ノートルダム清心女子大学文学部卒業。(株)三城入社後、特許公開2003-248202
特許公開平7-168875
特許公開平7-121581を取得。
1994年第10回NICOGRAPH論文コンテスト入選
論文タイトル「AIを活用した眼鏡用高品位CGデザイン・アドバイス・システム」後(株)タムロン勤務。その後ブログライターとして活動中。竹内 一乃

プロフィールを全て表示

人生においては、人だったり、物だったり、とても大きな出会いが時折発生することがあるように思います。

自分自身の体験で言うと、大学で文学を専攻していた頃、まさか自分がソフトウェアを開発することになるとは、夢にも考えていませんでしたし、それに伴う特許を取ったり、論文を書いたりすることになるとも、露ほども考えていませんでした。そして、その後ブログを書くことになり、そのブログを書くことで、後々深く影響を受ける本に巡り合うとも考えていませんでした。

そして、人生はその時その時、下した選択が連鎖していき、次に新たな展開へとステージが移り、そこで体験していく全てが積み重なって次につながっていくものだと、私も最近やっと何となくですが、分かり始めたところです。

今更な話ではありますが、「偶然」選んだ人や物が、後々大きな影響をもたらしてくるケースがあると思います。そういうのを「運命」と呼んでも良いのではないか、と、普段運命という言葉をあまり使っていない私でも考える時があります。ここでこのサイトを選んでいただいた方も、一つの選択をしてくださったのだと思います。その選択の結果発生した出会いに、心より感謝申し上げます。

天明4年(1784年)。十返舎一九や、滝沢馬琴、喜多川歌麿、葛飾北斎、杉田玄白、伊能忠敬が活躍していた時代に、豆腐百珍という、100種類の豆腐料理の作り方が記載された本が出版されました。これは現在、八坂書房から「料理百珍集」として発行されていますが、実はこの本との出会いが、私をここでの読者の皆様との出会いへと導いたと言っても過言ではないのです。

5年前、私はあるプロバイダーの所で「お一人様御用達 メタボ脱出の道」という、ダイエットブログを掲載していました。当時、更新頻度はかなり高めだったので、もしかしたら、ここをお読みくださっている方々の中にも、私のブログをご存じの方はいらっしゃるかもしれません。そこで、豆腐料理について書こうとしている時、あちこちのサイトを調べていた所、度々出典元の名前に「豆腐百珍」という言葉が目に付くので、どんな本だろうと思って興味が湧き、書店で偶然それを見つけて入手したのです。…そして、それが全ての始まりでした。

要するにそれは、現代のクックパッドやオレンジページのような、料理本だったのですけれども、調味料の割合が一切書かれていない上に、調味は好み次第、などと書かれているのですが、確かに100通りの豆腐の料理方法が記載されている、江戸時代の料理本でした。

そこには、豆腐百珍の他に、豆腐百珍続編、豆腐百珍余禄も含めて、300品ほどのレシピがずらりと並んでいるだけでなく、卵百珍、ハモ百珍、こんにゃく百珍、鯛百珍、甘藷(さつまいも)百珍、柚子百珍など、9種類もの百珍料理集が並んでいたのです。

その本には、近世の言葉が現代仮名使いでそのまま記載されていましたが、当時の料理方法があまりにも面白くて、ブログにはそれを拙いながら現代語に訳して掲載していました。当時の調理器具で水嚢という物が出てきたり、分量の測り方が寸とか尺で記載されていたので、現代のcm法ではそれがどのくらいになるのかも説明を加えて掲載しました。

その面白さが高じて、今度は自分で別な食材を使った様々なダイエット百珍料理集を自分でレシピを考案して、次々掲載を始めました。今、それが合計で1500種類ほど、自分の考案したレシピとして手元に残っています。

今回、こちらでそのブログを再開させませんかというありがたいお話をいただき、こちらにブログを書かせていただくことになりました。メタボ脱出向けの話が中心だと思っておりますが、ご飯は人の心を温かくする健康の素であり、基本だと思います。235年ほど前の料理集から触発されて、現代の子孫達がどんなものを作って食べているかの軌跡を作っていくことは、私自身の人生の足跡にもなるかなと思っています。楽しんでお読みいただけると嬉しいです。

令和元年 5月
竹内 一乃

竹内 一乃の新着記事

  • 百珍集Part2

    第437回:豚百珍(61)

    第437回:豚百珍(61)さて。本日の豚百珍ですが。…これも、作り方としては、どっかで見た物かもしれません。鮭でも同じ作り方は、やった気がします。本日の豚百珍は、「豚の挟み焼き」でございまして。これもね、何を挟むかで、洋風にするか、和風にするか、いろいろアレンジでき...

    2020年8月8日

  • 百珍集Part2

    第436回:豚百珍(60)

    第436回:豚百珍(60)さて。本日の豚百珍は…江戸時代の区分的には、ほぼ、尋常品相当だろうと思います。…う~ん、もしかすると、通品相当かもしれません。…多分、若干、バカ野郎系ですね。…国民食、と言えるほど、鉄板人気のメニュ...

    2020年8月7日

  • 百珍集Part2

    第435回:豚百珍(59)

    第435回:豚百珍(59)ううむ。…お盆が近づいてるんだな。…7月は割と雨の日が多くて、比較的涼しかったのに、8月になってから一気に暑くなって、昨日はあまりに暑かったもので、夜寝るときにアイスノンを使って寝てしまいました。まあ、7月8月と2か月はそうい...

    2020年8月6日

  • 百珍集Part2

    第434回:豚百珍(58)

    第434回:豚百珍(58)さて。本日の豚百珍でございますが。これは…何品相当なんだろな。…多分、定番ぽい感じのレシピな気はしています。代表的な、日本のおふくろの味の、アレンジバージョンという感じなんですが。…それだと尋常品??なのかな?奇...

    2020年8月5日

  • 百珍集Part2

    第433回:豚百珍(57)

    第433回:豚百珍(57)さてさて。本日の豚百珍は…結構、某国の国民食というか、ソウルフードっぽい位置づけにある物じゃなかろうかと思います。何やら、あちらでは、これの早食い大会があるそうで、それの優勝者が日本人だ、というお話もあるようなのですが。…って...

    2020年8月4日

  • 百珍集Part2

    第432回:豚百珍(56)

    第432回:豚百珍(56)う~む。…今日の豚百珍は、江戸時代の区分的に、何品相当なのかって話は…毎回頭の痛い問題でございまして。…本日のコレはどうしようかなぁ。…やっぱり、尋常品?…通品でもいいかなぁ。&hel...

    2020年8月3日

  • 百珍集Part2

    第431回:豚百珍(55)

    第431回:豚百珍(55)は~…しばらく、バカ野郎系が続いておりましたので…今回はちと、まともに作った物を…と気持ちだけはあるんですけど。これも、人によってはバカ野郎系扱いになっちゃうかもしれません。う~ん。…江戸時代の区分...

    2020年8月2日

  • 百珍集Part2

    第430回:豚百珍(54)

    第430回:豚百珍(54)あ~…う~…本日の豚百珍は…これも、尋常品か、通品扱いかなぁ…水でもどして、巻くだけな物を、「作る」と言ったら、罰が当たりそうなんで、いやはや、何とも…でもって、これもやっぱり、限りな...

    2020年8月1日

  • 百珍集Part2

    第429回:豚百珍(53)

    第429回:豚百珍(53)う~む。本日の豚百珍は…これもやっぱり、通品扱いか、尋常品相当でしょうかねぇ…包丁使ってないので、バカ野郎系です。…最近、こんなんばっかりだな。…中身はちゃんと、メタボ脱出向けのはずなんだけどなぁ。...

    2020年7月31日

  • 百珍集Part2

    第428回:豚百珍(52)

    第428回:豚百珍(52)う~む。…今日の豚百珍は…またもや、バカ野郎系…かもしれません。…一応、ちゃんと作ったはずなんですが。…何がど~してこうなった。…や、何がバカ野郎かって、中に入れる物じゃ...

    2020年7月30日

  • 百珍集Part2

    第427回:豚百珍(51)

    第427回:豚百珍(51)さて。本日の豚百珍でございますが。…おそらく、これはもう、「尋常品」もしくは「通品」あたりのランク入りさせる以外、考えられないだろうという気がします。や、それというのも、あまりにも平凡、かつ、庶民の給料前レシピな感がアリアリなんでございます...

    2020年7月29日

  • 百珍集Part2

    第426回:豚百珍(50)

    第426回:豚百珍(50)うっわ~~~~………、い、いつの間に、百珍が50回目になってたんでしょう。それなのに、せっかくの50回目で、今日の豚百珍が、バカ野郎系であるとは…どうしたものやら。何品相当かって話は…...

    2020年7月28日

  • 百珍集Part2

    第425回:豚百珍(49)

    第425回:豚百珍(49)今日の豚百珍は…プロが作れば絶品扱い出来ますし、世間の知名度的には、レトルトのスープなんかもスーパーにポンと置いてあるので、尋常品扱いしてもよさそうですから、もう、日本の冬のあったかメニューの仲間入りしてそうな気がする1品じゃないかと思って...

    2020年7月27日

  • 百珍集Part2

    第424回:豚百珍(48)

    第424回:豚百珍(48)さてと。本日の豚百珍は…久々に、マイ食卓の定番レシピさんのご登場かもしれません。ここ数日は、国民食的な物をメタボ脱出向けにクラスチェンジさせた物が多かったような気がしていたのですけれども。豚肉を使った料理には違いないですが、江戸時代の区分的...

    2020年7月26日

  • 百珍集Part2

    第423回:豚百珍(47)

    第423回:豚百珍(47)さてさて。本日の豚百珍は、と…今日のこれもねぇ…多分、日本の国民食的な扱いをしてオッケーだろうと思います。餃子と同じくらい、子供も大人も大好きな点心じゃないでしょうかね。でもって、結構これも種類があって、中の具材をいろいろ変え...

    2020年7月25日

  • 百珍集Part2

    第422回:豚百珍(46)

    第422回:豚百珍(46)ううむ。…本日の豚百珍は…多分、鶏そぼろ丼の親戚じゃないかと、個人的に食べた感想として思います。や、これはもちろん、ちゃんと作りましたし、れっきとしたタイ料理だと思うのですが。食べてみたら、鶏そぼろ丼のそぼろが、豚ひき肉のそぼ...

    2020年7月24日

  • 百珍集Part2

    第421回:豚百珍(45)

    第421回:豚百珍(45)は~…本日の豚百珍は…これもやっぱり、「尋常品」か、「通品」あたりじゃなかろうかと思います。多分、これも国民食相当な、ごくごく、日常的に食べられている物ですね。レンジでチンするだけなタイプの物もありますし、粉末をふりかけて、そ...

    2020年7月23日

  • 百珍集Part2

    第420回:豚百珍(44)

    第420回:豚百珍(44)さて。本日の豚百珍でございますが。…これは、ハッキリ言って、カレーと並ぶ日本の国民食と言っていい品の1つだろうと思います。専門店もあちこちにありますし、居酒屋でも、中華料理店でも、もちろん必ず置いてあるメニューですし。お昼に、ラーメンとセッ...

    2020年7月22日

  • 百珍集Part2

    第419回:豚百珍(43)

    第419回:豚百珍(43)本日の豚百珍は、ちょっと、昨日散々、悩むほどのことでもない話なのに、妙にウンウン唸って悩んだので、自分もちょっと今日は、書いててホッとするレシピの方がいいな~という気がしたため、久々にスープで。「キャベツとベーコンのスープ」でございます。(笑)私のスープ...

    2020年7月21日

  • 百珍集Part2

    第418回:豚百珍(42)

    第418回:豚百珍(42)う~ん…どうしようかなぁ。……本日も豚百珍をもちろんサクサクと…進めたいのですけれども。これがねぇ…どうやったものかなぁ、と、結構悩んでいる1品なのですよ。(現在進行形)と申しますのも...

    2020年7月20日