ノートルダム清心女子大学文学部卒業。(株)三城入社後、特許公開2003-248202
特許公開平7-168875
特許公開平7-121581を取得。
1994年第10回NICOGRAPH論文コンテスト入選
論文タイトル「AIを活用した眼鏡用高品位CGデザイン・アドバイス・システム」後(株)タムロン勤務。その後ブログライターとして活動中。竹内 一乃

プロフィールを全て表示

人生においては、人だったり、物だったり、とても大きな出会いが時折発生することがあるように思います。

自分自身の体験で言うと、大学で文学を専攻していた頃、まさか自分がソフトウェアを開発することになるとは、夢にも考えていませんでしたし、それに伴う特許を取ったり、論文を書いたりすることになるとも、露ほども考えていませんでした。そして、その後ブログを書くことになり、そのブログを書くことで、後々深く影響を受ける本に巡り合うとも考えていませんでした。

そして、人生はその時その時、下した選択が連鎖していき、次に新たな展開へとステージが移り、そこで体験していく全てが積み重なって次につながっていくものだと、私も最近やっと何となくですが、分かり始めたところです。

今更な話ではありますが、「偶然」選んだ人や物が、後々大きな影響をもたらしてくるケースがあると思います。そういうのを「運命」と呼んでも良いのではないか、と、普段運命という言葉をあまり使っていない私でも考える時があります。ここでこのサイトを選んでいただいた方も、一つの選択をしてくださったのだと思います。その選択の結果発生した出会いに、心より感謝申し上げます。

天明4年(1784年)。十返舎一九や、滝沢馬琴、喜多川歌麿、葛飾北斎、杉田玄白、伊能忠敬が活躍していた時代に、豆腐百珍という、100種類の豆腐料理の作り方が記載された本が出版されました。これは現在、八坂書房から「料理百珍集」として発行されていますが、実はこの本との出会いが、私をここでの読者の皆様との出会いへと導いたと言っても過言ではないのです。

5年前、私はあるプロバイダーの所で「お一人様御用達 メタボ脱出の道」という、ダイエットブログを掲載していました。当時、更新頻度はかなり高めだったので、もしかしたら、ここをお読みくださっている方々の中にも、私のブログをご存じの方はいらっしゃるかもしれません。そこで、豆腐料理について書こうとしている時、あちこちのサイトを調べていた所、度々出典元の名前に「豆腐百珍」という言葉が目に付くので、どんな本だろうと思って興味が湧き、書店で偶然それを見つけて入手したのです。…そして、それが全ての始まりでした。

要するにそれは、現代のクックパッドやオレンジページのような、料理本だったのですけれども、調味料の割合が一切書かれていない上に、調味は好み次第、などと書かれているのですが、確かに100通りの豆腐の料理方法が記載されている、江戸時代の料理本でした。

そこには、豆腐百珍の他に、豆腐百珍続編、豆腐百珍余禄も含めて、300品ほどのレシピがずらりと並んでいるだけでなく、卵百珍、ハモ百珍、こんにゃく百珍、鯛百珍、甘藷(さつまいも)百珍、柚子百珍など、9種類もの百珍料理集が並んでいたのです。

その本には、近世の言葉が現代仮名使いでそのまま記載されていましたが、当時の料理方法があまりにも面白くて、ブログにはそれを拙いながら現代語に訳して掲載していました。当時の調理器具で水嚢という物が出てきたり、分量の測り方が寸とか尺で記載されていたので、現代のcm法ではそれがどのくらいになるのかも説明を加えて掲載しました。

その面白さが高じて、今度は自分で別な食材を使った様々なダイエット百珍料理集を自分でレシピを考案して、次々掲載を始めました。今、それが合計で1500種類ほど、自分の考案したレシピとして手元に残っています。

今回、こちらでそのブログを再開させませんかというありがたいお話をいただき、こちらにブログを書かせていただくことになりました。メタボ脱出向けの話が中心だと思っておりますが、ご飯は人の心を温かくする健康の素であり、基本だと思います。235年ほど前の料理集から触発されて、現代の子孫達がどんなものを作って食べているかの軌跡を作っていくことは、私自身の人生の足跡にもなるかなと思っています。楽しんでお読みいただけると嬉しいです。

令和元年 5月
竹内 一乃

竹内 一乃の新着記事

  • 江戸の食と暮らし

    第267回:東海道53次今昔(2)

    第267回:東海道53次今昔(2)さて、本日の東海道53次宿場町は、6番目から10番目までの宿場町についてのぞいてみたいと思います。6.藤沢宿藤沢宿は、現在の神奈川県藤沢市にあった宿場町ですが、こちらの当時の名物は、ひしこなます、あんこう、弁慶餅、鮎、さざえ、あわび、江ノ島煮、あ...

    2020年2月20日

  • 江戸の食と暮らし

    第266回:東海道53次今昔(1)

    第266回:東海道53次今昔(1)さて。江戸小話も10回を数えましたので、今回は同じ江戸の話でも、旅行にトピックを絞り込んでみたいと思います。東海道53次と言えば、十返舎一九が「東海道中膝栗毛」に弥次喜多道中として、面白おかしく書き残している、江戸時代に整備された5街道の1つであ...

    2020年2月19日

  • 江戸の食と暮らし

    第265回:江戸小話(10)

    第265回:江戸小話(10)さて。本日は行楽の楽しみの続編として、当時の外食について書いてみたいと思います。東京の旧称でもある江戸は、当時世界屈指の大人口を抱える100万都市だったようです。1657年の明暦の大火と呼ばれる大火事があった後、建築ラッシュの影響のためか、男性の人口が...

    2020年2月18日

  • 江戸の食と暮らし

    第264回:江戸小話(9)

    第264回:江戸小話(9)本日は、江戸時代のモードについて、少し見てみたいと思います。江戸時代のファッションリーダーは歌舞伎役者だったようで、市川團十郎や、松本幸四郎、尾上菊五郎など、現代まで襲名され続けている当時の看板役者の衣装には、ユニークな柄の物が今でも残っています。江戸時...

    2020年2月17日

  • 江戸の食と暮らし

    第263回:江戸小話(8)

    第263回:江戸小話(8)さて。本日は江戸時代の娯楽について、少しツブログしてみたいと思います。江戸時代の頃はテレビも映画もゲームもありませんでしたから、遊びが何もなくて退屈だっただろうと思われるかもしれませんが、意外とそうでもないようです。祭の縁日はもちろん、人生ゲームの原点と...

    2020年2月16日

  • 江戸の食と暮らし

    第262回:江戸小話(7)

    第262回:江戸小話(7)さて、前回、江戸時代の道具や台所について少しご紹介いたしましたので、本日は、江戸時代のお風呂、トイレ事情などについて、ツブログしてみたいと思います。江戸時代、お湯とお風呂は別物でした。お湯というのは、蒸し風呂、つまり現代のサウナ風呂のことで、風呂というの...

    2020年2月15日

  • 江戸の食と暮らし

    第261回:江戸小話(6)

    第261回:江戸小話(6)実は私は、個人的に遺跡というほどでもなくても、古民家や文化財になっている家や偉人の生家や古城を見学するのが結構好きなのです。特に、台所や当時の人が使っていた部屋に品物がそのまま残っているところを見るのがとても好きでして。旅行に出かけると、最寄りの偉人の生...

    2020年2月14日

  • 江戸の食と暮らし

    第260回:江戸小話(5)

    第260回:江戸小話(5)さて。前回、養生という江戸時代の健康に対する考え方について、少し触れてみましたが、本日は、養生食について、ツブログしてみたいと思います。前回、養生の根底に流れているのは、陰陽五行に基づく医食同源という考え方と、明朝の頃に書かれた本草綱目だということを書い...

    2020年2月13日

  • 江戸の食と暮らし

    第259回:江戸小話(4)

    第259回:江戸小話(4)本日は、江戸時代の健康に対する考え方について、触れてみたいと思います。江戸時代は、「生活に気をつかい、健康増進に努めること」を「養生」と言っていたようで、徳川家康が征夷大将軍になった後、箱根に湯治に出かけたのをきっかけに、他の諸大名も真似をするようになっ...

    2020年2月12日

  • 江戸の食と暮らし

    第258回:江戸小話(3)

    第258回:江戸小話(3)本日は、江戸の食生活を1日の流れを追いながら、見ていきたいと思います。まず、江戸の起床時間を知るのは、意外と難しいようです。当時の時間の数え方は、不定時法と言いまして、非常に不思議な時間の数え方をしています。これは、太陽の動きにあわせて、1日を昼と夜に分...

    2020年2月11日

  • 江戸の食と暮らし

    第257回:江戸小話(2)

    第257回:江戸小話(2)さてさて。本日は江戸時代の人気のおかずや、番付のおかずについて、いろいろと取り上げてみたいと思います。写真の番付けは、おかず番付と呼ばれる、人気のおかずランキングです。見てみると、その内容がとても趣向を凝らした物になっています。まず、東と西の分け方を、精...

    2020年2月10日

  • 江戸の食と暮らし

    第256回:江戸小話(1)

    第256回:江戸小話(1)さて。豆腐百珍や、鯛百珍など、江戸時代の食べ物をずいぶん取り扱ってまいりましたので、ちょっと話を膨らませて、本日は江戸時代の食生活について、少しのぞいてみたいと思います。江戸時代初期では、まだ、1日2食が普通だったようですが、中期に入ると1日3食が定着し...

    2020年2月9日

  • インターバル

    第255回:スーパーフード(2)

    第255回:スーパーフード(2)さて。それでは、特選スーパーフードの後半です。どんなのが並んでおりますことやら。(6)黒ごまこちらは、使用されている起源が大変に古い物だそうで、エジプトのピラミッドからも見つかっているそうです。また、中国最古の薬物書「神農本草経」には、ごまが不老長...

    2020年2月8日

  • インターバル

    第254回:スーパーフード(1)

    第254回:スーパーフード(1)さて。豆腐百珍がらみのお話も完了いたしましたので、今回はスーパーフードのお話など、お送りしてみたいと思います。皆様、ご存じの通り、スーパーフードというのは、アサイー、ココナツオイル、チアシード、ケールなど、体にいい食べ物、健康を保つ成分の多く含まれ...

    2020年2月7日

  • インターバル

    第253回:豆腐百珍餘録(4)

    253回:豆腐百珍餘録(4)さて、豆腐百珍餘録の続きでございます。どんなのが並んでおりますことやら。31)茶碗蒸し…芥子をよく擦った後に、豆腐に入れ、同じように摺り、煎り酒に醤油を加減したつゆでのばし、茶碗へ盛った品(茶碗蒸しの具のことを言っていると思われます)の上...

    2020年2月6日

  • インターバル

    第252回:豆腐百珍餘録(3)

    さてさて。早くも立春が過ぎましたが、本日も百珍餘録の続き、いってみたいと思います。今回はどんなのが並んでおりますことやら。…21)みぞれ豆腐…豆腐、水を取り除き、よく濾して、芥子を擦り入れて丸め、葛を衣にかけて油で揚げる。22)かるめ豆腐&hellip...

    2020年2月5日

  • インターバル

    第251回:豆腐百珍餘録(2)

    第251回:豆腐百珍餘録(2)さてさて。本日も、豆腐百珍餘録の続きでございます。今日は、どんなのが並んでいるでしょうかね。11)よせ豆腐(あるいはきせい豆腐と言う)…豆腐、よくよく水を切り、細切りにして、7年酒を五合入れ、蒸しつけて後に、醤油三合、砂糖少し入れ、また...

    2020年2月4日

  • インターバル

    第250回:豆腐百珍餘録(1)

    第250回:豆腐百珍餘録(1)さてさて。本日はいよいよ、豆腐百珍餘録でございます。すでに附録が出ていて、まだ余りがあるのか。…すごいですねぇ、ホント。(笑)それでは、豆腐百珍餘録、のぞいてみましょうかね。どんなのが並んでおりますことやら。菽腐好きの君子(である方が)...

    2020年2月3日

  • インターバル

    第249回:豆腐雑話(3)

    第249回:豆腐雑話(3)さて、本日もまた、豆腐雑話の続きでございます。○正徳年間(正徳は元号。1711年~1715年。宝永の後、享保の前。)京師(京都のこと)の詩人笠原玄蕃、名は龍鱗、号は雲渓という人、祇園二軒茶屋に狂詩あり。古く(ひさしく)世の人口に膾炙する。(世の人々の評判...

    2020年2月2日

  • インターバル

    第248回:豆腐雑話(2)

    第248回:豆腐雑話(2)さて、豆腐雑話(2)でございます。○豆腐と松茸とを同じく(一緒に)煮て、調理をよく楽しむのは、もろこし(中国)も同じである。元の程渠南(ていきょなん※1)という人の詩に、頭子光々脚似丁(あたまは光って、脚は丁の字に似ている)秖宜豆腐与波稜(豆腐をあわせて...

    2020年2月1日