関連記事

  • 椎野潤ブログ山村振興

    山を疾駆 世界の頂きへ スカイランニング 研修医の傍ら 己と闘う

    [緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言研修医の高村貴子さん(26)は「スカイランニングのトップ選手です。スカイランニングは、2016年にはじめたのですが、2017年に、アジア大会で優勝しています。凄く、足が早いのです。2019年春から、山麓にある国立病院機構「信州上田医療センター」(長野県上田市)で、働きはじめました。研修医は、内科や救急科など、様々な分野を経験する期間です。早朝か...

    2019年8月18日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    秋田との縁 つないだ神社 神田駅西口商店街

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言江戸時代から、今日に至るまで、長い間だ濃密な間柄を築いてきたのに、余り大きな動きは、出なかったのです。それが最近になって、急に華が咲いたのです。このような旧藩の人達は、次の世代を見る目があり,事業センスを持っています。資金なども、自力で容易に超勝つします。ここで頭角を現わしたのは秋田県中部の、農村地五城目町です。背骨がしっかりした社会を持つ重厚...

    2019年8月17日

    椎野 潤

  • 新世代医療の展開

    「がんの味方」を攻撃 薬効を妨げる細胞・組織を狙う

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言オブチーボという「がん免疫薬」が開発された時、私は、人類の医療は、大きく変わったと思いました。それまで治すことが困難だと信じられてきた、末期がんが,この免疫薬の投与で、見事に治癒したからです。でも、この凄い抗がん剤の登場は、人類の「がん」との闘いの次なるステージの門を開くものに過ぎなかったのです。抗がん剤に、「がん」と闘う抗体が発見されましたが...

    2019年8月16日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    いよいよ カーシェアの時代 自社所有やリースが主流の営業車 カーシェアに急速に置き換え

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言自社所有やリースが主流だった営業車を、カーシェアーで置き換える企業が相次いでいます。これを仕掛けたのはカーシェアー最大手のパーク24です。パーク24は、積極策を繰り出しカーシェア事業を、順調に拡大しました。でも、大きな悩みも浮上していたのです。個人会員は、休日に集中します。急増する会員数に合わせて配車すると、平日は閑散としてしまうのです。パーク...

    2019年8月15日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    京都アニメーション支援金100億円突破 名作のモデルになった地域を巡回する巡礼の流れが発生 祭の神輿も登場

    [緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言京都アニメーションの事故には、多くの人々が心を痛めました。また、同社の世界に発信してきた作品が、どれだけ多くの人々を感動させていたのかも、よくわかりました。世界中で京都アニメーションを支援しようという動きが出ています。また、京アニ作品の熱烈なファン達は、京セラの名作の舞台になった地域を巡礼する「京アニ巡礼」を始めています。これらは、SNSでの呼...

    2019年8月11日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くサプライチェーンマネージメント

    タイ ライドシェア合法化へ グラブのロビー活動実る

    緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言タイのライドシェアーが、ついに合法化されます。法制化が事実上確定しました。私は、日本のマスコミが、「日本では白タクが禁止さている」といつも書いていましたから、タイなの大規模に、ライドシェアーを実施しているところは、白タク禁止はないのかと思っていたのです。でも、白タク禁止だったのです。違法な状態で数百万台が走っていました。警察は違反者を次々と逮捕し...

    2019年8月10日

    椎野 潤

  • 新世代医療の展開

    中国 新薬開発拠点として台頭 日米欧 中国13億人のデータを活用

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言日米欧の製薬会社が中国で、研究開発体制の整備に動きだしました。仏サノフィ、塩野義製薬は、中国の13億人を超える国民の医療に関するデータを使い、難病やアジアに多い消化器疾患などの治療薬の開発を開始しています。中国政府の臨床試験(治験)や特許制度の整備で、米欧に先駆け承認された新薬すらも、登場したのです。中国は、近年技術レベルが急速に高くなり、、開...

    2019年8月9日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    はやぶさ2 成果「1000点」 科学・工学 両方の目標達成

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は、小惑星「りゅうぐう」への着陸に2回連続して成功しました。まだ、このあと、採取した大事なサンプルを地球に持ち帰るという、最後の大仕事が残っていますが、日本経済新聞は、現時点で、成果は「1000点」と評価しています。「出来れば達成したい、夢の目標『エクストラサクセス』」に関して言えば、「工学...

    2019年8月8日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    インドで独自の「セブンイレブン」がはじまる 3~5年で500戸

    [緒言]今日から「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言2019年7月17日の日経新聞に、インドのセブンを運営をするインド企業、フューチャー・7・インディア・コンビニエンス社の最高経営責任者が、質問に応えた記事が出ていました。私は、この内容のブログを、2019年3月に書いています。内容は、ほとんど、同じです。すでに4カ月たっています。いかにも動きが遅いのです。でも、今回は、未来への計画が出ていまし...

    2019年8月4日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    うなぎの養殖 商用化一歩前進 食味は人工ふ化に軍配 課題はコスト低減 年間1億匹ふ化必要

    [緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言2019年7月上旬、養殖業者や専門店の店主ら十数人が都内に集まり、2種のうな重を試食しました。一つは普通の養殖ウナギ、もう一つは人工的にふ化させた稚魚を大きく育てたものです。食べ比べの結果、プロは人工ふ化ウナギに軍配を上げました。完全人工養殖の「うなぎ」は、味も見た目も優れていたのです。でも、課題は山積しています。まず、コスト低減が必要です。さ...

    2019年8月3日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    外国人の子 保育に工夫 異文化の歩み寄りの場つくり 自動翻訳機大発展 スマホ上の自動翻訳アブリ 言葉の壁を越える鍵

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言保育施設で外国にルーツを持つ子どもが増えています。それで、現場は試行錯誤を重ねています。保護者を含め、コミュニケーしョンをどう深めるか。外国人保育士の採用や翻訳機活用など、様々な工夫が広がっています。近年,多言語自動翻訳アブリの開発が急速に進みました。そして、これを基幹にする様々なサービスを提供するスタートアップが林立しています。これらのサービ...

    2019年8月2日

    椎野 潤