ノートルダム清心女子大学文学部卒業。(株)三城入社後、特許公開2003-248202
特許公開平7-168875
特許公開平7-121581を取得。
1994年第10回NICOGRAPH論文コンテスト入選
論文タイトル「AIを活用した眼鏡用高品位CGデザイン・アドバイス・システム」後(株)タムロン勤務。その後ブログライターとして活動中。竹内 一乃

プロフィールを全て表示

人生においては、人だったり、物だったり、とても大きな出会いが時折発生することがあるように思います。

自分自身の体験で言うと、大学で文学を専攻していた頃、まさか自分がソフトウェアを開発することになるとは、夢にも考えていませんでしたし、それに伴う特許を取ったり、論文を書いたりすることになるとも、露ほども考えていませんでした。そして、その後ブログを書くことになり、そのブログを書くことで、後々深く影響を受ける本に巡り合うとも考えていませんでした。

そして、人生はその時その時、下した選択が連鎖していき、次に新たな展開へとステージが移り、そこで体験していく全てが積み重なって次につながっていくものだと、私も最近やっと何となくですが、分かり始めたところです。

今更な話ではありますが、「偶然」選んだ人や物が、後々大きな影響をもたらしてくるケースがあると思います。そういうのを「運命」と呼んでも良いのではないか、と、普段運命という言葉をあまり使っていない私でも考える時があります。ここでこのサイトを選んでいただいた方も、一つの選択をしてくださったのだと思います。その選択の結果発生した出会いに、心より感謝申し上げます。

天明4年(1784年)。十返舎一九や、滝沢馬琴、喜多川歌麿、葛飾北斎、杉田玄白、伊能忠敬が活躍していた時代に、豆腐百珍という、100種類の豆腐料理の作り方が記載された本が出版されました。これは現在、八坂書房から「料理百珍集」として発行されていますが、実はこの本との出会いが、私をここでの読者の皆様との出会いへと導いたと言っても過言ではないのです。

5年前、私はあるプロバイダーの所で「お一人様御用達 メタボ脱出の道」という、ダイエットブログを掲載していました。当時、更新頻度はかなり高めだったので、もしかしたら、ここをお読みくださっている方々の中にも、私のブログをご存じの方はいらっしゃるかもしれません。そこで、豆腐料理について書こうとしている時、あちこちのサイトを調べていた所、度々出典元の名前に「豆腐百珍」という言葉が目に付くので、どんな本だろうと思って興味が湧き、書店で偶然それを見つけて入手したのです。…そして、それが全ての始まりでした。

要するにそれは、現代のクックパッドやオレンジページのような、料理本だったのですけれども、調味料の割合が一切書かれていない上に、調味は好み次第、などと書かれているのですが、確かに100通りの豆腐の料理方法が記載されている、江戸時代の料理本でした。

そこには、豆腐百珍の他に、豆腐百珍続編、豆腐百珍余禄も含めて、300品ほどのレシピがずらりと並んでいるだけでなく、卵百珍、ハモ百珍、こんにゃく百珍、鯛百珍、甘藷(さつまいも)百珍、柚子百珍など、9種類もの百珍料理集が並んでいたのです。

その本には、近世の言葉が現代仮名使いでそのまま記載されていましたが、当時の料理方法があまりにも面白くて、ブログにはそれを拙いながら現代語に訳して掲載していました。当時の調理器具で水嚢という物が出てきたり、分量の測り方が寸とか尺で記載されていたので、現代のcm法ではそれがどのくらいになるのかも説明を加えて掲載しました。

その面白さが高じて、今度は自分で別な食材を使った様々なダイエット百珍料理集を自分でレシピを考案して、次々掲載を始めました。今、それが合計で1500種類ほど、自分の考案したレシピとして手元に残っています。

今回、こちらでそのブログを再開させませんかというありがたいお話をいただき、こちらにブログを書かせていただくことになりました。メタボ脱出向けの話が中心だと思っておりますが、ご飯は人の心を温かくする健康の素であり、基本だと思います。235年ほど前の料理集から触発されて、現代の子孫達がどんなものを作って食べているかの軌跡を作っていくことは、私自身の人生の足跡にもなるかなと思っています。楽しんでお読みいただけると嬉しいです。

令和元年 5月
竹内 一乃

竹内 一乃の新着記事

  • レシピ:スープ

    第25回:多分、春っぽい彩を楽しむスープ…かな。

    第25回:多分、春っぽい彩を楽しむスープ…かな。今年のGW中には、夕方にいきなり雹が降るなどして、春なのにあまり天候がよくない状態が続いていましたが、まさに、そういう時こそ、スープを食べて体を温めたいものです。(笑)本当なら、もう初夏が近づいているので、衣替えをさっ...

    2019年5月24日

  • レシピ:スープ

    第24回:本当は十五目汁ですけど。

    第24回:本当は十五目汁ですけど。本日は、五目汁についてのご紹介です。通常、五目汁と言えば、エビやイカが入った八宝菜風のあんかけのことで、それを中華そばにかけて食べたりするものだと思います。でも、すみません。実は、今回ご紹介するのは、五目汁という名の和風スープなのです。実は、五目...

    2019年5月23日

  • レシピ:スープ

    第23回:たまにはカプサイシンを摂らないと。

    第23回:たまにはカプサイシンを摂らないと。第7回のあたりで、生姜は意外と使い道が多いって、ツブログをしたと思いますが、その近辺で、二巨頭体制で、生姜と唐辛子が飛びぬけて薬味の中ではダイエッターの強力な味方になるって書いていたと思います。で、唐辛子系の辛さは、私には苦手なものには...

    2019年5月22日

  • レシピ:スープ

    第22回:薩摩だけに、さつまいもなんです。

    第22回:薩摩だけに、さつまいもなんです。具沢山の汁物として、真っ先に思い浮かんでくるのは、豚汁ではないでしょうか?で、その豚汁によく似たごった煮の汁物に、さつま汁というのがあります。さつま汁と言えば、鹿児島の郷土料理か、宇和島の郷土料理と言われる物のようですね。不思議なことに、...

    2019年5月21日

  • レシピ:スープ

    第21回:スープの中で絵を描いてみたかった。

    第21回:スープの中で絵を描いてみたかった。ダイエットにおいて、料理の見た目はかなり重要だと思います。カロリーを減らす⇒量を減らす⇒品数を減らす⇒食材の彩が乏しくなる⇒マズい食事になる⇒これを我慢しなければ痩せられない、というよう...

    2019年5月20日

  • レシピ:スープ

    第20回:八宝菜風?もどきなスープ

    第20回:八宝菜風?…というか、もどきなスープ5月も真っ盛りですが、4月、5月は新入生、新社会人、転職者などの歓送迎会が真っ盛りの時期ではないでしょうか?急性アルコール中毒になると危険ですから、お酒の一気飲みは避けましょうね。…それはさておき、今日は休...

    2019年5月19日

  • レシピ:スープ

    第19回:サラダ以外のアボカド料理が作ってみたかったから。

    第19回:サラダ以外のアボカド料理が作ってみたかったから。アボカドって、サラダやマグロとあわせて使われることが多いような気がしますが、それ以外の料理って、御店でもスーパーでもあまり見かけないような気がするんですよね。唐辛子系の料理が苦手な私が、メキシカンスープに挑戦しようと思った...

    2019年5月18日

  • レシピ:スープ

    第18回:カレーの本当の名前

    第18回:カレーの本当の名前日本の国民食と言われているほど、日本では大人気のカレーですが。これ、カレーのルーツをたどれば、当然、インドの伝統料理の1つだろうと思っていたのですが、ちょっと事情が違ったようです。インドでは、毎日カレーを食べると言われているので、その真偽はどうなのかと...

    2019年5月17日

  • レシピ:スープ

    第17回:ポタージュ一考

    第17回:ポタージュ一考スープにもいろいろあるようで、調べると結構奥が深いと感じさせられます。ポタージュペイザンって名前は、私がずいぶん昔から持っている料理本に載っていた名前なのですが、野菜がタップリ摂れるスープなので、ずっと昔からのお気に入りのレシピです。で、ペイザンって言うの...

    2019年5月16日

  • レシピ:スープ

    第16回:全部5月が旬のスープです。

    第16回:全部5月が旬のスープです。本日のスープは「さつき汁」なのですが。このさつき汁って、津軽の郷土料理なのだそうです。でも、調べてみると、さつき汁って、いろいろなバリエーションがあって、結構具沢山にしているレシピもあるようですし、そうかと思えば、津軽の郷土料理として認定されて...

    2019年5月15日

  • レシピ:スープ

    第15回:根性と気合で作るポトフ

    第15回:根性と気合で作るポトフ考えてみると、私がスープ作りにハマッた直接の原因というか、きっかけは、ポトフだったかもしれません。昔、知人を訪ねてパリに行った時、現地在住の知人がそこでよく食べるという店に案内してもらって、食べに入ったブラッセリー(ビストロの1つ格下の、カフェと食...

    2019年5月14日

  • レシピ:スープ

    第14回:洋風鶏ガラスープ

    第14回:洋風鶏ガラスープ鶏がらスープの素は、以前から私の大好きな調味料の1つだったんです。理由は、それ単独で汁物に使ってもとてもおいしいし、他のいろいろな調味料とも相性がすごく良いので、アレンジが多くなるし、スープに限らず、炒めものや煮物の隠し味、和え物のドレッシングの材料の1...

    2019年5月13日

  • レシピ:スープ

    第13回:炒めないミネストローネ

    第13回:炒めないミネストローネ代謝をあげるためには、身体を温めることが基本だということで、私は9月~3月くらいまでは、スープを週末に作り置きして、それを食べています。今の時期はちょうど、夏バージョンに切り替える頃なのですが、冬バージョンの30品目実施期間は、スープで15品目を摂...

    2019年5月12日

  • エピソード

    第12回:健康十訓とダイエット

    第12回:健康十訓とダイエット健康十訓という言葉があるのを、お聞きになったことはおありでしょうか。実はこれの底本というのが、清水義範 『福沢諭吉は謎だらけ。心訓小説』として小学館から出ているのだそうですが、全部並べてみると、以下の10箇条になるようです。一、少肉多菜(肉を少なく、...

    2019年5月11日

  • エピソード

    第11回:タンパク質と揚げ物

    第11回:タンパク質と揚げ物ダイエットを成功させるためには、たんぱく質がものすごく重要なんだってことは、筋トレジムでコーチに教わるまで、わかっていませんでした。コーチの話によると、実は、たんぱく質は全身に関係しているものだったのです。それまで私は、限りなくローカロリー食品、ベジタ...

    2019年5月10日

  • エピソード

    第10回:意外な代謝UPの品

    森永製菓では、なんと社員に対してチョコ食べ放題、ココア飲み放題なんだそうです。すごいな、会社の製品で福利厚生をはかるなんて。(笑)(笑)食品メーカーならではのワザですね。それはともかく、私のダイエットは、お菓子OKにしているというのは、前に書かせていただいていますが、中でもチョコ...

    2019年5月9日

  • エピソード

    第9回:香草もいろいろ。

    そもそも、香草について調べようと思ったのは、代謝を上げる香草ってないのかな、と思ったことがきっかけだったのですが。香草、と聞くとほぼ自動的に、イタリアンパセリやタイム、バジル、オレガノ、コリアンダー、ペパーミント、セージなどの西洋ハーブが思い浮かぶんじゃないかと思います。ところが...

    2019年5月8日

  • エピソード

    第8回:水分補給する時意識したこと

    第8回:水分を補給する時意識したこと。ダイエッターに、ジュースや高カロリーの飲み物が大敵なのは、みんなが知っているお話ですが、逆に、ダイエットをすると、お茶についていろいろ知ることのできる、いいきっかけになる気がします。なんたって、いくら飲料から余分なカロリーを摂取しないようにす...

    2019年5月7日

  • エピソード

    第7回:生姜の使い途は意外と多かったんです。

    第7回:生姜は意外と使い道が多いんです。何年か前に、マヨラー、ガーリッカー、ジンジャラーなんて言葉が流行って、何にでもそれらを使う人のことをそういう呼び方をしていたことがありました。ご存じの通り、それらは、単に味覚の好みであるだけでなく、そういう物を多く摂取することによって、身体...

    2019年5月6日

  • エピソード

    第6回:脂肪を燃焼する食材にもいろいろある。

    第6回:脂肪を燃やす食材にもいろいろある。筋トレジムに通い始めて、コーチから教わったことの1つは、水分をタップリ摂るということでした。脂肪を燃やすのに、水分が必要なのだそうです。それを聞いて以来、私は普段から水分をタップリ摂取するようにしています。1日2ℓは、普通に飲みますよ。で...

    2019年5月5日