関連記事

  • レシピ:スープ

    第25回:多分、春っぽい彩を楽しむスープ…かな。

    第25回:多分、春っぽい彩を楽しむスープ…かな。今年のGW中には、夕方にいきなり雹が降るなどして、春なのにあまり天候がよくない状態が続いていましたが、まさに、そういう時こそ、スープを食べて体を温めたいものです。(笑)本当なら、もう初夏が近づいているので、衣替えをさっさと済ませる方がいいくらいな時期なのに、天候不順の日が多いのも、温暖化現象の影響なのでしょうかねぇ。ま、それはさておき。...

    2019年5月24日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第24回:本当は十五目汁ですけど。

    第24回:本当は十五目汁ですけど。本日は、五目汁についてのご紹介です。通常、五目汁と言えば、エビやイカが入った八宝菜風のあんかけのことで、それを中華そばにかけて食べたりするものだと思います。でも、すみません。実は、今回ご紹介するのは、五目汁という名の和風スープなのです。実は、五目煮がいわゆる何でもアリな「ごった煮」であるように、五目汁も何でもアリな汁ものだろうと個人的に思っておりまして。和風スープ...

    2019年5月23日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第23回:たまにはカプサイシンを摂らないと。

    第23回:たまにはカプサイシンを摂らないと。第7回のあたりで、生姜は意外と使い道が多いって、ツブログをしたと思いますが、その近辺で、二巨頭体制で、生姜と唐辛子が飛びぬけて薬味の中ではダイエッターの強力な味方になるって書いていたと思います。で、唐辛子系の辛さは、私には苦手なものにはなるんですが。唐辛子と唐辛子の辛み成分であるカプサイシンの効能って、本当にスゴイんですよね。なにしろ、①唐辛子の辛みの主...

    2019年5月22日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第22回:薩摩だけに、さつまいもなんです。

    第22回:薩摩だけに、さつまいもなんです。具沢山の汁物として、真っ先に思い浮かんでくるのは、豚汁ではないでしょうか?で、その豚汁によく似たごった煮の汁物に、さつま汁というのがあります。さつま汁と言えば、鹿児島の郷土料理か、宇和島の郷土料理と言われる物のようですね。不思議なことに、鹿児島のそれは鶏肉を使った豚汁風な具沢山味噌汁のことを言い、宇和島のさつま汁の方は、やはり薩摩から伝わった料理だという説...

    2019年5月21日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第21回:スープの中で絵を描いてみたかった。

    第21回:スープの中で絵を描いてみたかった。ダイエットにおいて、料理の見た目はかなり重要だと思います。カロリーを減らす⇒量を減らす⇒品数を減らす⇒食材の彩が乏しくなる⇒マズい食事になる⇒これを我慢しなければ痩せられない、というようなイメージがある人は多いのではないかと思うのですけど、1日30品目摂取しつつ…って話になると、そこはまった...

    2019年5月20日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第20回:八宝菜風?もどきなスープ

    第20回:八宝菜風?…というか、もどきなスープ5月も真っ盛りですが、4月、5月は新入生、新社会人、転職者などの歓送迎会が真っ盛りの時期ではないでしょうか?急性アルコール中毒になると危険ですから、お酒の一気飲みは避けましょうね。…それはさておき、今日は休日やイベント中のダイエットについて思うところがあって、ツブログしております。GWやお盆、年末年始などの長期休暇中は、ちょ...

    2019年5月19日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第19回:サラダ以外のアボカド料理が作ってみたかったから。

    第19回:サラダ以外のアボカド料理が作ってみたかったから。アボカドって、サラダやマグロとあわせて使われることが多いような気がしますが、それ以外の料理って、御店でもスーパーでもあまり見かけないような気がするんですよね。唐辛子系の料理が苦手な私が、メキシカンスープに挑戦しようと思ったのは、アボカドをサラダ以外の料理方法で食べてみたかったからでした。それまで私は、アボカドと言ったら、コブサラダにして食べ...

    2019年5月18日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第18回:カレーの本当の名前

    第18回:カレーの本当の名前日本の国民食と言われているほど、日本では大人気のカレーですが。これ、カレーのルーツをたどれば、当然、インドの伝統料理の1つだろうと思っていたのですが、ちょっと事情が違ったようです。インドでは、毎日カレーを食べると言われているので、その真偽はどうなのかと思って調べ始めたのですが、どうやら、本場のインドでは、ラッサムやサンバールと呼ばれている物を毎日食べているようで、それは...

    2019年5月17日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第17回:ポタージュ一考

    第17回:ポタージュ一考スープにもいろいろあるようで、調べると結構奥が深いと感じさせられます。ポタージュペイザンって名前は、私がずいぶん昔から持っている料理本に載っていた名前なのですが、野菜がタップリ摂れるスープなので、ずっと昔からのお気に入りのレシピです。で、ペイザンって言うのは、本当はペイザンヌと書くのが正しいようで、それの元は、どうもフランス語だったみたいです。料理本を見ていると、どうやら、...

    2019年5月16日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第16回:全部5月が旬のスープです。

    第16回:全部5月が旬のスープです。本日のスープは「さつき汁」なのですが。このさつき汁って、津軽の郷土料理なのだそうです。でも、調べてみると、さつき汁って、いろいろなバリエーションがあって、結構具沢山にしているレシピもあるようですし、そうかと思えば、津軽の郷土料理として認定されている物もあるようです。その、郷土料理として認定されているさつき汁は、ふきとわかめを使った、スープと言うより、すごくシンプ...

    2019年5月15日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第15回:根性と気合で作るポトフ

    第15回:根性と気合で作るポトフ考えてみると、私がスープ作りにハマッた直接の原因というか、きっかけは、ポトフだったかもしれません。昔、知人を訪ねてパリに行った時、現地在住の知人がそこでよく食べるという店に案内してもらって、食べに入ったブラッセリー(ビストロの1つ格下の、カフェと食堂の中間のようなお店)で食べたポトフが、びっくりするほどおいしかったんです。多分、いたってシンプルな味付けだったと思うん...

    2019年5月14日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第14回:洋風鶏ガラスープ

    第14回:洋風鶏ガラスープ鶏がらスープの素は、以前から私の大好きな調味料の1つだったんです。理由は、それ単独で汁物に使ってもとてもおいしいし、他のいろいろな調味料とも相性がすごく良いので、アレンジが多くなるし、スープに限らず、炒めものや煮物の隠し味、和え物のドレッシングの材料の1つにしても、とてもおいしいから。高血圧の敵である塩分を控えめにすると、味が物足りなく感じる人には、鶏がらスープの素や、か...

    2019年5月13日

    竹内 一乃

  • レシピ:スープ

    第13回:炒めないミネストローネ

    第13回:炒めないミネストローネ代謝をあげるためには、身体を温めることが基本だということで、私は9月~3月くらいまでは、スープを週末に作り置きして、それを食べています。今の時期はちょうど、夏バージョンに切り替える頃なのですが、冬バージョンの30品目実施期間は、スープで15品目を摂取している状態です。なので、まずは、スープのレシピをいろいろツブログしていきたいと思います。通常のミネストローネは、料理...

    2019年5月12日

    竹内 一乃