関連記事

  • 閑話休題

    落語 恒例 権太楼ざんまい(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年1月31日(土)落語 恒例 権太楼ざんまい(その1) 2015年1月30日(金)柳家権太楼師匠の「権太楼ざんまい」を聴きに行きました。場所は、水天宮の日本橋社会教育会館でした。 この日の演目は、以下の通りです。(1)柳家さん光 粗忽の釘(2)柳家権太楼 二番煎じ(3)柳家権太楼 佃祭り 最初は、柳家さん光の「粗忽の釘」でした。さん...

    2015年1月31日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    林業と子育てを結びつけた地域振興

    金曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月30日(金)林業と子育てを結びつけた地域振興 各地の自治体の間で、林業と子育てを結びつけて地域振興を、推進しようとする動きが広がっています。2015年1月28日の日本経済新聞の夕刊に、この記事がのっていました。 「林業と子育てを結びつけて地域振興に生かそうという取り組みが地方自治体の間で広がっている。木製の玩具の普及を進めるNP...

    2015年1月30日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    住宅に対する国産材の使用拡大(その2)

    木曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月29日(木)住宅に対する国産材の使用拡大(その2) この新聞記事では、戦後、国をあげて植林してきたスギ、ヒノキが、ようやく伐採期を迎え、大きな蓄積になっている現状を述べ、自給率向上の目標、国土交通省、林野庁の支援について、以下のように述べています。 「日本では戦後大量に植林された木々が伐採期を迎えている。国内の森林資源は12年時...

    2015年1月29日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    住宅に対する国産材の使用拡大(その1)

    水曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月28日(水)住宅に対する国産材の使用拡大(その1) 住宅に対する国産材の使用が拡大してきたようです。ようやく、待ちに待った状況が現われてきました。2015年1月27日(火)の日本経済新聞の夕刊に、この記事が出ていました。 「住宅用に国産の木材を使う動きが広がっている。円安や米国の住宅着工増で輸入材の価格が上昇しており、用途によっ...

    2015年1月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    TPPいよいよ合意へ(その2)TPP歩み寄り「米国産コメ輸入拡大」

    火曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年1月27日(火)TPPいよいよ合意へ(その2)TPP歩み寄り「米国産コメ輸入拡大」  米国の動きに会わせて日本政府も、具体的に動き始めたようです。大変、良いタイミングです。2015年1月25日(日)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が出ていました。 「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉のカギを握る日米協議で、日本が米国産の主食...

    2015年1月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    TPPいよいよ合意へ(その1)米大統領に権限法案

    月曜ブログ「日本の未来を考える」           2015年1月26日(月)TPPいよいよ合意へ(その1)米大統領に権限法案 TPPが、いよいよ、合意に至る感じになってきました。私は、米国議会が、大統領に、TPPの早期妥結に必要な権限を与える法案を、何時可決するのか、心待ちにしていましたが、いよいよ、具体的に、動き始めたようです。 2015年1月22日(金)の日本経済新聞の朝刊は、以下のように...

    2015年1月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    サバがマグロを産む 生殖細胞移植

    日曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年1月25日(日)サバがマグロを産む 生殖細胞移植 魚の養殖技術の進歩は、めざましいものがあります。「サバがマグロを産む」のです。これで親魚の養殖水槽などは、著しく小型のものですみ、養殖の生産性向上が期待されます。 2015年1月24日(土)の日本経済新聞の夕刊に、この記事が出ていました。これは、東京海洋大学が、実験に成功しました...

    2015年1月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎 石川五右衛門

    土曜ブログ「閑話休題」            2015年1月24日(土)歌舞伎 石川五右衛門 2015年1月14日(水)、新橋演舞場に、歌舞伎を見に行きました。松竹創業百二十周年、初春花形歌舞伎「石川五右衛門」でした。 この石川五右衛門は、奇想天外な五右衛門です。市川海老蔵の野心的な挑戦でした。私は、「イヤホンガイド」を借りて、解説を聞いていましたから、芝居の筋書きは、わかりましたが、これがなかっ...

    2015年1月24日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    遺伝子診断装置を実用化

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2015年1月23日(金)遺伝子診断装置を実用化 今、日本も、医療費の増大が続いており、この削減が、財政再建の重要な課題になっています。そこで注目されているのが「予防医学」と「病気の早期発見」による早期治療です。 特に、遺伝子解析による早期診断は、今、先進国で急速に進んでおり、注目されている先端技術です。キャノンは、遺伝子解析装置を米国で実用化...

    2015年1月23日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    ミニ規制緩和 企業の創意で規制緩和

    木曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」       2015年1月22日(木)ミニ規制緩和 企業の創意で規制緩和 日本の社会は、安全安心や、犯罪の防止のため、「これはやってはいけない」「これも、やってはいけない」と言う、細かい決まりが沢山あります。それだけ、日本の社会は、成熟しており、安全で犯罪も少ないのです。 しかし、そのため、創意工夫をして、未来に向けて改善して行こうとすると、出来ないこ...

    2015年1月22日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    ロボット活用へ法整備

    水曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」       2015年1月21日(水)ロボット活用へ法整備 日本は、工場の生産ラインの自動化などでは先行し、「ロボット大国」などと呼ばれてきました。しかし、今も、まだ、進んでいるのでしょうか。自動化が工場内の生産から社会や産業全体に関するものに進展して来ている中で、どうやら、大分、遅れてきているのではないかと、心配しています。 これらの分野の自動化にな...

    2015年1月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ドイツとどこで差がついた?

    火曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年1月20日(火)ドイツとどこで差がついた? 第2次大戦に敗北して、敗戦から再起を目指して立ち上がった時は、日本もドイツも同じでした。勤勉で辛抱強い国民性の類似も、良く指摘されます。しかし、最近、私は、しみじみ、日本はドイツに対して、大きく遅れてしまっていると感じています。 日本は、戦後、順調に復興し、産業を拡大させてきましたが、ド...

    2015年1月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    漢方主要原料 日本で量産

    月曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年1月19日(月)漢方主要原料 日本で量産 漢方薬の主要原料を、日本国内で量産することになったようです。 米国とロシアの関係も、何が起きても、おかしくない状況です。ヨーロッパも、ロシアとの関係もあり、ギリシャなど内部でも問題をかかえており、行く先、不安が見えます。 これまで、人類社会は、長い間安定していたという歴史が、あまりありませ...

    2015年1月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 古今亭志ん吉 大勉強会~挑~(その2) 中村仲蔵

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年1月18日(日)落語 古今亭志ん吉 大勉強会~挑~(その2)中村仲蔵 研精会で応援している古今亭志ん吉君から、年賀状をいただきました。年賀状には、「1月12日に、国立演芸場で、独演会をやります。見に来てください。」と書いてありました。 それで応援しようという気持ちで出掛けました。当日、配られた「チラシ」には、以下のように書いてあり...

    2015年1月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 古今亭志ん吉 大勉強会~挑~(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年1月17日(土)落語 古今亭志ん吉 大勉強会~挑~(その1) 2015年1月12日(月)、古今亭志ん吉 大勉強会~挑~を、国立演芸場へ観に行きました。若手二つ目の志ん吉君にとっては、師匠、古今亭志ん橋師匠の力を借りて、乾坤一擲の独演会でした。 若い人達の進化は著しいものがあります。いつも進化に驚かされますが、この日の志ん吉君の進化...

    2015年1月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農地バンク 足りぬ貸し手

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年1月16日(金)農地バンク 足りぬ貸し手 減反廃止とともに設置した農地バンク。借りたいという借り手は多いのですが、貸したいという農家が少ないようです。 私は、これを、かねてから心配していました。自分から率先して動かない。空気を読む。日本人の美質の一つといわれる「和の社会」の裏側にある負の側面が、ここに出ています。 これは一旦、誰か...

    2015年1月16日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    「林業女子」が求めるものは

    木曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来」         2015年1月15日(木)「林業女子」が求めるものは 今、私は、林業に関心を持つ若い女性の全国組織「林業女子」の創設者、杉山沙織さんと、椎野塾寺子屋(林業再生)を、一緒に進めています。2015年1月11日(日)の日本経済新聞に、その「林業女子」が出ていました。ご紹介しておきましょう。 「会社勤めや起業。いずれの道にも背を向けた若い女性たち...

    2015年1月15日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来

    先進経営林業芽吹く

    水曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来」         2015年1月14日(水)先進経営林業芽吹く 今、私は「50年後の日本の未来」にむけて、「林業の再生」が急務だと考え、椎野塾寺子屋に、林業グルーブを作り、この活動の中心を担う、若手リーダー作りを進めています。 ここでは林業から製材業、住宅産業までの幅広い産業レベルの改革が必要であり、その再構築は、なかなか、難しいのです。 この改革には、国...

    2015年1月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    分岐点に立つTPP 頑張れ日本

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月13日(火)分岐点に立つTPP 頑張れ日本 オバマ政権は、TPPについて、日本を含む12ヶ国の最終合意を、今年夏までにとりつけることを目指しています。 米議会は、昨年の選挙で、下院では多数を占めていた民主党が敗北し、上下院とも、共和党が多数となりました。民主党のオバマ大統領との間に、完全なねじれ状態が生じています。 TPPの...

    2015年1月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    IT農業 農業にトヨタ生産方式など

    月曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月12日(月)IT農業 農業にトヨタ生産方式など 農業は、今、問題を沢山かかえています。高齢化で跡継ぎがなく、これが最大の悩みですが、人の老化だけでなく、産業そのものが老化しています。今、よみがえるのか、老衰で沈没するかの瀬戸際です。 そこへ、今、進化の著しいIT(情報技術)の注入が次々と具体化し、注目を集めています。農業への...

    2015年1月12日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第401)(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年1月11日(日)落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第401)(その2)入船亭 小辰 宿屋の仇討ち この日の「トリ」は、入船亭小辰君でした。ここで、小辰君のことを少し書いておきましょう。 私は、2014年3月22日「若手落語家たちの志と挑戦」(参考文書、参考)という本を出版しています。この本の中で、研精会の若手落語家の皆さんとの...

    2015年1月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第401)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年1月10日(土)落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第401)(その1) 2015年1月8日(木)、日本演芸若手研精会 睦月講演を観にいきました。若手落語家(二つ目)の期待の星達は、めざましく、進歩しています。この日は、正月初席で、一層、華やぎがあり、「今年もやるぞ!」という意気込みに満ちていました。 個性豊かな人達です。この日の...

    2015年1月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    再生医療薬 日本での開発 規制緩和で急増

    金曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月9日(金)再生医療薬 日本での開発 規制緩和で急増 1月5日(月)のブログに書いた「30年後の世界」のテレビ番組の中では「2015年に日本で医療革命が起こった」と述べていましたが、実際に日本では、われわれが国内で感じている以上に凄い変革が起きているようです。 昨年11月に医療品医療機器法が施行され、開発品が承認を得られるまで...

    2015年1月9日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    東京都内の過疎化に直面した地域の再生

    木曜ブログ「地域の未来を考える」              2015年1月8日(木)東京都内の過疎化に直面した地域の再生 2015年1月6日と7日、身内の不幸で、お通夜とお葬式に行ってきました。場所は、東京都西多摩郡日の出町です。 東京都内は、ほとんどの町村が市制化していますが、日の出町は、奥多摩町、檜原村とともに、僅かに残った町村です。故人は、この日の出町で生まれ育った方でしたから、お通夜に...

    2015年1月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その4)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」              2015年1月7日(水)30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その4)2045年 平均寿命は100歳に(2) 2015年1月4日(日)のNHKスペッシャル、「30年後の未来」「人間の寿命は、どこまで延びるのか」のテレビ番組の続きを紹介します。 「人工知能」と先端科学の急速な進歩で、病の壁も突破しようとしていま...

    2015年1月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その3)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月6日(火)30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その3)2045年 平均寿命は100歳に(1) 2015年1月4日(日)、NHKスペッシャル、「30年後の未来」では、「人間の寿命は、どこまで延びるのか」を放送していました。 2015年に起きた医療革命によって、人々の寿命は急に長くなりました。2015...

    2015年1月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その2)

    日曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月5日(月)30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その2)2045年の世界(2) 2015年1月3日(土)、NHKスペッシャル、「30年後の未来」のテレビ番組の続きを紹介します。 2015年、米国のエンターテイメント分野では、「人工知能」は、「神のお告げ」だと、言われ始めていました。 米国の女性歌手、...

    2015年1月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その1)

    日曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月4日(日)30年後の未来 2045年 ネックストワールド~私たちの未来~(その1)2045年の世界(1) 2015年1月3日(土)、NHKスペッシャル、「30年後の未来」のテレビ放映を見ました。私は、今、「50年後の日本を考える」を、主要な仕事にしていますから、このテーマには、凄く関心を持っています。期待して、テレビを見まし...

    2015年1月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の未来を見すえた改革断行の1年目

    土曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年1月3日(土)日本の未来を見すえた改革断行の1年目 2015年は、日本の未来を見すえた改革断行の1年目です。昨年末、政府は、「地方創生長期ビジョン」を、今後、5年間の具体策を盛り込んだ「総合戦略」とともに、閣議決定しました。この中で、50年後に、1億人程度の人口を維持出来れば、国内総生産(GDP)の実質成長率は、1.5~2.0%...

    2015年1月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    あけまして、お目出度うございます(2) 落語 正月初席(その2)

    金曜ブログ「閑話休題」                 2015年1月2日(金)あけまして、お目出度うございます(2)落語 正月初席(その2) 柳家三三 締め込み 鈴本演芸場の元旦初席のトリ、柳家三三の演題は「締め込み」でした。「締め込み」は、古典落語の演目の一つです。原話は、享和2年(1802年)に、京都で出版された笑話本「新選勧進話」の一編である「未しら浪」です。別題は、「時の氏神」「泥棒と...

    2015年1月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    あけまして、お目出度うございます(1)

    木曜ブログ「閑話休題」                 2015年1月1日(木)あけまして、お目出度うございます(1)寒風の吹き荒れる厳しい年の明け 新年、明けまして、お目出度うございます。日本が新しい未来に出発する年になると、私が思っている2015年の新年を迎えました。 私は、除夜の鐘の音をテレビで聞いて、近くの赤城神社に初詣に行きましたが、この新年の幕開けは、寒い強風が吹き荒れて、厳しい門出...

    2015年1月1日

    椎野 潤