ノートルダム清心女子大学文学部卒業。(株)三城入社後、特許公開2003-248202
特許公開平7-168875
特許公開平7-121581を取得。
1994年第10回NICOGRAPH論文コンテスト入選
論文タイトル「AIを活用した眼鏡用高品位CGデザイン・アドバイス・システム」後(株)タムロン勤務。その後ブログライターとして活動中。竹内 一乃

プロフィールを全て表示

人生においては、人だったり、物だったり、とても大きな出会いが時折発生することがあるように思います。

自分自身の体験で言うと、大学で文学を専攻していた頃、まさか自分がソフトウェアを開発することになるとは、夢にも考えていませんでしたし、それに伴う特許を取ったり、論文を書いたりすることになるとも、露ほども考えていませんでした。そして、その後ブログを書くことになり、そのブログを書くことで、後々深く影響を受ける本に巡り合うとも考えていませんでした。

そして、人生はその時その時、下した選択が連鎖していき、次に新たな展開へとステージが移り、そこで体験していく全てが積み重なって次につながっていくものだと、私も最近やっと何となくですが、分かり始めたところです。

今更な話ではありますが、「偶然」選んだ人や物が、後々大きな影響をもたらしてくるケースがあると思います。そういうのを「運命」と呼んでも良いのではないか、と、普段運命という言葉をあまり使っていない私でも考える時があります。ここでこのサイトを選んでいただいた方も、一つの選択をしてくださったのだと思います。その選択の結果発生した出会いに、心より感謝申し上げます。

天明4年(1784年)。十返舎一九や、滝沢馬琴、喜多川歌麿、葛飾北斎、杉田玄白、伊能忠敬が活躍していた時代に、豆腐百珍という、100種類の豆腐料理の作り方が記載された本が出版されました。これは現在、八坂書房から「料理百珍集」として発行されていますが、実はこの本との出会いが、私をここでの読者の皆様との出会いへと導いたと言っても過言ではないのです。

5年前、私はあるプロバイダーの所で「お一人様御用達 メタボ脱出の道」という、ダイエットブログを掲載していました。当時、更新頻度はかなり高めだったので、もしかしたら、ここをお読みくださっている方々の中にも、私のブログをご存じの方はいらっしゃるかもしれません。そこで、豆腐料理について書こうとしている時、あちこちのサイトを調べていた所、度々出典元の名前に「豆腐百珍」という言葉が目に付くので、どんな本だろうと思って興味が湧き、書店で偶然それを見つけて入手したのです。…そして、それが全ての始まりでした。

要するにそれは、現代のクックパッドやオレンジページのような、料理本だったのですけれども、調味料の割合が一切書かれていない上に、調味は好み次第、などと書かれているのですが、確かに100通りの豆腐の料理方法が記載されている、江戸時代の料理本でした。

そこには、豆腐百珍の他に、豆腐百珍続編、豆腐百珍余禄も含めて、300品ほどのレシピがずらりと並んでいるだけでなく、卵百珍、ハモ百珍、こんにゃく百珍、鯛百珍、甘藷(さつまいも)百珍、柚子百珍など、9種類もの百珍料理集が並んでいたのです。

その本には、近世の言葉が現代仮名使いでそのまま記載されていましたが、当時の料理方法があまりにも面白くて、ブログにはそれを拙いながら現代語に訳して掲載していました。当時の調理器具で水嚢という物が出てきたり、分量の測り方が寸とか尺で記載されていたので、現代のcm法ではそれがどのくらいになるのかも説明を加えて掲載しました。

その面白さが高じて、今度は自分で別な食材を使った様々なダイエット百珍料理集を自分でレシピを考案して、次々掲載を始めました。今、それが合計で1500種類ほど、自分の考案したレシピとして手元に残っています。

今回、こちらでそのブログを再開させませんかというありがたいお話をいただき、こちらにブログを書かせていただくことになりました。メタボ脱出向けの話が中心だと思っておりますが、ご飯は人の心を温かくする健康の素であり、基本だと思います。235年ほど前の料理集から触発されて、現代の子孫達がどんなものを作って食べているかの軌跡を作っていくことは、私自身の人生の足跡にもなるかなと思っています。楽しんでお読みいただけると嬉しいです。

令和元年 5月
竹内 一乃

竹内 一乃の新着記事

  • レシピ:丼料理

    第113回:骨を作る野菜

    第113回:骨をつくる野菜代謝をあげるためには、筋肉を作らないといけなくて、筋肉を作るためにはタンパク質を摂らないといけなくて、と続くと、当然作った筋肉をしっかり動かすための骨の話になりますね。(こじつけっぽいかな。(笑))というわけで、骨を作ってくれる野菜さん達について、本日は...

    2019年9月19日

  • レシピ:丼料理

    第112回:タンパク質の摂れる野菜

    第112回:タンパク質の摂れる野菜甘藷百珍を、何とかかんとか、終えることが出来たところで。柚子百珍と、蒟蒻百珍と、甘藷百珍の、3つの百珍がある中で、何でサツマイモだったのか?と言いますと。さつまいもはたんぱく質の摂れる野菜なので、あらゆる料理編で、何度となくツブログしております、...

    2019年9月18日

  • レシピ:丼料理

    第111回:甘藷百珍その(5)

    第111回:甘藷百珍その(5)ふう。甘藷百珍もようやっと、大詰めとなりました。123品はしんどかったよ。…(笑)でも、最後は「絶品」のランクですから、頑張って最終品までやり遂げたいと思います。101)黎明(あけぼの)イモ…66のいもの精(じん)を88の...

    2019年9月17日

  • レシピ:丼料理

    第110回:甘藷百珍その(4)

    第110回:甘藷百珍その(4)さてさて。甘藷百珍がまだまだ続いておりますが。これを読み進めるにつれ、私はこの123レシピを考案した人物は、きっと、豆腐百珍のレシピの考案者と同一人物だろう、という気が強くしてくるようになってまいりました。(笑)というのも、飛龍頭イモとか、ズズヘイイ...

    2019年9月16日

  • レシピ:丼料理

    第109回:甘藷百珍その(3)

    第109回:甘藷百珍その(3)さて。63品もあった奇品が、ようやっと今回で終息を迎え、尋常品の方に移れそうな感じでございますが。いや、なんかね。豆腐百珍の方でも、すごく不思議だったのですが、どうして、奇品より、尋常品の方が上位のランクになるのか、やっぱり今回も謎です。(笑)だって...

    2019年9月15日

  • レシピ:丼料理

    第108回:甘藷百珍その(2)

    第108回:甘藷百珍その(2)さて。今回もサツマイモ百珍第二弾で頑張ります。まだ奇品が続きますが、何しろ63品あるので、今日はその第二弾ということで、続きをのぞいてみましょうか。26)鶏肉賽(とりもどき)イモ…生で擦りおろし、蜀黍の粉を少し混ぜ、竹の皮に5~6分(1...

    2019年9月14日

  • レシピ:丼料理

    第107回:甘藷百珍その(1)

    第107回:甘藷百珍その(1)野菜の話を延々、32回にもわたって続けようとしておりますが。これまで豆腐百珍、卵百珍と続きましたので、今回も。…つまり、野菜の中にはサツマイモが登場してまいりますので…野菜版百珍もありますよってことで。百珍シリーズの甘藷百...

    2019年9月13日

  • レシピ:丼料理

    第106回:メタボとビタミン

    第106回:メタボとビタミンさて、今日から丼料理編に入りたいと思います。世界保健機構(WHO)によりますと、2008年の世界中の過体重(BMI25以上)の人口は、なんと、14億人いるそうです。肥満(BMI30以上)の人は、5億人にのぼるそうです。過体重の人口の割合が60%を超える...

    2019年9月12日

  • レシピ:野菜料理

    第105回:広島(安芸)の伝統野菜

    第105回:広島(安芸)の伝統野菜広島と言えば、牡蠣も有名ですけど、やっぱり広島風お好み焼きかなと。気の合う人達とモダン焼きを食べながら、楽しく会話して過ごすのが一番かと。(笑)や、もちろん、これを書きながら食べているわけではありませんよ。すみません、広島風お好み焼きは、私の大好...

    2019年9月11日

  • レシピ:野菜料理

    第104回:伊勢の野菜

    第104回:伊勢の伝統野菜卵百珍で、伊勢の方が編纂に携わっておられたからには、やっぱり伝統野菜も伊勢の物は抑えておきませんとね。(笑)というわけで、日本人なら皆、一度は詣でる伊勢の伝統野菜についてツブログさせていただこうかと思います。こちらの選定基準は5項目。なかなか厳しい基準で...

    2019年9月10日

  • レシピ:野菜料理

    第103回:埼玉の伝統野菜

    第103回:埼玉の伝統野菜埼玉と言えば、大ヒットしたコメディ映画「翔んで埼玉」が真っ先に思い浮かぶのですけれども。海がない県ですけれど、割と野菜が新鮮でおいしい土地柄なのは、岡山と共通しているところがあるようです。とはいえ、伝統野菜については、認証規定がはっきりしないようですね。...

    2019年9月9日

  • レシピ:野菜料理

    第102回:山形の伝統野菜

    第102回:山形の伝統野菜山形はスゴイです。もう、伝統野菜、特産野菜の宝庫です。伝統野菜の種類だけで、70種類を超えてるの。特産野菜とあわせると、150種類にものぼってしまうそうです。信州は、伝統野菜そのものが100種類ほどありましたんで、それもものすごく驚きましたけど。ここ、そ...

    2019年9月8日

  • レシピ:野菜料理

    第101回:飛騨・美濃の野菜

    第101回:飛騨・美濃の野菜飛騨と言えば、世界遺産白川郷。あの合掌作りは、独特の直線美があると思いますけど、あれは日本固有の建築美の1つだと思うのですよね。その独特の建築美が世界の宝と認定されているのですから、すごい話ですよね。ああいう日本に本当に古くからある建築美が、世界の宝と...

    2019年9月7日

  • レシピ:野菜料理

    第100回:四国・肥後の野菜

    第100回:四国・肥後の野菜伝統野菜について調べてみますと、地域によって、県庁が扱っていたり、伝統野菜の保存団体みたいな感じのところが扱っていたり、いろいろな状態なのですけど。四国はそういうのをまとめて扱っている所がどうも見当たらないのですよね。でもって、伝統野菜そのものも、県単...

    2019年9月6日

  • レシピ:野菜料理

    第99回:長崎の野菜

    第99回:長崎の野菜長崎、神戸、横浜は、3都市とも、古くからの港街なだけあって、異国情緒が溢れて、建物も、お店などに置かれている品々も、すごくオシャレな街だなと個人的に思っておりまして。しかも、3都市とも全部食べ物がおいしいの。(笑)困るよ。長崎も、神戸も、横浜も、3都市とも中華...

    2019年9月5日

  • レシピ:野菜料理

    第98回:信州、会津、奈良(大和)の伝統野菜

    第98回:信州、会津、奈良の伝統野菜(大和野菜)さて。本日のテーマは、長野の伝統野菜なのですが。出ました、現在日本最高の長寿県、長野県のご登場です。ここも、伝統野菜の種類が相当すごくって、なんと、現在69種類の伝統野菜が認定されているそうです。この伝統野菜として認定されるには、3...

    2019年9月4日

  • レシピ:野菜料理

    第97回:なにわ(大阪)野菜

    第97回:大阪の野菜(なにわ野菜)さて。本日は大阪の伝統野菜ということなのですけれども。京野菜があまりにも伝統野菜として有名すぎるせいか、(笑)大阪にも伝統野菜があるのですけど、何となく影が薄いんですよね。いや、もしかしたら、京野菜のせいだけじゃなくて、大阪の食事が関東で、タコ焼...

    2019年9月3日

  • レシピ:野菜料理

    第96回:福井・富山の野菜

    第96回:福井・富山の野菜野菜のお話を32回続けますので、気長におつきあいください、と最初にお話はしておりましたが。早くももう、7回目になりました。とは言え、正直なところ、これでも足りない気がしております。何しろ、野菜って本当に注目したいテーマが山ほどあるんですよねぇ。メタボ脱出...

    2019年9月2日

  • レシピ:野菜料理

    第95回:越後(新潟)の伝統野菜

    第95回:越後(新潟)の伝統野菜実は、私は個人的に、新潟の伝統野菜については、大変興味を持っておりまして。と言うのも、日本屈指の豪雪地帯で、かつ、米どころ、酒どころとして有名な土地であると同時に、独特の郷土料理がたくさんあるところで有名ですから、すごい所だなと思っておりまして。前...

    2019年9月1日

  • レシピ:野菜料理

    第94回:沖縄野菜

    第94回:沖縄野菜さて。ブランド野菜から、再び伝統野菜の方に戻りますと。本日は、沖縄野菜についてなんですが。いや~…これもね、どうしてもツブログしたかった伝統野菜さん達なんです。本州ではまず見られない野菜が入っていますから、本当に沖縄独特の特徴がある野菜さん達ですし...

    2019年8月31日