関連記事

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その2) 「双蝶々」雪の子別れ

    土曜ブログ「閑話休題」                2015年2月28日(土)落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その2)「双蝶々」雪の子別れ 第2席目は、正本芝居噺「双蝶々(ふたつちょうちょう)」雪の子別れでした。この噺は、三遊亭圓朝作と言われていますが、それ以前からあったと言われます。 この噺が終わった後、早稲田大学の演劇博物館の宮伸治さんと正雀師匠の対談がありました。正雀師...

    2015年2月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本発コンテンツ配信 動画配信米ネットフリックス

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月27日(金)日本発コンテンツ配信 動画配信米ネットフリックス 米国の動画配信最大手が、日本に進出するようです。世界の有料テレビ市場を、大変革させてきた同社の進出で、日本の市場も大きく変わりそうです。 2015年2月23日(月)の日本経済新聞の朝刊に、この記事が出ていました。今日は、この記事を引用して、ブログを書いてみましょう。 ...

    2015年2月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    映像コンテンツ世界へ押し出す 80言語 振興国を開拓

    木曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月26日(木)映像コンテンツ世界へ押し出す 80言語 振興国を開拓 日本のアニメ等の映像作品の世界での評価は高いのですが、これの産業としての国際化が、いよいよ、始まるようです。 2015年2月20日(金)の日本経済新聞に、これに関する記事が出ていました。 「日本のコンテンツ関連企業がグローバル化に本腰を入れようとしている。映...

    2015年2月26日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    イオン 小型格安店 400店に

    水曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年2月25日(水)イオン 小型格安店 400店に イオンは、私が大学のMBAに在籍していた頃から、常に流通の最先端で、既存の古い体制を壊して、新しい体制を作ろうとしていました。 その最先端を走っていた、イオンの総合スーパーが、新時代には、もう合わなくなってきたようです。私がロジスティクスの語の中に含めている、サプライチェーン・マネジ...

    2015年2月25日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    東芝 生協宅配をテレビで

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月24日(火)東芝 生協宅配をテレビで 近年、インターネット通販が急拡大し、実店舗が客を奪われており、実店舗側の対策と反撃が注目されています。 このような時に、もともと、宅配サービスしていたところに、テレビ画面や通信装置により、高齢者などが容易に注文できるようにする、新しい通信販売が登場してきました。 通信販売のタイプは、ま...

    2015年2月24日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    国際物流で成長へ 日本郵政 豪大手の買収発表

    月曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年2月23日(月)国際物流で成長へ 日本郵政 豪大手の買収発表 今、世界の物流業界では、M&Aが盛んで、整理統合が進んでいます。日本は、その世界の潮流に乗り遅れていましたが、いよいよ、日本郵政が、国際物流に本格参入するようです。2015年2月19日(木)の日本経済新聞に、以下の記事が出ていました。 「日本郵政は64億8600万豪㌦(...

    2015年2月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2015年2月22日(日)落語 林家正雀 東京文化財研究所 録画収録(その1) 2月6日(金)、東京文化財研究所で、林家正雀師匠による、正本芝居噺の実演記録の作成がありました。私は、正雀師匠から、ご招待いただき、観賞にいきました。 場所は、同研究所の実演記録室です。東京文化財研究所については、以前に、ブログに書いたことがありますが、こ...

    2015年2月22日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀独演会、~節分会~(その3) 大仏餅

    土曜ブログ「閑話休題」                 2015年2月21日(土)林家正雀独演会、~節分会~(その3)大仏餅 正雀師匠の第三席目は、「大仏餅」でした。「大仏餅」は、落語の神様、三遊亭圓朝の創作三題噺です。 この噺を、八代目林家正蔵師匠は、人情噺風に作っていました。八代目桂文楽師匠は、一語一句欠けないように、緻密に大仏餅の噺を構成していました。一方、六代目三遊亭円生師匠の大仏餅...

    2015年2月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    脱時間給 金融・商社が意欲

    金曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月20日(金)脱時間給 金融・商社が意欲 賃金を作業時間ではなく、成果を基準にして支払うように変えて行きたいという議論は、もう、随分前から行なわれており、昨年も、労使の間で激論が交わされていました。 このたび、ようやく、この制度の導入が決まったようです。2015年2月14日(土)の日本経済新聞の朝刊に、この記事が載っていました...

    2015年2月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    学童保育民間住宅で

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月19日(木)学童保育民間住宅で 出産後の女性に引き続き働いてもらいたいという、社会的ニーズに対し、小学生を放課後に預かる「学童保育」が不足しているのが、隘路になっています。 現在、入所希望を出したのに、入れなかった小学生が1万人おり、定員が一杯で、はじめから、希望を出さなかった小学性は、約40万人いるとされています。この学童...

    2015年2月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協60年ぶり改革(その2) 企業との連携に活路

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月18日(水)農協60年ぶり改革(その2)企業との連携に活路 2015年2月11日(水)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「いま必要なのは、農協が企業や農業法人との対立を超えて幅広く組む総力戦だ。それが出来なければ、農協と農業と農村の危機は防げない。」 すなわち、農協が、これから求められるのは、企業といかに上手く連...

    2015年2月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協60年ぶり改革(その1) 農業を成長産業へ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月17日(火)農協60年ぶり改革(その1)農業を成長産業へ 安倍内閣が成長戦略の目玉としてきた農業再生の貴重な一歩が踏み出されました。農協の60年ぶりの改革です。2015年2月10日の日本経済新聞の記事を引用します。 「政府・自民党と全国農業協同組合中央会の農協改革をめぐる協議が9日決着した。全中の監査・指導権をなくし、201...

    2015年2月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ヨーカ堂が雑貨店開発

    月曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月16日(月)ヨーカ堂が雑貨店開発 総合スーパーの住居用品売り場は、特徴に乏しく、デザイン等にこだわる顧客からみると魅力に欠けており、衣料品のユニクロや、住居用品のニトリなど、商品力と価格競争力が強い専門店に負けています。 イトーヨーカ堂は、デザイン力の強いバルスと共同して、この事業の建て直しを目指すようです。2015年2月6...

    2015年2月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀独演会、~節分会~(その2) 雛の雪

    日曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月15日(日)林家正雀独演会、~節分会~(その2)雛の雪 正雀師匠の第二席目は、「雛の雪」でした。「雛の雪」は、正雀師匠が、地域に古くから伝わってきている民話を、落語に仕立て直したものです。 噺は、北海道、伊達紋別。明治維新の時。仙台の伊達藩の人々は、北海道開拓を目指して、伊達紋別に入りました。その時、総責任者として、北海道に渡っ...

    2015年2月15日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀独演会、~節分会~(その1) 紫檀楼古木

    土曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月14日(土)林家正雀独演会、~節分会~(その1)紫檀楼古木 2015年2月3日(火)、林家正雀独演会~節分~を見に行ってきました。場所は、お江戸日本橋亭でした。この日も、正雀師匠が、最近、高座に上がらなくなってきている、珍しい噺を、掘り起こして披露されました。(1)紫檀楼古木(しだんろう ふるき)(2)雛の雪(ひなの雪)(3)大...

    2015年2月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    九州へ韓国人誘客

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月13日(金)九州へ韓国人誘客 円安を追い風にして、外国人観光客の来日が急増しています。特に、地理的に近いこともあって、九州への韓国人旅行者が、どいどん増えているようです。 私が、先年、熊本の阿蘇山の山頂を訪ねたとき、最初は、日本人ばかりだと思っていましたが、話す言葉を聞くと、ほとんど韓国人でした。 韓国の地方空港から熊本空港へ直...

    2015年2月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    リアル店舗 独自色で健闘(金融機関ランキング)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月12日(木)リアル店舗 独自色で健闘(金融機関ランキング) 日本経済新聞が個人を対象にして調査した「金融機関ランキング」では、二年連続、インターネット専業銀行が、上位を占めていました。しかし、実際の店舗を持った銀行も、発想転換のできたところは、上位に入ったのです。 2015年2月2日(月)の日本経済新聞は、以下のように書いていま...

    2015年2月12日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    育児ママにお薦め求人

    水曜ブログ「ウエルカム赤ちゃん」            2015年2月11日(水)育児ママにお薦め求人 日本の人口減少は深刻です。なんとか、若い夫婦に、子供を育ててもらわねばなりません。また、今、人手不足が深刻です。国外からの応援を頼もうという声も大きいのですが、単一民族国家の日本の「和の社会」の素晴らしさは、維持しなければなりません。外の人を受け入れるには、準備しなければならない点も多いのです。...

    2015年2月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    住商 世界で農家支援

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年2月10日(火)住商 世界で農家支援 日本の農業は、今の延長線上では、徐々に衰退して行かざるを得ないと思っています。そこで、資本力・人材力・戦略力で、圧倒的な力を持つ、三菱商事、三井物産、住友商事の商社、ビック3のようなところが、日本の農業再建に、いつ本気を出してくれるのかと、期待を持って見ていました。 まだ、日本に国力がある内に...

    2015年2月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    国家戦略特区 追加規制緩和案

    月曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年2月9日(月)国家戦略特区 追加規制緩和案 政府は、1月27日に開催した、国家戦略特区諮問会議に、13の追加規制緩和案を提出しました。 この内容をみると、既得権を守ろうとしている人達と、この壁を破って前進させようとしている人達の揉み合いの様子が、一目でわかります。 まず、注目されるのが、「農業生産法人に、企業の50%超の出資を認める...

    2015年2月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第402)(その2) 三笑亭 夢吉 水屋の富

    日曜ブログ「閑話休題」                   2015年2月8日(日)落語 日本演芸若手研精会 睦月講演(第402)(その2)三笑亭 夢吉 水屋の富 この日の「トリ」は、三笑亭夢吉君でした。ここで、夢吉君のことを少し書いておきましょう。 私は、2014年3月22日「若手落語家たちの志と挑戦」(参考文書、参考)という本を出版しています。この本の中で、研精会の若手落語家の皆さんとのイン...

    2015年2月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 如月講演(第402)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年2月7日(土)落語 日本演芸若手研精会 如月講演(第402)(その1) 2015年2月2日(月)、日本演芸若手研精会 如月公演を観にいきました。研精会の若者達は、いつも、元気です。皆、活力に満ち、緊張感の中に笑いのある高座が続きました。 この日のトップバッターは、柳亭こみちさんでした。こみちさんは、昨年、出産しました。子育てしな...

    2015年2月7日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    着る「人工筋肉」

    金曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の社会」        2015年2月6日(金)着る「人工筋肉」 身体に装着するだけで、重い物を持つのを助けるロボットが注目されていましたが、これまでは、「装具の重さが重いこと」「コストが高いこと」が問題点でした。この課題を解決した「軽くて手軽に装着」できて、「コストも安価」なものが開発されました。 2015年1月31日(土)の日本経済新聞に、これが書かれていま...

    2015年2月6日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    ネット通販6時間で配送(その3)

    木曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年2月5日(木)ネット通販6時間で配送(その3) このヨドバシカメラとネット通販専業の各社との競争も激化しているようです。 「ネット通販専業とのサービス競争も激化している。アマゾンジャパンは有料会員らに、注文した当日に配達するサービスを展開。楽天は日本郵便と提携し、今春から東京都内の30カ所の郵便局に受け取り用のロッカーを設置する。...

    2015年2月5日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    ネット通販6時間で配送(その2)

    水曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年2月4日(水)ネット通販6時間で配送(その2)  ヨドバシカメラの6時間配送は、単に「顧客の早く受け取りたいというニーズ」に応えるだけではないでしょう。これを実現するには、会社の全体制を極限まで合理化する必要があります。ネット通販で生き残るには、そのような体質に、社内を研ぎすます必要があるのです。 ヨドバシカメラは、カメラの流通...

    2015年2月4日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    ネット通販6時間で配送(その1)

    火曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年2月3日(火)ネット通販6時間で配送(その1) ネット通販の急拡大と連動して、配送時間を短縮して差別化し、業容の拡大を目指す企業が増えています。 2015年1月27日(火)の日本経済新聞の朝刊に、これに関連する記事が出ていました。 「ヨドバシカメラは小型家電や日用品などをインターネット通販で注文を受け付けてから6時間程度で消費者に...

    2015年2月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 恒例 権太楼ざんまい(その3) 佃祭

    月曜ブログ「閑話休題」                  2015年2月2日(月)落語 恒例 権太楼ざんまい(その3)佃祭 この日の権太楼師匠の第二話は、「佃祭(つくだまつり)」でした。佃祭の元になった話は、中国の明代の説話集「輟耕集」の中にある「飛雲渡」です。古典落語の一つで、住吉神社で、毎年8月6日~7日に行なわれる例祭「佃祭」を舞台にした人情噺です。 過去の名演としては、五代目古今亭志ん生の...

    2015年2月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 恒例 権太楼ざんまい(その2) 二番煎じ

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年2月1日(日)落語 恒例 権太楼ざんまい(その2)二番煎じ この日の権太楼師匠の第一話は、「二番煎じ」でした。この二番煎じの原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の薬」のようです。 落語としては、上方落語として成立し、大正時代に、5代目三遊亭圓生が東京に移しました。 あらすじは、以下の通りで...

    2015年2月1日

    椎野 潤