関連記事

  • レシピ:鍋料理

    第216回:薬膳と鍋料理

    第216回:薬膳と鍋料理さてさて。本日のツブログのテーマは薬膳と鍋料理、となっているのですが。薬膳鍋=火鍋としてしまうと、既にツブログは終わっております状態ですので。(笑)え、それで終了して良い?いや、それはせっかくの機会がもったいないので、もうちょっと薬膳的な方向でツブログをば、試みてみたいと思います。(笑)いや、もうちょっと薬膳的な方向って、早い話が漢方食材と、冬に体を温める薬膳的な意味での食...

    2019年12月31日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第215回:骨を作る鍋料理

    第215回:骨を作る鍋料理さてさて。10品目超え楽勝の鍋料理をせっかく食べるのですから、たんぱく質をビタミンB6との合わせ技でしっかり吸収率をUPさせた後は、さらなる明るい老後に向けて、メタボ脱出に加えまして、ロコモ予防にも頑張っておきたいですから、ここはやっぱり、骨を作る、をテーマにツブログしてみたいかな、と思います。寝たきり生活にならないように、年をとっても転びにくい体作りをしようと思うと、メ...

    2019年12月30日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第214回:はも百珍Part5

    第214回:海鰻(ハモ)百珍Part5さてさて。あっと言う間に、ハモ百珍も大詰めを迎えましたが、本日はどんなレシピが並んでくるでしょうかねぇ。私自身も楽しみながら、読み進めてまいりたいと思います。それではのぞいてみましょうか。1、八盃はむ(ハモ)を薄塩湯でさっと煮て、茶碗に盛り、葛餡をかけた物を、白魚もどきと言う。吸口、山葵。1、擦り肉をつくね芋(ヤマトイモの別名だそうです。伊勢、丹波、加賀の物が...

    2019年12月29日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第213回:はも百珍Part4

    第213回:海鰻(ハモ)百珍Part4それでは本日も引き続いてハモ百珍、行ってみたいと思います。今日はどんな料理が出てくることやら。(笑)1、先ほどのうす炙り(昨日の69番目のうす炙をご参照ください)を短冊に切り、海松椎茸の細切り、芹などをあしらって、溜まり煎り酒の刺身とする。これを八橋と言う。1、うす炙りの片面を炙って、中へ山椒味噌を包んだものをふのやきばむと言う1、すり身肉に蕎麦の粉を4分通り...

    2019年12月28日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第212回:はも百珍Part3

    第212回:海鰻(ハモ)百珍Part3はい、本日も引き続きまして、ハモ百珍シリーズでございます。何やら、前回はとにかく、ハモのすり身肉をいろいろと使ったレシピが多かったなと思いましたが、今回はどんな具合でしょうかね。頑張って読み進めたいと思います。1、おろした肉に、塩を加えそのまま煮れば、ばらばらと成る。これを解流と言う。松茸、ト治(しめじ)のようなものをあしらって、羹(汁)にする。また、澄まし汁...

    2019年12月27日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第211回:はも百珍Part2

    第211回:海鰻(ハモ)百珍Part2本日も、お読みくださってありがとうございます。さてさて。昨日いきなり、ハモの湯引きの原型料理やら、漣やら、朝比奈炙やら、凝った料理が満載でございましたが。本日はどんな物が出てくるでしょうか。頑張って読み進めたいと思います。それでは、お楽しみくださいませ。1、先ほどのハモの竹輪のまわりに、細い杉箸を使って簀巻きのようにして藁でくくり、蒸した物を花車という。大きな...

    2019年12月26日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第210回:はも百珍Part1

    第210回:海鰻(ハモ)百珍Part1来た~~~~!来ましたよ、来ちゃいましたよ。ハモ百珍シリーズが。あああ、どうしよ~、ど~しよう、どおしよぉ~~~~古文だよ。わかんない単語や単位がまたいっぱい出てくるよ。(汗)と、内心ではまたもや、ジタバタしているのですけれども。百珍シリーズはこれをやり遂げれば、料理百珍集を1冊まるまる、全部現代語に直したことになりますので、ここはビシッと気合をいれまして、何...

    2019年12月25日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第209回:ムケッカ

    第209回:ムケッカ本日は、クリスマス・イブでございますが、イブでもメリークリスマスの挨拶でよいのでしょうか?何はともあれ、皆様、素敵なクリスマスを過ごされていらっしゃると思います。さて、本日のムケッカ、こちらはトマトを使った、ブラジルの海鮮シチューなのですけれども。何年か前に、FIFAワールドカップブラジル大会の行われました際に、日清食品より、「ブラジリアンシーフードヌードル ブラジルの魚介郷土...

    2019年12月24日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第208回:火鍋

    第208回:火鍋さてさて。まずは、豪華の極みな、230年前の鯛百珍料理を終えまして、閑話休題。せっかく鍋料理についてあれこれとツブログする機会に恵まれたのですから、この際、メタボ脱出に使えそうな、世界の鍋料理についても、ツブログしてみよっかな、ということで。鯛百珍とハモ百珍の合間を縫って、いろいろと探してまいりたいと思います。(笑)でもって、まずは世界の鍋料理第一弾といたしまして、「火鍋」この鍋料...

    2019年12月23日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第207回:鯛百珍Part5

    第207回:鯛百珍Part5さてさて。鯛百珍も大詰めまでやってまいりましたが。これまでの80品、全部ムチャクチャ豪華でしたから、なんかもう、残りもすごそうで、私も読み進めながらワクワクしているのですけれども。(笑)ただ、残念ながら私はここまでの80品で、お試しにでも作れそうな物が数えるほどしかありません。(泣)どう頑張っても、腕がないのよ。…板前さ~ん、どうか、鯛百珍、豆腐百珍、卵百...

    2019年12月22日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第206回:鯛百珍Part4

    第206回:鯛百珍Part4昨日の、出石の鯛の松茸香り漬け焼きが、あまりにも贅沢なメニューだったので、なんだか、まだクラクラしているのですが。(笑)やっぱり、さすがは、おめでたい時の食材の代表格の鯛だけあって、ま~、どのお料理もとんでもなく豪華で手間暇かかってて、華やかですね~。何というか、刺身に色付けするって演出自体も華やかですし、一緒に使う具材が松茸だの、ハマグリだの、やはりおめでたい時ならで...

    2019年12月21日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第205回:鯛百珍Part3

    第205回:鯛百珍Part3さてさて。それでは、鯛百珍の続きを読み進めてみたいと思います。今日はどんなスゴ技が出てくるかなぁ。…41)長崎シウベイの仕方鯛を二枚におろし、見合ったように角切りにして、饅頭の粉を酒で溶いて、黒ごまを入れ、角切りにした魚を混ぜ、ごまの油で揚げる。また白餅を角切りにして、あげて少し火取して焦がし、熱湯に漬け置きする。さて、だし汁を取って、ごま油で揚げた先ほど...

    2019年12月20日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第204回:鯛百珍Part2

    第204回:鯛百珍Part2ううむ。昨日、鯛百珍の1発めでスゴ技がガンガン披露されていたので、これはすごいと思って、今回もなんとか頑張ってはみましたが。相変わらず、古文です。いや、230年前の文章なんだから、古文なのは当たり前なんですが。(笑)当時の書きぶりをなるだけ残して、著者の面影が消えないように、頑張ってみたつもりですが、現代文に直すと、どうしても文章の感じが変になってしまいますね。(苦笑)...

    2019年12月19日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第203回:鯛百珍Part1

    第203回:鯛百珍Part1さてさて。いきなりですが、鯛百珍シリーズ、まいりたいと思います。(笑)これも、天明5年(1785年)に書かれた物のようですから、今からおよそ230年ほど前の料理レシピ本、ということになるでしょうか。景甫書という雅号が書かれてあるので、おそらく、この景甫という方が著者なのだろうと思いますが、その前書きによりますと。「古より名家に秘しきたれる書を探り、并(ならび)に、諸国の...

    2019年12月18日

    竹内 一乃

  • レシピ:鍋料理

    第202回:鍋料理の種類

    第202回:鍋料理の種類調味料編も終わりまして、本日からは続いて鍋料理編のツブログをやってみたいと思っております。メタボ脱出するのに、鍋料理なんか食っていいんかい、と思った方、いらっしゃいますでしょうか。ええ、鍋料理も私の場合は食べております。鍋料理って、種類によっては、予想外にヘルシーなんですよ。スープ同様に、品目数もかなり稼げますし。たくさん作ったとしても、数日間かけて食べることが出来るので、...

    2019年12月17日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第201回:筋肉と調味料

    第201回:筋肉と調味料さて。本日は調味料編の最終回になるわけですが。この回では、食べ合わせと、筋肉についてちょっとツブログしてみたいと思っております。まずは食べ合わせから。どの調味料で何を食べたら、どういう効果があるのかってところを組み合わせた食べ合わせ。(笑)それを食べてメタボ脱出出来れば、調味料さんだって、メタボ脱出お助け応援団でご活躍いただけたことになるんじゃないかってことで。(笑)今回の...

    2019年12月16日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第200回:はちみつ

    第200回:はちみつついに、こちらでの連載も200回を突破いたしましたね。お読みくださっている方が、何人いらっしゃるのかわかりませんけれども、この記事を読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、心から感謝申し上げます。蜂蜜(はちみつ)とはミツバチが花の蜜(花蜜)を採集し、巣の中で加工、貯蔵したものをいい、自然界で最も甘い蜜といわれるのだそうです。 花蜜の成分であるショ糖を、ミツバチの体内で唾液...

    2019年12月15日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第199回:フュメ・ド・ポワソン

    第199回:フュメ・ド・ポワソンさてさて。本日のツブログのテーマは、フュメ・ド・ポワソンにしております。フォンとブイヨンのところで、実は既にフォン・ド・ポワソンとして、チラッとご登場させていただいているのですけれども。本来は魚のソース出汁のことは、フュメ・ド・ポワソンというのが正しい名前だそうです。で、これも魚のあらを使ったお出汁ですので、日本の魚のあらで出汁を取ったあら炊きに似ている気がしており...

    2019年12月14日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第198回:醤

    第198回:醤(ジャン)んっと。タイトルは、醤油のことではないです。あれはもう、ツブログし終わってますもんね。ええ、「ジャン」のつもりで書きました。つまり、豆板醤、コチュジャン、甜麺醤、XO醤、あのあたりについて、ちょこっとツブログしてみたかったもので。昔、「醤~♪」とコーラスが歌って宣伝していたCMがあったように思いますが、あれはどこのCMだったのか、何のCMだったのかも忘れてしまいました。ラー...

    2019年12月13日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第197回:昆布茶

    第197回:昆布茶なんで、唐突にお茶が出てくるんだよ、と思われた方、いらっしゃいますでしょうか。(笑)ええ、確かに本日のタイトルはお茶の名前ではあるのですけれども。昆布はもともと鍋料理やみそ汁の出汁にも使いますし。実はワタクシ、これを調味料としてちょくちょく使っておりまして。(笑)もちろん、本来これはスプーンで湯飲み茶わんに入れて、お湯を注いで飲む、インスタントなお茶の1種ですから、何やら、スーパ...

    2019年12月12日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第196回:ブイヨンとフォン

    第196回:ブイヨンとフォンせっかく、調味料のツブログをするので、この際ですから、スープの素だって、一緒にツブログしたっていいだろ~って思ったもので、本日はこのタイトルです。うん、スープを食べまくったのと、尋常でない分量の生姜を使い倒して、メタボリック判定非該当を勝ち取りましたので(笑)、ここはやっぱり、スープの素になるものですから、押さえておきたいな、と思ったんです。それと、いまいち、スープの素...

    2019年12月11日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第195回:味醂

    第195回:味醂味醂はもち米と米麹、アルコールを熟成させて作るそうなので、実はお酒の仲間だそうです。だから、消費税10%になる時、みりんはお酒扱いになるので、調味料ですけど、消費税は10%としてカウントされていますね。何のドラマだったか忘れましたが、(確か時代劇)アル中の浪人風の亭主が酒欲しさに、酒を買ってこいと女房に怒鳴って茶碗をぶつけたところ、女房がひいっと逃げながら、酒はもうない、と言うと、...

    2019年12月10日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第194回:料理酒・梅酒・ワイン

    第194回:料理酒・梅酒・ワイン個人的に、お酒は宴会以外では飲まないんですけど。一応、自家製梅酒もおいてあるし、料理には料理酒やワインも使っているので、やっぱりこれもツブログしておくべきかなぁ、と思いまして、このトピックの選択です。ワインは調べ始めると、無尽蔵なほど奥が深すぎるので、今回はちょっと…お酒は、製造方法によって、醸造酒…米、米麹、水などを原料とする酒。清酒、...

    2019年12月9日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第193回:出汁

    第193回:出汁さてさて。本日のツブログは「出汁」となっておりまして。こちらも、やっぱり、ツブログしたかったトピックの1つだったんですねぇ。やはり、調味料がテーマですから。それはともかく。だしは、どなたもご存じの通り、うまみ成分を引き出す食材ですけれども。このうまみの成分は、アミノ酸系と、核酸系と、有機酸系の3つに大別できるのだそうです。で、それがどのお出汁になるか、と言いますと。アミノ酸系&he...

    2019年12月8日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第192回:牛乳・チーズ・バター・ヨーグルト

    第192回:牛乳・チーズ・バター・ヨーグルト本日のタイトルをツブログする前に、ウスターソースについて調べようと思ったのですが、残念ながら、ウスターソースは、私の手持ちの薬膳関係の本の中に含まれていませんでした。ネットで調べても、薬膳の分類なども出てきませんでした。でもどういうわけか、バターはちゃんと、薬膳の食品の中に含まれていたりするんですよね。…もともと、これは調味料として、現代の...

    2019年12月7日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第191回:日本の薬味

    第191回:日本の薬味ハーブを昨日ツブログしておいて、日本の和食の要である日本の薬味をすっ飛ばすわけにはいかないよなぁ、と思いましたもので。それで、今日のタイトルです。というわけで、ハーブ類に続きまして、本日は日本の薬味についてツブログしたいかな、と思っております。このツブログのす~~~~っごく最初の方に、生姜の使い道について、ツブログしているものがあるのですけれども。その時に、ちょこっと、薬味に...

    2019年12月6日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第190回:ハーブ類

    第190回:ハーブ類ハーブ類ってタイトルになっておりますが。ハーブ類を調味料扱いしちゃっていいのか?大体ハーブ類ったって、いろいろあるでしょうよ、と思っておられる方もいらっしゃるかと思います。ハイ、その通りでございます。薬味やハーブ類は料理として仕上がった時、実際に食卓に上って、食べている物もあるので、それは調味料という扱いにしていいのかどうか、議論したらなんだか、ものすごいバトルになりそうな気は...

    2019年12月5日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第189回:マヨネーズ

    第189回:マヨネーズさてさて。本日のツブログはマヨネーズについてなのですけれども。多分、マヨネーズが好きな方はとっても多いと思うのですよね。なんたって、マヨラーって言葉があるくらいですから。しかし、メタボ脱出志願者にとっては、残念ながらマヨネーズって、カロリーの高い調味料の1つで、食べすぎないように、カロリーUPしないような調理の仕方にするよう、意識しないといけない物の1つだと思います。でも。。...

    2019年12月4日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第188回:油

    第188回:油さてさて。油につきましては、魚油のところで一度ツブログさせていただいてはおりますが。魚油のところでは、オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系なんて話をツブログしましたので。今回は、オリーブ油やごま油について、ツブログしてみたいかな、と考えております。ええ、この2つをとりあげるのは、とりもなおさず、この2つが薬膳的にもとりあげられているからなのと、もちろん、私自身が普段使っているのがこの2...

    2019年12月3日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第187回:醤油

    第187回:醤油子供のころに、調味料を複数使う時、入れる順番として、「さしすせそ」だと覚えておくように、と、昔、習った記憶はあるのですが。「さ」=砂糖、「し」=塩、「す」=酢、「せ」=醤油、「そ」=味噌、というのを聞いたとき「何で、「せ」が醤油??」と尋ねたところ、「昔、醤油のことを旧仮名遣いで「せうゆ」と書いていたから」という返事だったと思います。でも、それを聞いた相手が、母だったのか、家庭科の...

    2019年12月2日

    竹内 一乃

  • レシピ:調味料

    第186回:砂糖

    第186回:砂糖さてさて。緊張しつつ続けていた薬膳料理編を何とかかんとか終えまして。本日からは、調味料編に移りたいと思っております。え、もう料理の話はしないの?って思われる方、もしかしたら、いらっしゃるかもしれませんが、終わりませんよ、まだまだ。この後、鍋料理についてもツブログしたいですから。(笑)御酢を酢の物料理編の所で、別扱いしたので、他の調味料も、何とかちょっとずつでもツブログしたいなと思っ...

    2019年12月1日

    竹内 一乃