関連記事

  • 日本の未来を考える

    中国主導インフラ銀行について

    火曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月31日(火)中国主導インフラ銀行について 中国が主導して創設するアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、日本はどうするか、難しい判断を求められる状況になっています。この銀行に、英国、ドイツ、フランス、イタリアが加入を表明しました。 ここにおいて、日本と米国が取り残された状況になりました。ここで、日本は、ヨーロッパ4国に...

    2015年3月31日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    野菜工場の団地展開

    月曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月30日(月)野菜工場の団地展開 今、ドイツ等で、第4次産業革命が進展しています。多数の企業が、ITで連携制御され、あたかも、一つの自動制御ラインのように、統合的に動くことを目指したもので、産業レベルの自動化です。 この基盤となることが、農業の野菜工場でも、始まるようです。2015年3月21日(土)の日本経済新聞に、以下の記事が...

    2015年3月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎観賞、国立劇場(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2015年3月29日(日)歌舞伎観賞、国立劇場(その2)梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう) 三人形(みつにんぎょう)三人形(みつにんぎょう)  これは、舞踏劇です。「三人形」は文政元年(1818年)に初演された「其姿花図絵(そのすがたはなのうつしえ)(「三人形」「覗きからくり」「石橋(しゃきょう)」)」の序にあたります。今日では...

    2015年3月29日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎観賞、国立劇場(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2015年3月28日(土)歌舞伎観賞、国立劇場(その1)梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう) 三人形(みつにんぎょう) 2015年3月17日(火)、招待券をいただいて、歌舞伎観賞に行きました。充実した一日でした。場所は、国立劇場です。梅雨小袖昔八丈 「梅雨小袖昔八丈」は、河竹黙阿弥が、五代目尾上菊五郎のために書き下ろしたもので、明...

    2015年3月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    トマト生産 本格展開

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月27日(金)トマト生産 本格展開 醤油生産の老舗、キッコーマンが、トマトの本格生産を始めるようです。2015年3月19日(木)の日本経済新聞に記事が出ていました。 「キコーマンは生鮮トマトの生産量を大幅に増やす。大型ガラス温室を3カ所新設し、2018年度の年間生産量を2千トン超にする。費用は総額40億円程度になるもようだ。 ...

    2015年3月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    衛星データで無人農業

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月26日(木)衛星データで無人農業 人工衛星の利用が、今後、さらに、急ピッチに進むようです。2015年3月16日(月)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「日本の宇宙関連産業が新たな軌道に乗ろうとしている。国は今後10年で40基超の人工衛星を打ち上げる宇宙基本計画を打ち出した。具体的な数値目標を定め、企業に投資などを...

    2015年3月26日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    木材の輸出額最高

    水曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来」        2015年3月25日(水)木材の輸出額最高 国産材の輸出が増大しています。2015年3月16日(月)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「木材の輸出が活発になっている。スギ丸太やベニヤ合板といった国産木材の2014年の輸出額は、前年比45%増の178億3400万円となり、2年連続で過去最高を更新した。」 国産木材を輸出産業に育てたい...

    2015年3月25日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    進む流通再編成

    火曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年3月24日(火)進む流通再編成 流通業界では、再編が起こらざるをえない状況に、なっています。それは、各業界で、第1位の独走が始まり、市場の寡占が進みつつあるからです。第2位以下は、合同して、これに対抗せざるを得ません。 これは、古くから、商業の世界ではあったことですが、ITの急速な発達で、膨大な情報を獲得することができ、それを解析...

    2015年3月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂 文我 珍品落語集(その2) お文さん

    月曜ブログ「閑話休題」                 2015年3月23日(月)落語 桂 文我 珍品落語集(その2)お文さん これは、推理小説のような、珍しい噺です。酒屋の若旦那に、愛人ができます。おかみさんは、心の広い人です。あまり、これを苦にしません。若旦那は、おかみさんに内緒で、子供を家に、連れてこようと考えます。 ある日、赤ん坊を抱いた男が、店に酒を買いに来ました。酒を角樽にして祝い...

    2015年3月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 桂 文我 珍品落語集(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」                2015年3月22日(日)落語 桂 文我 珍品落語集(その1) 2015年3月13日(金)、桂 文我の珍品落語集の独演会を見にいきました。私は、よく、林家正雀師匠の珍品落語会を見に出掛けますが、桂 文我師匠は、上方の珍品落語の雄です。 上方でも、珍しい珍品で、それの東京での公演で、本当に珍しい噺が並んでいました。場所は、水天宮の日本橋社会教...

    2015年3月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    アジア潤す恵みのタネ

    土曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月21日(土) 日本の農業は、諸外国の農業と比較して、おくれているとは思えません。農作業の技術は熟達していて、技術レベルは高く、農作物も高品質で安定しています。しかし、近年、世界の農業は、どんどん進化しています。日本の農業は、高レベルで安定しているだけ、世界の進化に追従していく進化については、どうも、足どりは軽くないのです。...

    2015年3月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    漁師 地域を越えて手を組む

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2015年3月20日(金)漁師 地域を越えて手を組む 日本の内需産業、特に農業、林業、漁業の一次産業は、世界の新しい動きから取り残されている感があります。今までは、工業製品の輸出が、日本を牽引していましたから、一次産業は現状維持してくれれば良いという位置づけでしたが、これからは、そうは行きません。 アベノミクスでも、この一次産業の活性化と輸出産...

    2015年3月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    外国人の管理職 日本で育成

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2015年3月19日(木)外国人の管理職 日本で育成 政府は、外国人教育について、現場の管理職まで踏み込んで、日本で育成することにするようです。2015年3月10日の日本経済新聞は、以下のように報じていました。 「政府は日本企業の国際展開を後押しするため、海外の生産拠点で働く外国人の技術管理職を、日本で育てる新たな制度を導入する。外国人研...

    2015年3月19日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    トヨタ災害時の情報網 10次下請け把握 日産も世界に展開

    水曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」       2015年3月18日(水)トヨタ災害時の情報網 10次下請け把握 日産も世界に展開 トヨタ自動車が、大災害の時に、自動車生産に必要な部品の供給を、素早く復旧させる仕組みを構築しているようです。10次下請けに至る国内部品メーカー、約1万3千社(3万拠点)の生産情報を把握して、災害が起きた時、代替え調達などの対策がとれるようにしていると新聞...

    2015年3月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ベトナムの農業に「日の丸」の品質

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2015年3月17日(火)ベトナムの農業に「日の丸」の品質 海外で、日本の農業の品質が、今、高く評価されています。日本国内の農業は、このままでは、未来がないことが、皆にわかってきています。なんとかしなければと思っておりますが、長い歴史のある産業であり、その転換は、きわめて難しく、なかなか、先の灯が見えません。 このような中で、農業関連企業が、円...

    2015年3月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その3) 入船亭遊一 浜野矩随

    月曜ブログ「閑話休題」                  2015年3月16日(月)落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その3)入船亭遊一 浜野矩随 この日の「トリ」は、入船亭遊一君でした。ここで、遊一君のことを少し書いておきましょう。 私は、2014年3月22日「若手落語家たちの志と挑戦」(参考文書、参考)という本を出版しています。この本の中で、研精会の若手落語家の皆さんとのインタ...

    2015年3月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年3月15日(日)落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その2) 次は、この日で、研精会の高座を卒業する三笑亭夢吉君でした。演目は「辰巳の辻」です。無尽で大金を手にした男、その金を辰巳の遊廓にいる、お玉という女郎が狙っています。 なんとか、止めてくれと頼まれた叔父さんは、女が本当に、惚れているのか試してみろと言います。男...

    2015年3月15日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年3月14日(土)落語 日本演芸若手研精会 弥生講演(第403)(その1) 2015年3月11日(水)、日本演芸若手研精会 弥生講演を観にいきました。研精会の若者達は、いつも元気で、今春は、大変に盛り上がり好調を持続しています。しかも、この日は、この研精会を設立して育ててくれた大恩人、稲葉守治氏の七回忌追善公演ということで、皆の張...

    2015年3月14日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    企業と連携欠かせず ヤマト、アジアへ翌日配送

    金曜ブログ「地域の未来を考える」             2015年3月13日(金)企業と連携欠かせず ヤマト、アジアへ翌日配送 人口減少が進む中で、内需産業が縮小する気配が、ますます、濃厚になってきました。内需中心の企業は、皆、海外へ出て行こうとしています。また、今、農産物の輸出拡大が出来るかどうかが、アベノミクスの鍵を握っています。 そこで重要なのは、海外での販売インフラの整備です。2015年...

    2015年3月13日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の競争力をデータで見る(その3)「よそ者」こそ救世主

    木曜ブログ「地域の未来を考える              2015年3月12日(木)地域の競争力をデータで見る(その3)「よそ者」こそ救世主 2015年2月26日(木)の日本経済新聞の「強いまち データは語る」では、2010年から13年の外国人宿泊者の増加率を示して解説していました。これを見ると、以外な「まち」が、上位にきています。 「本州の最北端の大間町は青森空港から車で3時間。人口は約5800...

    2015年3月12日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    ものコトづくりの本質 総論編(その5)

    水曜ブログ「書評 今週のこの一冊」            2015年3月11日(水)ものコトづくりの本質 総論編(その5)  今日の、このブログでは、第6~8章について書きます。レジリエント世界(復す):第6章 レジリエントは、強靭性、復元性を示す語です。私も、性能が良く、コストの安いシステムが出来たと喜んでいると、僅かなことが原因で、倒れてしまい、復元が難しいということを、多く経験してきました...

    2015年3月11日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    ものコトづくりの本質 総論編(その4)

    火曜ブログ「書評 今週のこの一冊」            2015年3月10日(火)ものコトづくりの本質 総論編(その4)  この「ものコトづくりの本質」という書は、序章の後、1~8章の8章からなっています。以下、著者が各章で、何を述べようとしているかを思考し、私の意見を述べてみます。 序章と1~2章は、ブログ(その2)で書いていますので、このブログでは、その続きとして、第3~5章について書きます...

    2015年3月10日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    ものコトづくりの本質 総論編(その3)

    月曜ブログ「書評 今週のこの一冊」             2015年3月9日(月)ものコトづくりの本質 総論編(その3)  今から25年前、ものづくりの最先端のリーダーたった著者が、次に来る時代を「超製造業時代」と予言していました。そして、当時は存在していなかったのですが、現在は、IBM、GE、ジーメンス、ABB、P&G、ボッシュなど、その超製造業が姿を現しています。 また、ネットを積極的に活用...

    2015年3月9日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    ものコトづくりの本質 総論編(その2)

    日曜ブログ「書評 今週のこの一冊」             2015年3月8日(日)ものコトづくりの本質 総論編(その2) 新デザイン思考とオープンイノベーション 今日のブログから、本書の核心部へ入っていきます。第1章と第2章です。新デザイン思考 著者は、まず、システムズ・エンジニアリングと言う言葉の説明から、入っています。日本には、今、IT会社などにSEという人達が大勢います。しかし、ここで言う...

    2015年3月8日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    ものコトづくりの本質 総論編(その1)

    土曜ブログ「書評 今週のこの一冊」             2015年3月7日(土)ものコトづくりの本質 総論編 (その1) 先週の日曜日、貴重な書物を、いただきました。東 正則著「ものコトづくりの本質」(総論編、各論編-1)です。 著者の東 正則さんは、私が関心をもってきた領域での先覚者であり、一度、お目にかかって教えを請いたいと思っていましたが、近年、ご縁があり、ご一緒に研究する幸運に恵まれて...

    2015年3月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    M&Aの腕を磨いて世界展開の加速を

    金曜ブログ「日本の未来を考える」              2015年3月6日(金)M&Aの腕を磨いて世界展開の加速を 最近、画期的とも思われる大型の企業買収が発表されています。私のブログでも、先週は、幾つかのM&Aを報告しました。 2015年2月25日(木)の日本経済新聞の社説も、このことを書いていました。 「日本企業による海外企業の買収が加速している。日立製作所はイタリアの防衛・航空大手のフィ...

    2015年3月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    第2のソニーを探せ

    木曜ブログ「日本の未来を考える」              2015年3月5日(木)第2のソニーを探せ 過日、白物家電の大手各社が、韓国とのコスト競争で負けて、軒並み、大赤字を出した後、日立とパナソニックは、いち早く対策を講じて、業績を回復したのに対して、ソニーの動きが重く感じられました。 「あのソニーが、どうしたんだろう」と、心配していましたが、最近、ようやく、ソニーらしくなってきたようです。2...

    2015年3月5日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の競争力をデータで見る(その2) 30年間高い競争力を維持してきたまち

    水曜ブログ「地域の未来を考える」              2015年3月4日(水)地域の競争力をデータで見る(その2)30年間高い競争力を維持してきたまち 2015年2月25日(水)の日本経済新聞には、「高い競争力を維持するまち」の記事が掲載されていました。この記事には1980年から、2010年までの30年間、高い競争力を維持してきたまちの指標(市区町村別経済指標)のベスト15が示されていました...

    2015年3月4日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の競争力をデータで見る(その1) この10年間で実力をつけたまち

    火曜ブログ「地域の未来を考える」              2015年3月3日(火)地域の競争力をデータで見る(その1)この10年間で実力をつけたまち 地域に競争力をつけるのには、どうしたら良いか。それには「最近、競争力をつけてきたまち」「過去30年間、競争力を維持してきたまち」を見つけて、その原動力は何であったかを、検証するのが良いでしょう。 それには、それをデータで表して、比較できると一番良い...

    2015年3月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    野菜からワクチン

    月曜ブログ「日本の未来を考える」              2015年3月2日(月)野菜からワクチン 植物工場で育てる野菜から、食べるワクチンが作られるようです。2015年2月24日(火)の日本経済新聞の夕刊に、以下の記事がありました。 「真っ白い部屋の棚でレタスが育つ。入室する人達は防護服にマスク、手袋、帽子と、全身しっかり覆う。外からの小さなゴミでも持ち込まぬように細心の注意を払うのは、ここで...

    2015年3月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語はカフェに限る

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年3月1日(日)落語はカフェに限る 日本経済新聞に、肩から力が抜けるような気楽な記事が出ていました。この記事を書いた著者は、「忙しい日々を忘れ肩の力を抜き、ひと笑い」と書かれていましたが、この記事を読んだ私も、本当に肩の力が抜けました。 記事は、最近、あちこちで開かれている「らくごカフェ」を取材して書いています。ちょっと紹介...

    2015年3月1日

    椎野 潤