関連記事

  • 江戸の食と暮らし

    第276回:東海道53次今昔(11)

    第276回:東海道53次今昔(11)さて、本日の東海道53次宿場町は、51番目から53番目までの宿場町を見ていきたいと思います。51.石部宿こちらは、現在の滋賀県湖南市石部にあった宿場町です。こちらの名産は、田楽、飴、ところ天、銘酒桜川、菜飯となっています。現在の特産品は、近江牛、地酒、善水寺もなか、菓子、漬物、さといも、ごぼう、となっていまして、ちょっと、当時とは隔世の感がありますが、地酒はやは...

    2020年2月29日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第275回:東海道53次今昔(10)

    第275回:東海道53次今昔(10)さて、本日の東海道53次宿場町は、46番目から50番目までの宿場町を見ていきたいと思います。46.亀山宿こちらは、現在の三重県亀山市にあった宿場町です。こちらの名産は、追分そば、三本松焼き餅となっているのですが、現在、亀山市の名産を見てみますと、会津屋という蕎麦屋さんが現在もあり、蕎麦自体は今も食べに寄ることが出来るようです。三本松焼き餅は、亀山こども館には、そ...

    2020年2月28日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第274回:東海道53次今昔(9)

    第274回:東海道53次今昔(9)さて、本日の東海道53次宿場町は、41番目から45番目までの宿場町を見ていきたいと思います。41.宮宿こちらは、現在の愛知県名古屋市熱田区にあった宿場町です。こちらの名産は、蒲焼、菓子、鯉料理、きしめんとなっているようです。蒲焼と言えば、ひつまぶし。こちらは、現在でも熱田の名産品として挙げられています。菓子というのは、熱田神宮ゆかりの、きよめ餅のことではないかと思...

    2020年2月27日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第273回:東海道53次今昔(8)

    第273回:東海道53次今昔(8)さて、本日の東海道53次宿場町は、36番目から40番目までの宿場町を見ていきたいと思います。36.赤坂宿こちらは、現在の愛知県豊川市赤坂町にあった宿場町です。東京の赤坂見附とはもちろん別物です。こちらでは、草鞋が名産だったようですね。鉄道の敷設(現在の東海道本線)の時に、線路沿いの駅から外れたようで、それがきっかけで、宿場町としては衰退していったそうです。御油宿で...

    2020年2月26日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第272回:東海道53次今昔(7)

    第272回:東海道53次今昔(7)さて、本日の東海道53次宿場町は、31番目から35番目までの宿場町を見ていきたいと思います。31.新居宿こちらは現在の静岡県湖西市新居町新居にあった宿場町です。ここでは、鰻のかば焼き、鰹の塩辛、魚料理、浜名納豆が名産となっています。現在の湖西市でも、鰻のかば焼きは特産品となっていますし、浜名湖で獲れた牡蠣や、浜名湖で獲れる魚介類の佃煮が、江戸時代から続く名産品とし...

    2020年2月25日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第271回:東海道53次今昔(6)

    第271回:東海道53次今昔(6)さて、本日の東海道53次宿場町は、26番目から30番目までの宿場町を見ていきたいと思います。26.掛川宿こちらは、現在の静岡県掛川市城下町にあった宿場町です。当時の宿場町の町名が、現在でも行政区分、自治区名として残っているところが、ちょっと伝統を感じる時代の名残かもしれません。ここの名産は、葛布、藍鮫、さし足袋、白酒ということなのですが、葛布というのは、山野に自生...

    2020年2月24日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第270回:東海道53次今昔(5)

    第270回:東海道53次今昔(5)さて、本日の東海道53次宿場町は、21番目から25番目までの宿場町を見ていきたいと思います。21.岡部宿こちらは、現在の静岡県藤枝市岡部町にあった宿場町です。1836年に再建された旅籠、柏屋が、現在登録有形文化財になっているそうで、当時の旅籠がそのまま見学出来る、嬉しい文化遺産が残っているようです。岡部宿の当時の名産品は十団子だったそうですが、調べてみますと、現在...

    2020年2月23日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第269回:東海道53次今昔(4)

    第269回:東海道53次今昔(4)さて、本日の東海道53次宿場町は、16番目から20番目までの宿場町を見ていきたいと思います。16.由井宿こちらは、現在の静岡県静岡市清水区にあった宿場町です。最寄り駅は、JR東海道本線の由比駅ですが、こちらの当時の名物には、与津のり、桜エビ、あわび、さざえのつぼ焼きがあったようです。かきあげ天ぷらがおいしいみたいですね。与津のりというのは、どんなのりなのか調べてみ...

    2020年2月22日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第268回:東海道53次今昔(3)

    第268回:東海道53次今昔(3)さて、本日の東海道53次宿場町は、11番目から15番目までの宿場町を見ていきたいと思います。11.三島宿こちらは、現在の静岡県三島市にあった宿場町ですね。現在でも、新幹線こだまやひかりが停車する駅名です。当時の宿場町には、伊豆箱根鉄道駿豆線の三島田町駅が一番近いようですが、こちらの名物は、かまぼこ、鶴亀餅、みかん、椿、三島暦が有名だったようです。みかんは、静岡ミカ...

    2020年2月21日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第267回:東海道53次今昔(2)

    第267回:東海道53次今昔(2)さて、本日の東海道53次宿場町は、6番目から10番目までの宿場町についてのぞいてみたいと思います。6.藤沢宿藤沢宿は、現在の神奈川県藤沢市にあった宿場町ですが、こちらの当時の名物は、ひしこなます、あんこう、弁慶餅、鮎、さざえ、あわび、江ノ島煮、あわびの粕漬などが有名だったようです。江の島には宗像神社がありますので、江の島参拝も盛んだったようです。大名が宿泊していた...

    2020年2月20日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第266回:東海道53次今昔(1)

    第266回:東海道53次今昔(1)さて。江戸小話も10回を数えましたので、今回は同じ江戸の話でも、旅行にトピックを絞り込んでみたいと思います。東海道53次と言えば、十返舎一九が「東海道中膝栗毛」に弥次喜多道中として、面白おかしく書き残している、江戸時代に整備された5街道の1つであることは、どなたもご存じかと思います。江戸時代、庶民が旅をすることは各藩によって禁止されていたようなのですが、これには抜...

    2020年2月19日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第265回:江戸小話(10)

    第265回:江戸小話(10)さて。本日は行楽の楽しみの続編として、当時の外食について書いてみたいと思います。東京の旧称でもある江戸は、当時世界屈指の大人口を抱える100万都市だったようです。1657年の明暦の大火と呼ばれる大火事があった後、建築ラッシュの影響のためか、男性の人口が急増したことや、大名の参勤交代に伴って大名に付き従う武士達も単身赴任状態で江戸にやってきたこともあってか、行商や屋台が店...

    2020年2月18日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第264回:江戸小話(9)

    第264回:江戸小話(9)本日は、江戸時代のモードについて、少し見てみたいと思います。江戸時代のファッションリーダーは歌舞伎役者だったようで、市川團十郎や、松本幸四郎、尾上菊五郎など、現代まで襲名され続けている当時の看板役者の衣装には、ユニークな柄の物が今でも残っています。江戸時代に流行した着物柄として有名なところは、・六弥太格子(市川團十郎が演じた岡部六弥太からつけられた物)・菊五郎格子(三代目...

    2020年2月17日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第263回:江戸小話(8)

    第263回:江戸小話(8)さて。本日は江戸時代の娯楽について、少しツブログしてみたいと思います。江戸時代の頃はテレビも映画もゲームもありませんでしたから、遊びが何もなくて退屈だっただろうと思われるかもしれませんが、意外とそうでもないようです。祭の縁日はもちろん、人生ゲームの原点とも言える絵双六のような盤上ゲームもあったようですし、水芸や手妻と呼ばれる手品もあったようです。江戸時代の楽しみは、他に、...

    2020年2月16日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第262回:江戸小話(7)

    第262回:江戸小話(7)さて、前回、江戸時代の道具や台所について少しご紹介いたしましたので、本日は、江戸時代のお風呂、トイレ事情などについて、ツブログしてみたいと思います。江戸時代、お湯とお風呂は別物でした。お湯というのは、蒸し風呂、つまり現代のサウナ風呂のことで、風呂というのが今の入浴のことなのだそうです。写真は、2009年に再現された、名古屋城の将軍のお湯殿、つまり蒸し風呂です。下側でお湯を...

    2020年2月15日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第261回:江戸小話(6)

    第261回:江戸小話(6)実は私は、個人的に遺跡というほどでもなくても、古民家や文化財になっている家や偉人の生家や古城を見学するのが結構好きなのです。特に、台所や当時の人が使っていた部屋に品物がそのまま残っているところを見るのがとても好きでして。旅行に出かけると、最寄りの偉人の生家や、遺品を集めているコーナーのある博物館などに立ち寄ることも多いのです。なぜって、たとえば、作家の生家などの場合でした...

    2020年2月14日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第260回:江戸小話(5)

    第260回:江戸小話(5)さて。前回、養生という江戸時代の健康に対する考え方について、少し触れてみましたが、本日は、養生食について、ツブログしてみたいと思います。前回、養生の根底に流れているのは、陰陽五行に基づく医食同源という考え方と、明朝の頃に書かれた本草綱目だということを書いておりましたが、この陰陽五行説というのは、Wikipediaによりますと、中国春秋時代にそれぞれ別に発生した陰陽思想と五...

    2020年2月13日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第259回:江戸小話(4)

    第259回:江戸小話(4)本日は、江戸時代の健康に対する考え方について、触れてみたいと思います。江戸時代は、「生活に気をつかい、健康増進に努めること」を「養生」と言っていたようで、徳川家康が征夷大将軍になった後、箱根に湯治に出かけたのをきっかけに、他の諸大名も真似をするようになったそうで、江戸時代になってから、湯治がブームになったそうです。家康は、湯治を治療だとして、これに乗じて金もうけに走ること...

    2020年2月12日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第258回:江戸小話(3)

    第258回:江戸小話(3)本日は、江戸の食生活を1日の流れを追いながら、見ていきたいと思います。まず、江戸の起床時間を知るのは、意外と難しいようです。当時の時間の数え方は、不定時法と言いまして、非常に不思議な時間の数え方をしています。これは、太陽の動きにあわせて、1日を昼と夜に分け、それぞれを6等分ずつにわけて、ひとつを「刻(こく)」と言って時間を数えていたものだそうです。つまり、夏至と冬至とでは...

    2020年2月11日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第257回:江戸小話(2)

    第257回:江戸小話(2)さてさて。本日は江戸時代の人気のおかずや、番付のおかずについて、いろいろと取り上げてみたいと思います。写真の番付けは、おかず番付と呼ばれる、人気のおかずランキングです。見てみると、その内容がとても趣向を凝らした物になっています。まず、東と西の分け方を、精進方(精進料理)と魚類方(魚料理)にしてあります。さらに、審判役である行司方にあてられているのは、たくあん、ぬかみそ漬け...

    2020年2月10日

    竹内 一乃

  • 江戸の食と暮らし

    第256回:江戸小話(1)

    第256回:江戸小話(1)さて。豆腐百珍や、鯛百珍など、江戸時代の食べ物をずいぶん取り扱ってまいりましたので、ちょっと話を膨らませて、本日は江戸時代の食生活について、少しのぞいてみたいと思います。江戸時代初期では、まだ、1日2食が普通だったようですが、中期に入ると1日3食が定着し始めたようです。とは言え、庶民(町民)のその食事の中身はとても質素なものです。食事は大抵、ご飯とおかず1品、味噌汁1杯、...

    2020年2月9日

    竹内 一乃