関連記事

  • 閑話休題

    落語 鈴本特選会 林家正雀 音曲噺 (その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年11月30日(日)落語 鈴本特選会 林家正雀 音曲噺 (その2)名医と名優 名医と名優は、林家正雀師匠が講談から、落語に直された噺です。正雀十八番の一つとの評価がある噺です。 ご存じのない方のために、簡単なあらすじを書いておきます。あらすじ 若い眼科医の半井源太郎(なからいげんたろう)、東海道金谷の宿で、旅籠に泊まりましたが、2...

    2014年11月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 鈴本特選会 林家正雀 音曲噺 (その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2014年11月29日(土)落語 鈴本特選会 林家正雀 音曲噺 (その1) 2014年11月18日(火)、落語の席亭「鈴本演芸場」に、林家正雀師匠の音曲噺を聞きに行きました。この日、正雀師匠の、力の限りを振り絞った熱演を聞き、凄く心を動かされました。忘れ難い熱演 この日の最後の高座「名医と名優」の中での歌舞伎の名優「中村歌右衛門」の口上の場面が凄...

    2014年11月29日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    自前のネット通販支援(その1)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年11月28日(金)自前のネット通販支援(その1) ネット通販が急速に増えており、今後、ますます、加速すると思われますが、ここに、新しい動きが出てきています。 一人で起業する人には、自分の手作りのもの等を、楽天など、大手の通販サイトに参加して売る人が多いのです。私が、数年前に調べた時の状況では、一人で手作りしていた小さな人形が、急に大量に...

    2014年11月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    アジアの医療機器の修理

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年11月27日(木)アジアの医療機器の修理 アジアの医療機器の修理を日本国内でする「逆転の発想のビジネス」が、始まったようです。今まで、多量生産で、商品が次々つと新商品に入れ代わっていた時代は、修理代は高く、新しい機能アップした商品に買い換えた方が得でした。 また、メーカーも、新品の売り上げを上げるため、あえて、修理を面倒臭くし、高い金額...

    2014年11月27日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    無人でも機械が「お仕事」

    水曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年11月26(水)無人でも機械が「お仕事」 農業機械のロボット化は、どんどん進んで行くようです。後継者がいないと悩む農業ですが、これからの後継者の農作業は、ロボット農機の同僚の助力で、仕事は、すっかり変わったものになるでしょう。 2014年11月1日(土)の日本経済新聞の夕刊の「変わる農」欄に、以下の記事がありました。 「ブォーン、ブ...

    2014年11月26日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    医療・介護ロボ 日本技術が道

    火曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2014年11月25日(火)医療・介護ロボ 日本技術が道 「6月に公開された政府の『日本再興戦略』は『ロボットによる新たな産業革命の実現』をうたい、医療・介護サービスの現場での活用を描いた。経済産業省の推計では、国内の介護ロボット市場は2015年の191億円から25年には3910億円に膨らむ。」 2014年10月30日(金)の日本経済新聞は、...

    2014年11月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    漢方薬 脱・中国探る

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年11月24日(月)漢方薬 脱・中国探る 漢方薬は、これまで中国産に頼っていましたが、東南アジア、中央アジアで生産して輸入する動きが出てきたようです。 2014年10月29日(水)の日本経済新聞に、以下の記事が出ていました。 「漢方薬の世界でも、脱・中国依存を探る動きが出てきた。日本の製薬会社は東南アジアや中央アジアで漢方薬の主原料になる...

    2014年11月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 霜月講演(第399)(その2) 入船亭遊一 片棒

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年11月23日(日)落語 日本演芸若手研精会 霜月講演(第399)(その2)入船亭遊一 片棒 この日の「トリ」は、入船亭遊一君でした。遊一君は、この一年、この研精会のリーダーで、皆を、まとめて来ました。良い経験をしました。それで、若い人をまとめる人物としての、落ち着きと風格が出てきました。 本当に礼儀正しく誠実な人柄で、師匠から伝授さ...

    2014年11月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 霜月講演(第399)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年11月22日(土)落語 日本演芸若手研精会 霜月講演(第399)(その1) 2014年11月10日(月)、日本演芸若手研精会 霜月講演を観にいきました。前途有望な若手落語家(二つ目)達は、日々進化しています。皆が、競い会い、相乗効果を発揮し、抜きつ抜かれつのマラソンの先頭争いのように、代わるがわるに、進化した姿を見せます。 皆、それ...

    2014年11月22日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    合板メーカー 輸出本格化

    金曜ブログ「林業再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年11月21日(金)合板メーカー 輸出本格化 国産材の利用の増大を図り、山間地域の雇用の確保を図りたい現在。そこで重要なB材加工先、「合板」の輸出が、最近、始まってきたようです。 合板は1950~60年代には、年間、30~45万㎥の輸出があり、素材輸出の花形と言われた時代もありましたが、その後、国際競争に負けて、合板は輸...

    2014年11月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    スーパー サミット 野菜を自社生産 耕作放棄地で白菜など

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月20日(木)スーパー サミット 野菜を自社生産 耕作放棄地で白菜など スーパー業界では、野菜を自社生産する動きが広がっています。スーパー大手、サミットの農業への参入が報道されました。 「食品スーパー大手、サミットは農業分野に参入する。山梨県の農場で白菜の自社生産を開始しており、11月中に収穫して都内の店舗で販売する計画だ。無...

    2014年11月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    訪日客の国内消費 最高

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年11月19日(水)訪日客の国内消費 最高 外国人の訪日は、ますます、好調なようです。2014年10月25日(土)の日本経済新聞が、報じています。 「日本政府観光局によると、2014年1~9月の訪日外国人客数は前年同期比26%増の973万人と、円安とアジアからの観光客の拡大を受け、過去最多ペースで推移している。」 「観光庁によると、4~6...

    2014年11月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本トイレ憧れの的 TOTO東南アジアでブランド戦略

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2014年11月18日(火)日本トイレ憧れの的 TOTO東南アジアでブランド戦略 日本の商品の世界一のブランドが定着しそうです。これは注目すべきことです。2014年10月24日(金)の日本経済新聞に、以下の記事がありました。 「宝飾品やアパレル、自動車など欧米企業が幅を利かせる高級ブランドビジネスにあって、日本企業が優位に立つ分野がある。東南アジ...

    2014年11月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    市民農園は農家予備校?

    月曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月17日(月)市民農園は農家予備校? 都市住民が農業に挑戦する市民農園が、今、急速に増加しています。 2014年10月22日(水)の日本経済新聞には、このことに関して、大きな記事が載っていました。特に、最近は、企業経営の市民農園が人気のようです。公営の市民農園のような、利用期間や利用区画の制限がなく、種苗や肥料も提供され、そ...

    2014年11月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 隅田川馬石 浅草演芸ホール11月上席 崇徳院

    日曜ブログ「閑話休題」                2014年11月16日(日)落語 隅田川馬石 浅草演芸ホール11月上席 崇徳院 2014年11月7日(金)、浅草演芸ホール11月上席に、隅田川馬石師匠の落語を観にいきました。馬石師匠は、夜の部の主任(トリ)でした。 2週間程前に、隅田川馬石師匠から、お手紙をいただきました。それは「この度、浅草演芸ホールの11月上席で、初めてトリをとります。是非...

    2014年11月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀口演 特集 復活噺 (11月)

    土曜ブログ「閑話休題」                2014年11月15日(土)落語 林家正雀口演 特集 復活噺 (11月) 2014年11月6日(木)、林家正雀口演 特集 復活噺を、聞きにいきました。場所は、お江戸日本橋亭です。 この日の演目は、以下の通りです。(1)開講一番    柳家花どん(2)落語      林家彦丸(3)ちきり伊勢屋  林家正雀(4)らくだ     林家正雀ちきり伊勢屋...

    2014年11月15日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    除染の難所 ロボット投入

    金曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の社会」      2014年11月14日(金)除染の難所 ロボット投入 2014年10月24日(金)の日本経済新聞は、放射能で人間が入ることの出来ない、原発事故の危険な場所での作業を、ロボットに行なわせる計画が、いよいよ、煮詰まってきたことを、報道しています。 「東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向け、東芝や三菱重工業などが2015年度から原子炉建屋内の放射...

    2014年11月14日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    人工筋肉をもっと自然に

    木曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の社会」      2014年11月13日(木)人工筋肉をもっと自然に 人間の重労働を助ける身につけるロボットが、介護現場、建設現場、みかん農家などで、使われ始めています。このロボットの人工筋肉の更なる開発が進みました。 2014年10月21日(火)の日本経済新聞に以下の記事が載っていました。 「東京工業大学のチームは人の太ももの筋肉が収縮する構造をまね、人間ら...

    2014年11月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その7) 売れる品種で販路確保

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月12日(水)日本のコメ文化の再建(その7) 売れる品種で販路確保 日本の農協や生産者も、ようやく、買い手に眼を向けるようになったようです。2014年10月24日(金)の日本経済新聞は、以下のように書いていました。 まず、価格競争力を重視し始めたのが注目されます。 「『北海道はゆめぴりかなど価格の高いコメに注力しているように思われ...

    2014年11月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その6) かまど炊きの味 再現せよ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月11日(火)日本のコメ文化の再建(その6) かまど炊きの味 再現せよ 炊飯器の60年にわたる、激しい開発競争と進化、そして、最高の味を出す最高級品が、世界の人達に支持されている現状を、昨日のブログに書きましたが、これは、日本に飯炊きの名人がいたから出来たのです。 2014年10月20日(月)の日本経済新聞に、この飯炊き名人、通称...

    2014年11月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その5) 世界に広がる炊飯器

    月曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月10日(月)日本のコメ文化の再建(その5) 世界に広がる炊飯器 日本の美味しいご飯を炊く、炊飯器が、世界に広がっています。2014年10月20日(月)の日本経済新聞は、以下のように書いていました。 「日本のコメを取り巻く環境は閉塞感が漂うが、炊飯や加工など周辺技術は世界の最先端を走る。例えば『おいしく』食べさせる炊飯器。その有力...

    2014年11月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    スマートライフで若返る 認知症の予防と食の楽しみ(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2014年11月9日(日)スマートライフで若返る 認知症の予防と食の楽しみ(その2) 前頭葉の病変を防ぐには、以下が重要です。(1)食べ過ぎないこと(2)体を動かすこと(3)生き甲斐を持って生きること 食べ過ぎないことについては、「食べ過ぎないように気をつけよう」と思っても、三日坊主になりやすいのです。それを、克服するコツは以下です。(1...

    2014年11月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    スマートライフで若返る 認知症の予防と食の楽しみ(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2014年11月8日(土)スマートライフで若返る 認知症の予防と食の楽しみ(その1) 2014年11月4日(火)、日本賢人会議所主催のアンチエージング(老化防止)に関する白澤卓二先生の講演を聞き、アンチエージングフード(老化防止食)をいただく会に出掛けました。 場所は、目黒雅叙園でした。久し振りに訪問して、建物が立派になっているのに驚きま...

    2014年11月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その4) 日本のコメ産業のグローバル展開

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月7日(金)日本のコメ文化の再建(その4) 日本のコメ産業のグローバル展開商社のビジネス感性 ~海外で育てて海外で売る~ 「この市場で事業が成り立つか」、これに一番敏感なのは、商社でしょう。「日本の農業を新産業に育てる」と言っても、商社が乗って来ないのは、それが難しいからでしょう。 しかし、その商社の本格的なコメ作りが始まっていま...

    2014年11月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その3) 挑戦しなければ、後継者はいなくなる

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年11月6日(木)日本のコメ文化の再建(その3) 挑戦しなければ、後継者はいなくなる 今、内需産業では、後継者の不在で、個人事業主の事業が廃業になることが多くなっています。私は、その理由の第一は、息子が父親を見ていて「あのような生涯は送りたくない」と思うことにあると感じています。 父親が高齢になっても、志を持ち、生き生きと挑戦す...

    2014年11月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その2) 高収量米の再登場 農作業の生産性向上

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月5日(水)日本のコメ文化の再建(その2) 高収量米の再登場 農作業の生産性向上 2014年10月18日(土)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)で、日本のコメの未来を変えるかもしれない品種の研究が進む。その名は『やまだわら』。10㌃当たりの収量は最多で...

    2014年11月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本のコメ文化の再建(その1) 多様な好みに合わせた新品種の開発

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月4日(火)日本のコメ文化の再建(その1) 多様な好みに合わせた新品種の開発 消費者の好みに会わせた新品種を開発し、販売システムを工夫して、顧客の購買意欲を刺激する、こんなマーケティングの当然のことが、ようやく、始まりました。 縄文時代から、経済の中心になってきた日本のコメ。縄文時代から江戸時代まで、コメは、貨幣に代わり富を示す基...

    2014年11月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    エネ・穀物輸入 10港に集中

    月曜ブログ「日本の未来を考える」           2014年11月3日(月)エネ・穀物輸入 10港に集中 2014年10月12日(日)の日本経済新聞に以下の記事がありました。 「国土交通省は円安で食糧やエネルギーなど原材料輸入の高コスト構造に懸念が強まっていることを踏まえ、海上輸送網の効率化に乗り出す。全国10港に集中的に投資し、穀物、石炭、鉄鉱石を大型船でまとめて輸入する取り組みを2018年...

    2014年11月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂宮治 独演会 「挑戦! 新・宮治本舗3」(その2) 居残り佐平次

    日曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年11月2日(日)落語 桂宮治 独演会 「挑戦! 新・宮治本舗3」(その2) 居残り佐平次 この独演会で、宮治君は「大工調べ」と「居残り佐平次」の二話を話しました。この二話とも、大変な熱演で、面白かったのですが、このブログでは、私が特に、凄いと思った「居残り佐平次」について書きます。 研精会の二つ目の8人の若者へのインタビューで、話を...

    2014年11月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂宮治 独演会 「挑戦! 新・宮治本舗3」(その1)

    土曜ブログ「日本の未来を考える」             2014年11月1日(土)落語 桂宮治 独演会 「挑戦! 新・宮治本舗3」(その1) 2014年10月22日(水)、桂 宮治君の独演会を聞きにいきました。場所は国立劇場演芸場でした。 私は、今、日本演芸若手研精会を応援しています。この研精会は、民間の篤志家、稲葉守治氏によって設立され、私財を投じて育てられ、多くの大噺家を育てました。今...

    2014年11月1日

    椎野 潤