関連記事

  • 日本の未来を考える

    郵便局に認可保育所

    金曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年10月31日(金)郵便局に認可保育所 インターネットのネット通販が急増しており、BtoCの配送ロジスティクスの需要が急増しています。アマゾンなどでは、午前中に発注したものが、その日の内に配達されるなど、配達速度も、著しく早くなっています。 そのために、大規模な物流センターや、自動ビッキングシステム、自動梱包システムなどのロジスティクスシ...

    2014年10月31日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    イオン 農地バンク活用 コメ大規模生産へ

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年10月30日(木)イオン 農地バンク活用 コメ大規模生産へ 2014年10月7日(火)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事がありました。 「イオンはコメの生産に参入する。まとめて借り上げた農地を意欲ある生産者に貸す政府の『農地バンク』を活用し、埼玉県羽生市で2015年から栽培を始める。小売り大手が農地バンクを使ってコメ生産に参入する...

    2014年10月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ブラジルと共同で 交番 中米に輸出

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年10月29日(水)ブラジルと共同で 交番 中米に輸出 2014年10月7日(火)の日本経済新聞社の夕刊に、以下の記事が出ていました。 「政府はブラジルと共同で中米諸国への日本式交番の導入を支援する。日本の協力で交番制度の導入を進めるブラジルをモデルに、2015年からエルサルバドルなど数カ国の治安改善を後押しする。」 これは、日本な...

    2014年10月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    男性の育休 100人超6社

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年10月28日(火)男性の育休 100人超6社 2014年10月6日(月)の日本経済新聞社に、以下の記事がのっていました。 「日本経済新聞社は5日、社員の働く意欲を引き出している企業を評価する2014年の「人を活(い)かす会社」調査をまとめた。13年度に育児休暇を取得した男性社員数は日本生命保健の503人を筆頭に、旭化成や三菱東京U...

    2014年10月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農産物輸出に基金 現地に倉庫、野菜工場

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年10月27日(月)農産物輸出に基金 現地に倉庫、野菜工場 2014年10月6日(月)の日本経済新聞社に、以下の記事がのっていました。 「農林中央金庫などJAグループは農産物の中東向け輸出を増やすために、今年度中にみずほ銀行と組んで総額500億円のファンドを設立する。現地に野菜や果物を貯蔵する冷蔵・冷凍倉庫を設置するなど、日本の農産物が受...

    2014年10月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 錦秋恒例 権太楼ざんまい(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年10月26日(日)落語 錦秋恒例 権太楼ざんまい(その2)富久 権太楼師匠の第2話は「富久」でした。この噺は、江戸時代の実話をもとに、三遊亭圓朝が創作したものだと言われていますが、速記もなく、よくわかりません。 八代目桂文楽のこの噺は、名人芸だったと伝えられています。また、この文楽噺と対照的な個性的な噺を、古今亭志ん生が話していた...

    2014年10月26日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 錦秋恒例 権太楼ざんまい(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2014年10月25日(土)落語 錦秋恒例 権太楼ざんまい(その1) 2014年10月20日(月)柳家権太楼師匠の「権太楼ざんまい」を聴きに行きました。場所は、水天宮の日本橋社会教育会館でした。 この日の演目は、以下の通りです。(1)柳家さん光 悋気の独楽(2)柳家権太楼 睨み返し(3)柳家権太楼 富久 最初は、柳家さん光の悋気の独楽でした。さん...

    2014年10月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人を活かす会社 SCSKが首位に トップ主導で残業削減

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年10月24日(金)人を活かす会社 SCSKが首位に トップ主導で残業削減 日本経済新聞社がまとめた2014年度の「人を活かす会社」調査の総合ランキングで、SCSKが首位になりました。 2014年10月6日(月)の日本経済新聞の朝刊に以下の記事が出ていました。 「総合首位(前年調査2位)はSCSK。全4分野の評価中、3分野で上位5社...

    2014年10月24日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    チップに人体再現 薬効をチェック 動物実験の代わりに

    木曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の社会」      2014年10月23日(木)チップに人体再現 薬効をチェック 動物実験の代わりに 動物実験に使われる実験動物の代理をする「動物代理ロボット」が現われました。2014年10月6日(月)の日本経済新聞の夕刊は、以下のように書いていました。 「東海大学の木村啓志講師と東京大学の藤井輝夫教授らは、薬の効き目や副作用を調べる手のひらサイズの『人体チップ...

    2014年10月23日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    産業用ロボット 多能工時代

    水曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の社会」      2014年10月22日(水)産業用ロボット 多能工時代 産業用ロボットが進化し、熟練した人間の技術者にしか出来なかった複雑な作業も、出来るようになって来ているようです。2014年10月5日(日)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように書いています。 「様々な形状の部品の山から必要なものを取り出し、形や向きを判断して両腕を使って正確にはめ込む。ねじ...

    2014年10月22日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    高品質 木材輸出伸びる

    火曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年10月21日(火)高品質 木材輸出伸びる 高品質の国産木材の輸出が伸びているようです。嬉しい情報です。2014年10月4日(土)の日本経済新聞の夕刊に、以下の記事が出ていました。 「日本の木材輸出が拡大している。貿易統計によると1~8月の丸太輸出は前年同期比で2.4倍の約33万5千立方㍍となった。中国や韓国などで日本産の品質評価が...

    2014年10月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の中小 一丸で進出

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年10月20日(月)日本の中小 一丸で進出 日本の中小企業が、一丸となって、東南アジアへ進出する動きが広がっているようです。2014年10月2日(木)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「日本の中小企業が地域一丸となって東南アジアに進出する動きが広がっている。関西の企業はベトナムの賃貸工場に集まり現地向けの製品開発や営業に取り組...

    2014年10月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    江川文庫の集い

    日曜ブログ 「閑話気休題」              2014年10月19日(日)江川文庫の集い 2014年10月18日(土)、フジテレビ・本社屋 22階 フォーラムで、幕末の英雄、江川英龍の業績と歴史的意義をたどる会が開かれました。 私は、伊佐ホームズの伊佐 裕社長に招待され、出掛けました。この催では、まず、フジテレビの亀山千広社長の挨拶がありました。 この後、以下の二つの基調講演がありました...

    2014年10月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    市川海老蔵が紡ぐ和の世界~日本の伝統芸能が日本橋に集結~

    土曜ブログ「閑話気休題」              2014年10月18日(土)市川海老蔵が紡ぐ和の世界~日本の伝統芸能が日本橋に集結~ 2014年10月15日(水)、市川海老蔵の新たな挑戦を観にいきました。この日の会場は、日本橋三井ホールでしたが、この「日本橋」は、現在の地名としての日本橋ではなく、もっと意味深いものでした。 会場で販売していた「Japan Teater 市川海老蔵が紡ぐ和の世界...

    2014年10月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    iPS治療17年度に拠点

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年10月17日(金)iPS治療17年度に拠点 2014年9月24日(水)の日本経済新聞の夕刊に、下記の記事が載っていました。 「政府は24日、関西圏の国家事業戦略特区で実施する医療分野の事業計画を決めた。iPS細胞を活用した目の治療拠点を神戸に設ける。来年から着工し2017年度に開業する見通し。 政府は第1弾の戦略特区として6地区...

    2014年10月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    マグロ完全養殖 最大級で

    木曜ブログ「地域の未来を考える」           2014年10月16日(木)マグロ完全養殖 最大級で マグロの完全養殖が、本格的に始まりました。マグロは乱獲で、資源が減ってきており、現在は約2.6万トンほどになっています。日本の水揚げ量も、年間8千トン前後で、30年前の1/6程度まで減っています。 そこで、マグロの養殖の努力が重ねられてきたのですが、これまでの養殖の主力は、海で生まれた...

    2014年10月16日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    老いる首都 団地が限界集落

    水曜ブログ「地域の未来を考える」           2014年10月15日(水)老いる首都 団地が限界集落 都市にいる人口の高齢化は、東京(首都圏)に限ったことではなく、どこも共通ですが、東京は、これが特にひどいようです。 戦後、地方から東京へ出てきて、一生懸命働き、東京での世帯の創業者となった人達が、いよいよ、高齢になってきました。 郊外の団地で、独居老人が増大し、家は空き家が急速に増えて...

    2014年10月15日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    さまざまな構造の変化(2)地域コミュニティの活性を保持した移転、地域の富の利用

    火曜ブログ「地域の未来を考える」          2014年10月14日(火)地方再生の視点(上) 人口減少に適応を 価値再発見して産業創造(その3)さまざまな構造の変化(2)地域コミュニティの活性を保持した移転、地域の富の利用地域コミュニティの活性を保持した移転 先日、テレビで、東日本大震災の復興の事例を放映していました。最初に、山元町の人達が、皆で話し合って、高台へ集団移転する計画を立ててい...

    2014年10月14日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    さまざまな構造の変化(1)働き方の変化と地域のコンパクト化

    月曜ブログ「地域の未来を考える」          2014年10月13日(月)地方再生の視点(上) 人口減少に適応を 価値再発見して産業創造(その2)さまざまな構造の変化(1)働き方の変化と地域のコンパクト化働き方の変化 大西 隆先生の論文を読んで、私がこれまで提唱してきた「人生三段階説」は、部分的には、修正した方が良いのではないかと思いはじめました。 すなわち、0歳から20歳代の初めまでは、勉...

    2014年10月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その4) 春風亭正太郎 たちきり(2)

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年10月12日(日))落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その4)春風亭正太郎 たちきり(2) 若旦那は、柳橋のお久という娘芸者と、いつしか、わりない仲となり、莫大な金を使いました。 若旦那が倉入りした日、お久は、若旦那と芝居を見に行く約束をしていました。でも、いくら待っても来てくれません。お久は、手紙を書いて「これを若...

    2014年10月12日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その3) 春風亭正太郎

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年10月11日(土)落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その3)春風亭正太郎 先週の土曜日(10月4日)のブログで紹介した「若手落語家の志と挑戦」と言う本には、研精会のメンバーの内、この春風亭正太郎君だけが入っていません。 正太郎君が、研精会に入ってきたとき、この本の原稿は、もう締め切りになっており、出版社に原稿が行っ...

    2014年10月11日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    2050年の人口 1億人

    金曜ブログ「地域の未来を考える」           2014年10月10日(金)地方再生の視点(上) 人口減少に適応を 価値再発見して産業創造(その1)2050年の人口 1億人 2014年9月25日(木)の日本経済新聞の朝刊の「地方再生の視点」欄に、豊橋技術科学大学の大西 隆学長が、論説を書かれていました。今日は、これを読ませていただいて、「地方再生」について、考えてみることにしましょう。 ...

    2014年10月10日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    街を小さく強く 宝石箱のようだった夜景、いまは穴があいている

    木曜ブログ「地域の未来を考える」           2014年10月9日(木)街を小さく強く 宝石箱のようだった夜景、いまは穴があいている 2014年9月24日(水)の日本経済新聞は、一面のトップに、次のように書いていました。 「人口減と高齢化が同時並行で急速に進む。先進国では例を見ない『人口病』が日本を覆い始めた。消える住民、衰える地域、失われる市場。衝撃を抑え、活力を保ち続けるには...

    2014年10月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    三菱商事、サケ養殖世界3位買収

    水曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年10月8日(水)三菱商事、サケ養殖世界3位買収 日本にも、水産業において国が長期の国家戦略を相談する頼りになる大企業が出現しました。2014年9月23日(火)の日本経済新聞は、以下の記事を掲載していました。 「世界を舞台に総合商社による水産物争奪線の号砲が鳴った。三菱商事は、22日、サケ養殖で世界3位のノールウェー企業、セルマ...

    2014年10月8日

    椎野 潤

  • 成熟社会における理想社会の構築

    アンチエイジング 何を、どう食べるか(その2)

    火曜ブログ「成熟社会における理想社会の構築」       2014年10月7日(火)アンチエイジング 何を、どう食べるか(その2) 今日のブログは、昨日のブログ「何を、どう食べるか」の続きです。(16)地中海料理と日本料理の共通点アメリカ人の調査では、地中海料理を食べている人の方が、アルツハイマー病のリスクが大幅に小さいことがわかりました。日本料理は、地中海料理と共通点が多いのですが、日本料理の方...

    2014年10月7日

    椎野 潤

  • 成熟社会における理想社会の構築

    アンチエイジング 何を、どう食べるか(その1)

    月曜ブログ「成熟社会における理想社会の構築」       2014年10月6日(月)アンチエイジング 何を、どう食べるか(その1) 私は、アンチエイジング料理を勉強するのに、最高の書を発見しました。白澤卓二著「100歳までボケない101の方法、脳とこころのアンチエイジング、文春新書「706」です。 この書では、アンチエイジングのための101の方法を提言していますが、その内、食事編として、「何を、ど...

    2014年10月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その2) 三笑亭夢吉 さんま火事

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年10月5日(日)落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その2)三笑亭夢吉 さんま火事 研精会、神無月講演での、三笑亭夢吉君の演題は、「さんま火事」でした。この日、最初に、高座に上がった入船亭遊一君が「目黒のさんま」でしたから、次の夢吉君も「さんま」を続けたのかもしれません。 同じ「さんま」でも、この噺は、珍しい噺です。...

    2014年10月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年10月4日(土)落語 日本演芸若手研精会 神無月講演(第398回)(その1) 2014年10月2日(木)、日本演芸若手研精会 神無月講演を観にいきました。前途有望な若手落語家(二つ目)達は、日々進化しています。皆が、競い会い、相乗効果を発揮し、皆一斉に進化します。皆、噺が確りしてきたなと感じる時もありますし、急に皆、面白くなったなと...

    2014年10月4日

    椎野 潤

  • 成熟社会における理想社会の構築

    生涯現役貫く PPK 加齢制御医学

    金曜ブログ「成熟社会における理想社会の構築」       2014年10月3日(金)生涯現役貫く PPK 加齢制御医学 昨日のブログでは、私の提唱する、人生三段階説に触れました。この三段階の内、60歳から90歳の30年間の第三期が「人生の総仕上げ」であり、最も重要でした。 結局、わが生涯を通して見たとき、この「総仕上げ期」に、なすべき目標をはっきり持ち、前向きに生き続けて、生涯現役を完遂することが...

    2014年10月3日

    椎野 潤

  • 成熟社会における理想社会の構築

    シニア共働き広がる

    木曜ブログ「成熟社会における理想社会の構築」       2014年10月2日(木)シニア共働き広がる 私は、人生、三段階説を提唱しています。すなわち、0歳から30歳は、生涯の準備期間、30歳から60歳は壮年期、60歳から90歳までは、わが生涯の総決算時期と考えています。 私は、ここで、その生涯の総決算期に人々が、目標を持ち生き甲斐を持って生きていくことが、きわめて重要だと考えています。そのために...

    2014年10月2日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    公共交通維持企業を支援

    水曜ブログ「地域の未来を考える」」            2014年10月1日(水)公共交通維持企業を支援 地域の人口減少が進み、都市が縮小します。しかも、高齢者が増える中で、この人達の住む社会を、快適に、かつ経済的にするために、公共交通の再建は、きわめて重要です。 高齢者が、近郊を移動できるようにする公共交通は、いよいよ、道路と同様のインフラストラクチャーと考えるべき時が来ました。 道路に設け...

    2014年10月1日

    椎野 潤