が一層凄い社会を築いていく活動に、参加したいと考えています。 そのような中で、日本の発祥の原点である「古事記」に、強い...

    2014年8月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その1) 義経千本桜 河連法眼館の段

    土曜ブログ「閑話休題」                2014年8月16日(土)歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その1)義経千本桜 河連法眼館の段 2014年8月8日(金)、久しぶりに、新橋演舞場へ家内と歌舞伎を観にいきました。市川海老蔵 第二回自主公演です。私は、この歌舞伎に、凄い元気をもらいました。物凄く新鮮だったのです。 この日の演目は、以下の二つです。(1)義経千本桜 河連法眼館の段(...

    2014年8月16日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その2) 今が正念場

    金曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月15日(金)林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その2)今が正念場 この戦略を実行するには、「品質・コストで勝つ実行計画」、そのための「機械設備投資」、「人材育成」「路網整備」「最新鋭林業機械の導入」「ロジスティクスの改革(物流・商流の合理化)」などの実行計画を、各県ごと、徳島県のように策定して実行しなければな...

    2014年8月15日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その1)

    木曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月14日(木)林業の再生に基盤をおいた日本国の中長期国家経営戦略(その1) 8月7日(木)のブログに、徳島県の長期経営計画について書きました。徳島県は、中期の視点に立ち、県全体の計画を立て、実行計画を実施していました。 私は、これは立派な中期経営計画だなと思いました。これを延長すれば、立派な長期経営計画が出来るなと思いました。徳...

    2014年8月14日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    日本一の林業地、宮崎県(その2)

    水曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月13日(水)日本一の林業地、宮崎県(その2) 宮崎県は、大きな森林蓄積と森林成長を持ち、製材工場の大型化も進んでいます。これを、支えて来たのは、県の素材生産能力です。 「宮崎県は行政が早くから、林内路網整備の重要性を意識し、積極的な後押しを進めてきました。これにより、林内路網密度は長年、全国一位を継続しています。2011年末の...

    2014年8月13日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    日本一の林業地、宮崎県(その1)

    火曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月12日(火)日本一の林業地、宮崎県(その1) 杖をついた中尾さんが、私に託して行った、もう一つのことは、「宮崎県」の調査でした。中尾さんは「日本の林業のために、宮崎県に頑張ってもらわねば」と、宮崎県に、強い期待を寄せておられました。 徳島県は、戦時中に木を伐り過ぎて、林業が衰退し、今、一生懸命に再建中の県です。県を上げての経営...

    2014年8月12日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その4)

    月曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」        2014年8月11日(月)林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その4)短期経営戦略ならびに行動計画(2)木材加工この「徳島モデル」において、「木材加工」は重要です。徳島県では、木材の「根元から梢まで」の総合利用体制の確立を、早くも2007年に表明し、A材は、製材工場・プレカット工場、B材は、合板工場、C材は、MDF工場と整理しました。そして...

    2014年8月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 盛夏吉例 圓朝祭(その3)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年8月10日(日)落語 盛夏吉例 圓朝祭(その3) 仲入後の最初の高座は、三遊亭歌之助でした。演目は、「竹の水仙」です。三遊亭歌之助は、爆笑派の代表的な噺家です。圧倒的なエネルギーで、次々と面白い言葉を鉄砲玉のように吐き出し、人々を抱腹転倒笑わせます。 しかし、この日のトリが、柳家権太楼でした。この師匠は、当代一の爆笑王ですが...

    2014年8月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 盛夏吉例 圓朝祭(その2)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2014年8月9日(土)落語 盛夏吉例 圓朝祭(その2) 今年の圓朝祭の三人目は、上方の落語家の桂米團治でした。桂米團治は、人間国宝、桂米朝の息子です。 まくらで、父親の話をしました。桂米朝は、この日、最初に高座にあがった林家三平の父親(先代、三平)と同い年で、先代三平が亡くなって、もう、33年たちます。一方の米朝は健在で、現在、8...

    2014年8月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その2) 新作舞踏劇 SOU ~創~

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年8月17日(日)歌舞伎 市川海老蔵 第二回自主公演(その2)新作舞踏劇 SOU ~創~ 今、日本と日本人を凄いと思い、それが形成されてきた歴史を整理し、その美質を大切に守りつつ、これからの激動の世界の中で、日本人が一層凄い社会を築いていく活動に、参加したいと考えています。 そのような中で、日本の発祥の原点である「古事記」に、強い感心を...

    2014年8月8日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その3)

    金曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月8日(金)林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その3)短期経営戦略ならびに行動計画(1) このような経営戦略は、実際に行動が伴わなければ、意味がありません。徳島県では、2011年から、2014年の4年間の短期経営戦略を立案し、さらに、具体的な行動計画(参考資料1、参照)を定め、着実に進めています。 この行動計画では、「林業生...

    2014年8月8日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その2)

    木曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月7日(木)林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その2)徳島県林業再生経営戦略 徳島県は、「次世代林業プロジェクト」と名づけて、林業再生モデルの構築を進めています。これは、県の林業再生の経営戦略です。各県が、このような経営戦略を策定し、これをまとめて、国が経営戦略を定めれば、林業再生は実現するのです。 徳島県は、2011年から...

    2014年8月7日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その1)

    水曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月6日(水)林業再生の希望モデル「徳島モデル」(その1) 徳島は、木頭杉の産地として古くから有名です。しかし、戦争中の乱伐で、山はすっかり荒廃してしまいました。地元は早くから、その状況に危機感をもち、終戦直後から植林に努力してきました。そのため、植えた杉は他県に比べて、早く収穫期に入っています。 中尾さんは、徳島県の生まれで、...

    2014年8月6日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 維新の先導者同士の再会(その5) 林業再生の希望のモデル「徳島モデル」(2)

    火曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月5日(火)維新の先導者同士の再会(その5) 林業再生の希望のモデル「徳島モデル」(2)  昨日のブログで、山で伐採された樹木は、A材、B材、C材に、わけて利用されることを述べました。この内、B材、C材は、作られる製品が標準品ですから、適切な販売システムが構築されれば、大規模工場は建設しやすいのです。 しかし、A材によって加...

    2014年8月5日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 維新の先導者同士の再会(その4) 林業再生の希望のモデル「徳島モデル」(1)

    月曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月4日(月)維新の先導者同士の再会(その4) 林業再生の希望のモデル「徳島モデル」(1) 林業で生産される木材は、何らかの最終製品を作るための原材料です。ですから、林業を、経営計画に基づいて経営するには、木材を安定的に買い取ってくれる、取引先が必要です。 ところで、山に生えている杉などの樹木は、伐採された後、大きく三つにわけて...

    2014年8月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 盛夏吉例 圓朝祭(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」                  2014年8月3日(日)落語 盛夏吉例 圓朝祭(その1) 2014年7月20日(日)、盛夏吉例 圓朝祭に出掛けました。これは、明治時代に、近代落語の礎を築いた、三遊亭圓朝をしのんで、毎年、開催されており、落語ファンにとっては、楽しみな夏の風物詩です。 圓朝祭は、「東横落語会」の特別講演として、1957年(昭和32年)に始まりました。...

    2014年8月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 文月講演

    土曜ブログ「閑話休題」                  2014年8月2日(土)落語 日本演芸若手研精会 文月講演 2014年7月3日(木)に、第395回、日本演芸若手研精会 文月講演を見に行きました。https://www.geikyo.com/schedule/rakugo_detail.php?id=12427  この日演目は、以下の通りでした。(1)柳亭  こみち   浮世床(2...

    2014年8月2日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業の再生が拓く日本の未来」 維新の先導者同士の再会(その3) 国産認証材利用促進協議会

    金曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来」         2014年8月1日(金)維新の先導者同士の再会(その3) 国産認証材利用促進協議会 中尾さんは、この日、沢山の資料を持ってきてくれました。その中に国産材認証利用促進協議会のパンフレットがありました。 中尾さんは、この団体の会長を設立以来勤めており、現在も現役です。説明をうかがいましたが、この組織の設立目的と活動は、このパンフレットに良く...

    2014年8月1日

    椎野 潤