関連記事

  • 地域の未来を考える

    三重県多気町訪問

    木曜ブログ「地域の未来を考える」            2015年4月30日(木)三重県多気町訪問  昨日のブログに、三重県多気町を舞台にした「交流居住」について書いた本を紹介しました。そして、一昨日、4月28日には、その多気町を訪問し、久保行央町長にお会いしました。 同行者は、本の共著者立花哲也さんと、このプロジェクトの指導を、お願いしようと思っている、皇学館大学准教授千田良仁先生です。 ...

    2015年4月30日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    「通」の訪日客に 一味違う旅

    水曜ブログ「地域の未来を考える」            2015年4月29日(水)「通」の訪日客に 一味違う旅  昨日のブログに「交流居住」の推進を提唱した書籍を紹介しました。訪日、外国人は、このような「大好きな日本」に、「腰を据えて住む家を決めよう」または「また、ちょく、ちょく来よう」と思う「交流居住」を、始める前には、日本への「旅行通」として、より深く日本を知る旅を、重ねることになるでし...

    2015年4月29日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域創生を考える/自然共生型で自立した「地域」の夢のある姿

    火曜ブログ「地域の未来を考える」            2015年4月28日(火)地域創生を考える/自然共生型で自立した「地域」の夢のある姿 昨日、新しい本が出版されました。「地域創生を考える/自然共生型で自立した『地域』の夢のある姿」です。  現在「地域創生」が、強く叫ばれています。政府は各地域から、画期的な提案が出るのを、期待していますが、なかなか、思うようにならないようです。それは、こ...

    2015年4月28日

    椎野 潤

  • 特別ブログ

    内村鑑三の言葉

    月曜ブログ「特別ブログ」              2015年4月27日(月)内村鑑三の言葉 昨日のブログは、カテゴリを「特別ブログ」にしました。このカテゴリは、随分しばらく使っていなかったのですが、過去、4回、使っていました。最初のブログは、2012年5月15日です。 この日は、記念すべき日です。私が、早稲田大学を退職して、周囲の人達に励まされて、「椎野塾」を、初めて開催した日です。この...

    2015年4月27日

    椎野 潤

  • 特別ブログ

    TPPを妥結させよう

    日曜ブログ「特別ブログ」               2015年4月26日(日)TPPを妥結させよう TPPの交渉も、最終局面になりました。日本も決断して、これをまとめる時です。安倍首相に、まかせましょう。 TPPが、妥結してスタートすれば、今は、想像できない、凄いメリットが次々と出てくると思います。デメリットは、今も既に見えており、苦しい立場に立つ人も出てくると思いますが、それは、皆...

    2015年4月26日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎観賞 市川海老蔵特別公演 「源氏物語」

    土曜ブログ「閑話休題」                2015年4月25日(土)歌舞伎観賞 市川海老蔵特別公演 「源氏物語」 2015年4月9日(木)、歌舞伎の観賞に行きました。市川海老蔵特別公演「源氏物語」です。これは、歌舞伎、能、オペラという、世界に冠たる三つの舞台芸術を、一堂に集めたもので、素晴らしい感動をいただきました。 舞台も客席も、真っ暗な中で幕が開くと、リューダー、リュートと笛の洋楽...

    2015年4月25日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    イオン 投資6割増 スーパー改装に軸足

    金曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」      2015年4月24日(金)イオン 投資6割増 スーパー改装に軸足 総合スーパーと言われる大型小売店は、2014年4月の消費税増税後、販売が落ち込み、なかなか、回復しません。一方、企業の賃上げや株高の影響は、徐々に出てきて、消費者の購買意欲の拡大の気運は見えてきています。しかし、これがスーパーの売上には、直結していません。 すなわち、消...

    2015年4月24日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    住宅突破口は介護ロボット 大和ハウス 装着型3製品

    木曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」      2015年4月23日(木)住宅突破口は介護ロボット 大和ハウス 装着型3製品  大和ハウス工業の躍進ぶりには、素晴らしいものがあります。2015年3月期の決算見通しは、2兆8千億円で、日本の建設業の売上での新記録ですが、今年は、売上高、4兆円(2015.4.14日経記事)の新経営戦略を発表する模様です。 その中で、重要なものに福祉・介護...

    2015年4月23日

    椎野 潤

  • 椎野塾寺子屋

    椎野塾寺子屋 基調講義テキスト

    水曜ブログ「椎野塾寺子屋」               2015年4月22日(水)椎野塾寺子屋 基調講義テキスト  ここ二日間、椎野塾寺子屋の講義テキストの紹介をしてきましたが、これを読んでいただく前には、もう一冊、読んでいただかなければならない本があります。「椎野塾寺子屋 基調講義テキスト」です。すなわち、まず、この本を読んでいただいて、良く理解していただいた上で、各分科会ごとの「講義テキ...

    2015年4月22日

    椎野 潤

  • 椎野塾寺子屋

    椎野塾寺子屋 講義テキスト 寺中心の幸福社会の構築

    火曜ブログ「椎野塾寺子屋」               2015年4月21日(火)椎野塾寺子屋 講義テキスト 寺中心の幸福社会の構築 昨日のブログで、新刊本「椎野塾寺子屋 講義テキスト 林業再生」を紹介しました。その10日程前に、もう一冊、テキスト本が出版されています。「椎野塾寺子屋 講義テキスト 寺中心の幸福社会の構築」です。 これは、椎野塾寺子屋の、もう一つのグループが、現在、出している...

    2015年4月21日

    椎野 潤

  • 椎野塾寺子屋

    椎野塾寺子屋 講義テキスト 林業再生

    月曜ブログ「椎野塾寺子屋」               2015年4月20日(月)椎野塾寺子屋 講義テキスト 林業再生 先週、新しい本が出版になりました。「椎野塾寺子屋 講義テキスト 林業再生」と言う本です。私は、椎野塾、寺子屋という私塾を開いています。最近、日本の未来を心配している若者が、このブログを読んで、集まってきているのです。 これは、その若者たちに、日本の未来を託すために、議論すべ...

    2015年4月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 長講三人の会(その2) 柳家権太楼 へっつい幽霊

    日曜ブログ「閑話休題」                 2015年4月19日(日)落語 長講三人の会(その2)柳家権太楼 へっつい幽霊 この日のトリは、柳家権太楼師匠です。演題は「へっつい幽霊」でした。もともと、この噺は、幽霊が出てくるわりには、笑いが多い滑稽噺ですが、権太楼師匠が話すと、極上の笑いが湧き上がるのです。 「へっつい」と言うのは、江戸時代の「かまど」のことです。左官が塗り固めて作るも...

    2015年4月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 長講三人の会(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年4月18日(土)落語 長講三人の会(その1) 2015年4月15日(水)、落語、長講三人の会 卯月公演を観に行きました。この会の三人とは、柳家さん喬、昔昔亭桃太郎、柳家権太楼の三人です。皆、個性的で、凄い特徴があります。また、全く、持ち味が違う三人です。 この組み合わせですから、毎回、面白い落語になるのでしょう。平成20年から年...

    2015年4月18日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    攻めの物流高度化

    金曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年4月17日(金)攻めの物流高度化 日本では、日本郵便の株式上場を間近にひかえ、民営化した同社への期待と不安が交錯しています。一方、国営郵便事業の民営化に、一早く着手した、ドイツボストは、どんどん先に行くようです。 2015年4月7日(火)の日本経済新聞は、ドイツポストの最近の動きを報道していました。 このドイツポストは、郵便事業者...

    2015年4月17日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    佐川 ローソンと新会社

    木曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年4月16日(木)佐川 ローソンと新会社 これまで、ヤマトや佐川急便は宅配会社、日立物流等は輸送会社。いずれも物を運ぶ運送業と目されていましたが、いよいよ、これが今までの縦割り産業とは対象的に、産業を横につなぐロジスティクス産業を、形成していく模様となりました。 特に、最近、激しい動きをみせるコンピニエンスストアの再編成とからみ、コ...

    2015年4月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    介護人材 アジアで争奪戦

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月15日(水)介護人材 アジアで争奪戦 今、介護スタッフの需要が膨らんでいます。2025年度には、30万人の介護士が不足すると予測されています。政府は、外国人を活用して、人手不足を緩和しようと、技術実習制度の拡充を進めています。 しかし、来てもらうことを期待しているアジア諸国でも、同じような高齢化が進み、それぞれの国でも、介護ス...

    2015年4月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農協 農業のプロが主導

    火曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月14日(火)農協 農業のプロが主導 政府が、4月3日に閣議決定した「農業改革」に関する法改正では、以下の改正が含まれています。                  ポイント           狙い(1)農協法改正    JA全中の監査・指導権を廃止  地域農協の独自性と創意                           ...

    2015年4月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    社会保障負担、年々重く

    月曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月13日(月)社会保障負担、年々重く 日本の社会は、高齢者が年々増え、その人達を支える社会保障は、年ごとに大変になってきています。 それは、今に始まったことではないのですが、具体的な施策が進むと、その深刻さが、次々と見えてくるのです。2015年4月3日(金)の日本経済新聞は、この大問題を、わかりやすく解説していました。 「困った...

    2015年4月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 卯月公演(第404回)(その2) 春風亭昇々 不動坊

    日曜ブログ「閑話休題」                 2015年4月12日(日)落語 日本演芸若手研精会 卯月公演(第404回)(その2)春風亭昇々 不動坊 この日の「トリ」は、春風亭昇々君でした。ここで、昇々君のことを、少し書いておきましょう。 私は、2014年3月22日「若手落語家たちの志と挑戦」(参考図書、参考)という本を出版しています。この本の中で、研精会の若手落語家の皆さんとのインタ...

    2015年4月12日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会 卯月公演(第404回)(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年4月11日(土)落語 日本演芸若手研精会 卯月公演(第404回)(その1) 2015年4月8日(水)、日本演芸若手研精会 卯月公演を観に行きました。研精会は、今月から新学期です。3月に卒業生が卒業(真打昇進)して、大いに盛り上がり、ほっとした空気があります。でも、新学期の程よい緊張感もありました。 この日の演目は、以下の通りでし...

    2015年4月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「岩盤」改革を閣議決定

    金曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月10日(金)「岩盤」改革を閣議決定 このブログでも、何度も書いてきた、アベノミクスの「岩盤」改革に関する重要法案が、いよいよ閣議決定しました。2015年4月3日(金)の日本経済新聞の夕刊に、速報されています。 「政府は3日の閣議で安倍晋三首相の経済政策『アベノミクス』を推進するための重要3法案を決定した。農業の競争力強化に向け...

    2015年4月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    若者が魅力感じる農業の将来像を描け

    木曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月9日(木)若者が魅力感じる農業の将来像を描け 今、農業改革は、重大な時期にきています。ここで政府は、10年先を農業の方向性を示す基本計画を決めました。2015年4月1日(水)日本経済新聞の社説は、以下のように書いています。 「政府は、10年先の農業の方向性を示す『食料・農業・農村基本計画』を閣議決定した。高い食料自給率を掲げ、...

    2015年4月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    消費増税から一年 1997年とは日本経済の構造が違う

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2015年4月8日(水)消費増税から一年 1997年とは日本経済の構造が違う 消費増税が、5%から8%にあがってから、一年たちました。前回、消費税を上げた1997とは、その一年後の様子が、大分違うようです。この17年の間に、日本経済の構造が、大きく変わっているからでしょう。 以下、この二回の消費税上げ後の経過を比較してみましょう。(1)19...

    2015年4月8日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    薬の時間 ロボットが声掛け

    火曜ブログ「ロボットと人間が紡ぐ未来の世界」        2015年4月7日(火)薬の時間 ロボットが声掛け 今、「地域の消滅」の危機が叫ばれていますが、実は、将来、日本の顔として、更に格差を拡げて、輝いていくと思われている東京にも、実は、大問題が待ち受けているのです。この大都市は、世界の先端技術の窓口として、光輝く未来が予想されますが、急速な高齢化の進展で、最も悲惨な地域になるとも思われていま...

    2015年4月7日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    働き方の見直しで少子化の流れを変えよう

    月曜ブログ「地域の未来を考える」            2015年4月6日(月)働き方の見直しで少子化の流れを変えよう 2020年までの少子化対策の指針となる大綱を政府がまとめました。この大綱は、2004年、2010年に、二度まとめられており、今回が三回目です。(1)この大綱では、男性の家事・育児が少ないことが、少子化の原因の一つであると指摘して「働き方の改革」を、重点課題に上げています。(2)結...

    2015年4月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀独演会「珍品集」(その2) 一文笛

    日曜ブログ「閑話休題」                  2015年4月5日(日)林家正雀独演会「珍品集」(その2)一文笛 この一文笛は、先日、亡くなった、人間国宝、桂 米朝師匠が、若き日に作った新作落語で、今や古典落語と言える状況になっている噺です。林家正雀師匠は、米朝師匠のお弟子さんから、習ったということです。 この噺では、スリと泥棒とは違う。スリは上品だ。スリは高等技術だ。スリは職人であ...

    2015年4月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀独演会「珍品集」(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                  2015年4月4日(土)林家正雀独演会「珍品集」(その1) 2015年4月2日から、林家正雀独演会「珍品集」が、また、始まりました。ここは、正雀師匠が、苦労して掘り起こした、後世に遺したい珍品の、お披露目の場です。この日、努力の噺家、林家正雀師匠の努力に敬服し、応援しようというファンが集まっていました。 この日の演目は、以下の通りです。...

    2015年4月4日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    人口減踏まえた活性化策を競う地方選に

    金曜ブログ「地域の未来を考える」             2015年4月3日(金)人口減踏まえた活性化策を競う地方選に 2015年3月26日、神奈川、奈良などの10道県の知事選挙が告示されました。また、この知事選挙が行なわれる4月12日には、41の道府県議員選挙も実施されます。 これは、今、最大の話題になっている「地方創生」にとって、きわめて重要です。人口減少を踏まえた活性化策、それも、高くか...

    2015年4月3日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    アジアへ船で生鮮野菜

    木曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」         2015年4月2日(木)アジアへ船で生鮮野菜 日本からの農林水産物の輸出額は、2014年度に約6100億円と、過去、最高を記録しました。政府は、2020年に、1兆円に増やす目標を掲げています。これを実現するためには、日本の食材の人気が高い、アジアへの輸出の拡大が鍵を握ります。そして、それには、海を越えた輸送体制の整備が、きわめて重要です...

    2015年4月2日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    卸売市場の抜本改革を急げ

    水曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」        2015年4月1日(水)卸売市場の抜本改革を急げ 商品の売買の体制や物流の実態が、激しく変化して行くなかで、卸売市場は、旧態然としています。そろそろ、変化に対応して、改革を進めねばならないでしょう。日本経済新聞の2015年3月23日(月)の社説は、以下のように書いています。 「卸売市場の改革に向けた報告書を市場関係者や学者が今月まとめた。こ...

    2015年4月1日

    椎野 潤